宮森はやと公式ブログ

芸大も出ていない、絵の勉強経験もない雑草画家のブログ。

宮森はやと公式ブログ

Forever,Change

宮森はやとの画家活動を応援できる有料ファンレターを始めました!

f:id:dandy611:20180111173231j:plain

こんにちは、画家のみやもです。

 

今日は、新しい試みをしようと思い、それを発表します!

ちょっと勇気がいることです。

 

宮森はやとの画家活動を応援できる有料ファンレターを始めました!

そう、タイトルの通り、みやもの画家活動をファンレターで応援できる有料ファンレターを作りました。

BUNTA

 

どうしてこんなサービスを考えたのか?

それは昨日「ラブレター」っというサービスを試しにやってみたのがキッカケです。

好きなあの人に、匿名で気持ちを伝える。ラブレター。

 

ラブレターというのは、自分が応援してる人へ気軽に「好きの気持ち」を伝えられるサービスなんです。

これを試しにやってみた所、こんなぼくにも素敵なラブレターが届いたんですよ。

 

ぼくが何をしようと応援してる!なんて言ってくれて嬉しすぎる。泣

f:id:dandy611:20180111194050j:plain

 

「あたたかい」なんて今まで言われたこと無い!ありがとうございます!

f:id:dandy611:20180111194032j:plain

 

なんと!以前ぼくが人生相談に乗った方までラブレターを送ってきてくれたんです。

元気に自分の進みたい道に歩めてて本当に良かった!

f:id:dandy611:20180111194205j:plain

 

このようなラブレターが届いた事実が、文字量に関係なくぼくは嬉しかったんです。

ラブレターって人に自分の気持ちを率直に伝えられるとても素敵なサービスだと思いました。

 

しかし、その反面、冷静になって考えてみたんです。

「ぼくは上記のようなみなさんのようにラブレターを送られるだろうか?」と。

その答えはNOでした。

 

どうして匿名なのに、相手に自分と分からないのにラブレターを送られないのか?と考えてみたんです。

それはとてもシンプルな理由でした。

何かとういうと、

 

「相手にラブレターを送るのが恐い」

 

ということなんです。

 

ファンレターで相手に「重い」と思われそうで恐い

ここからはラブレターではなく、今回のブログの本題である「ファンレター」と言い換えさせてください。

 

ぼくは今までにファンレターを送った経験がごく僅かですがあります。

すごく大好きな人に贈ったんですが、それはかなりの長文になりました。

手紙で「長文なんて重い!」っと思われる人もいると思います。

しかし、自分の正直な気持ちをぼくは伝えたいタチなので長文になることはもはや仕方のないことなんですよね。

 

ぼくのファンレターがどれくらいの量になるのか?というと。

例えば、今のぼくは女優の広瀬すずさんがとても好きです。

もし、彼女にファンレターを送るとしたら映画「チアダン」、「先生!」、「ちはやふる-上の句-」、「ちはやふる-下の句-」、「四月は君の嘘」の彼女の演技に対する感想を全部キッチリ言語化して「いかに広瀬さんの演技が素晴らしいか?」を細かく証明するような文章にするとおもいます。

また、広瀬さんの出てるバラエティー番組もほぼ全部観てるので、そちらについての感想も添え、日頃、勇気をいただいている感謝も伝えることでしょう。

そうなれば、恐ろしい文章量になるのは明白です。

 

そんなファンレターが届いたら、広瀬さん自身がドン引く可能性はぬぐえません。

そんな恐い想いをぼくはしたくないのです。

 

「ファンレターはもっと気軽に贈ればいいんだよ」と言いたい人もいると思いますが、ぼくにはそれができないのです。

だって、好きだから。

好きな人にはちゃんと自分の気持ちを伝えたいし、相手に適切に伝わってほしいじゃないですか。

 

本当のファンはその人に貢献したいと思う。お金をセットにすることで信用してもらいたい

ぼくは広瀬すずさんのファンです。

っで、ファン心理として本当のファンは、その人に貢献し、活動を応援したいという気持ちが働いていると思うんですよね。

広瀬さんの場合だと現状は彼女の出てる映画を見たり、グッズを買ったりしての応援です。

ですが、映画やグッズを買っても活動の貢献はできるけれど、自分の気持ちを彼女に伝える手段にはなりません。

 

