(旧)宮森はやと公式ブログ

芸大も出ていない、絵の勉強経験もない雑草画家のブログ。

宮森はやと公式ブログ

Forever,Change

駆け出しのアーティストやクリエイターは下手でもいいから作品を発信しないと損ですよ。

f:id:dandy611:20180422114913j:plain

 

こんにちは、画家のみやもです。

 

ぼくは画家になってまだ半年の駆け出しです。

ですから、まだまだどうやって画家として生きていけるかは全然分かりません。笑

いつも試行錯誤です。

 

しかし、そんな中で一つだけ「これは必須じゃない?」というコトがあります。

それはアーティストやクリエイターであれば確実に自分の作品を作っていると思うのですが、その作品を発信するということです。

ぼくはツイッターをメインにブログやフェイスブック、インスタグラムと主要のSNSで作品を作ったら発信しています。 

 

こうやってSNSで発信し続けると、自分の活動に対する応援者というのが現れるんです。

 

 

ぼくはまだまだ作品がポンポン売れるようなアーティストではありません。

しかし、ぼくのアート活動を応援してくださる「年間サポーターを募る」というクラウドファンディングでは50万円以上の資金を提供いただきサクセスしましたし、プロブロガーのイケダハヤトさんに法人サポーターにもなっていただけました。

関連記事:【マネーの虎】イケダハヤト氏に法人サポーターになって頂き、60万円の資金を調達しました!

 

このような応援をいただけた大きな要因の一つに「自分の作品を発信し続けたから」というのは確実に在ると思います。

それでぼくは卑怯者なのでこそこそと色んなアーティストやクリエイターの活動を見させていただいていますが、多くのアーティストが自分の作品を頻繁に発信してないと感じます。

それって本当に損だと思うんですよね。

 

たしかに、はじめたばかりであれば反応はそんなに貰えないと思うのですが、時間をかけて地道に発信していけばある程度の反応って得られると思うんですよ。

昔、「どんなおかしい趣味でも、世の中には50人は共感者がいる」というコトを友人から教えてもらったんですが、これってかなり的を射ていると感じるんですね。

 

実際、ぼくの作品だって観ればわかる通り、決してうまいわけじゃないんですよ。

人によっては「子供みたいな絵だ!」とか「単なる絵の具の無駄遣いだ!」と批判されます。

しかし、そんな批判もある中で、ぼくが信条にしているのは「出来た作品は下手でもいいから発信すること」です。

いいんですよ、あんまりいいね!されなくともリツイートもされなくとも。

だって、自分が創りたい作品を作り上げたのだから。

結果ばかりにこだわりすぎて萎縮するのではなく、たとえ反応が少なくとも次の作品に目を向けたらいいんです。

そうやって行動を積み重ね続けることが最も重要だし、その熱量に人は応援したいという気持ちを抱くと思うのです。

 

「作品は作るだけでなく、発信してなんぼ」ですよ。 

そうでないと自分の活動を応援してくださる人なんて一向に現れないし、アーティスト業で生きて行くことはできません。

 

駆け出しのアーティストやクリエイターは下手でもいいから自分の作品を発信していきましょう。

ぼくはアーティストとして生きていきたいので、これからも発信し続けますよ。

 

それでは今日はこのへんで。

 

わっしょい!