(旧)宮森はやと公式ブログ

芸大も出ていない、絵の勉強経験もない雑草画家のブログ。

宮森はやと公式ブログ

Forever,Change

その人の死を尊重するということ。

f:id:dandy611:20180522112223j:plain

立て続けに2人の素晴らしいアーティストが若くして亡くなった。

一人は自殺、一人は無謀な事故?のようなモノだ。

 
彼らがどうして死に至ったのか。

生前、彼らが本当はどう考えていたのか。

それは本人にしか分からない。

 


本人以外の人間にできるのは「彼らの死をどう受け入れるか」に集中することだとぼくは思う。

 
ぼくは二人の死を尊重することにした。

一人はたとえ自殺でも、一人は理論的に無謀すぎた挑戦の末の死だったとしても、彼らが懸命に人生と闘っていたことには変わりはない。

闘った人を否定することをぼくはできない。

 
人間の中で望んで生まれてきた人など一人もいない。

人間は突然、生まれて「死ぬまで生きろ」と自然(地球)に強制されているのだ。

ほとんどの人がその人生を荒波立てないように平穏に生きようとする。

他人に迷惑をかけちゃいけない、恥をかきたくないと安定的に生きる。

 

そんな中、彼らはとても自己中に、多くの人々を巻き込んで、果敢に生きた。

そして、大きな感動を作った。

彼らは本当によく人生と闘ったのだ。

彼らの人生は、誰かの心を奮い立たせるとても面白い人生だった。 

 

「お疲れ様でした。」と、そんな彼らだからこそぼくは心からお伝えしたいのです。

 
心よりご冥福をお祈り致します。

 

他ならぬぼく自身も死を尊重されるような人間で在りたいものだ。

「よく生きた」と死んだ後に言われる生き方をしたいものだ。