そこで最初の話に戻りますが、自分の気持ちを伝えることと彼女の活動を応援するのを同時にできる「有料ファンレター」を作ればいいと思ったんですね。

言葉だけだと単に重いだけですが、それにお金が加わることで活動資金になるので、単純にありがたいし、喜んでもらえるだろうと。

そんな相手に貢献できる有料のファンレターがあれば、重い文章をついつい書いてしまうぼくも誰かにファンレターを贈りたいと思いました。

 

そんなアイデアを思いついたので、ぼく自身も広瀬さんのように表現者として画家活動をしていますから「まずは自分で実験してみよう!」と有料ファンレターを始めようと思った次第です。

 

純粋な気持ちと資金提供が合わさることで本当の感動が生まれるのではないか?

前述したようにこの有料ファンレターはぼくの実験です。

 

今までぼくの画家活動を応援する!っと言ってくださった方がたくさんいらっしゃいました。それは本当にありがたいことです。

 

しかし、創作活動というのはやはり、お金がかかります。

絵の具にも、筆にも、絵を描くキャンバスや画用紙にも、個展を開くためにギャラリーを借りるのにも。

これは画家だけでなく、広瀬さんのような芸能人も含めてあらゆる表現者がそうです。

そんな表現者たちの活動を気持ちの込もったファンレターで応援できたら、そんな嬉しいことは無いと思いました。

もし、広瀬すずさんが有料ファンレターをやっていたらぼくは間違いなく、魂を込めて手紙を書き、今までの感謝のお金を入れると思います。

 

ですが、そのようなことを広瀬さんはやっていないですし、ぼくの好きなアーティストも誰もやっていません。

なので、自分自身が有料ファンレターを始めてみて、どのような結果になるのか試してみたいと思いました。

 

もちろん、ぼく自身、画家としてどうしても売れたいので少しでも活動を応援をいただけたらという気持ちも「物凄く」あります。

 

有料ファンレターは画家活動に全額使わせて頂きます!

f:id:dandy611:20180111211217j:plain

作品「自由のトリ」

頂いた有料ファンレターはぼくの画家活動費として責任を持って使わせていただきます。

今の所ですと絵の具代やキャンバス代に使われるのが主になるでしょう。

 

それでファンレターの価格なのですが。

 

ファンレターは200円〜!短文でも、長文でもどちらでも嬉しいです!

f:id:dandy611:20180111211319j:plain

作品「ゴリラの王様」

 ファンレターは3種類用意しまして、200円、500円、1000円でやってみることにしました。

正直、ファンレターをいただけたら金額の大小に関係なく嬉しいです。

文章とお金を通してあなたの気持ち伝わりますので。

 

また、文章の長さはたとえ一言でも全く結構です!

「画家としてがんばれ!」

「いつも炎上してお疲れ!」

「絵の具の色使いが素敵だよね!」

などなど、どんな短い文章でもめちゃくちゃ喜びます。

ぼくのように長文ももちろん、すごく嬉しいです。

とはいえ、ぼくは画家なので絵の感想とか好きな作品とかを書いてもらえたら尚更「ハイパー喜ぶ」のはたしかですね!

 

ちなに、ファンレターは今回無料でウェブショップを作れるBASE で作ってみたんですが、カートでファンレターを選んで、決済画面に進むと「備考欄」があるので、そこに手紙の文章を入力してください。

それをぼくがしっかりと読ませていただきます

f:id:dandy611:20180111213454p:plain

 

 

ファンレターどしどしお待ちしております!こんなぼくをどうか応援ください!

f:id:dandy611:20180111211401j:plain

作品「自由の花」

昨日たまたまラブレターをやってみて、「自分ならどうしたらファンレターを送るのか?」を深く考えて、まさか自分の画家活動につながるアイデアが浮かぶとは思ってもいませんでした。笑

 

ですが、有料ファンレターはぼくだけでなく、多くのクリエイターに喜ばれる仕組みなんじゃないかという仮説があるので、まずは自分でやってみます!

 

みなさんのファンレターどしどしお待ちしております!

どうかこんなぼくの画家活動を応援してくださいm(_ _)m

どうぞよろしくお願いします!

みやもへのファンレターはこちらから買って贈れます→BUNTA

 

しかし、本当に広瀬すずさん有料ファンレター始めてくれないかな。

みやもは引き続き、画家活動がんばります。

 

それでは今日はこのへんで。

 

わっしょい!