エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

画家開始11日!宮森はやとの絵が3度目の3万円で売れた件

スポンサードリンク

f:id:dandy611:20171011211432j:plain

 

こんにちは、芸大を出た経験もなく画家になったみやもです。

 

画家活動を開始して11日が経ちました。

活動直後からぼくの絵を購入してくださる方にも恵まれたのですが、なんと、、、今日また絵が売れました!!!!

 

これで絵を購入していただいたのは3度目、そして価格は今回も3万円。

本当に嬉しいです。

 

ぼくの絵は3万円の価値がある

ぼくの絵が初めて3万円で売れた時「宮森はやとを甘やかすな」というアンチの声を目にしました。

たしかに、他ならぬぼく自身もたった1度売れただけでは「3万円の価値は無い」と思います。

 

ですが、今回「3回連続で3万円で絵が売れたこと」で、その価値観は変貌を遂げました。

三人寄れば文殊の知恵、仏の顔も三度、早起きは三文の徳、三日三晩と古来から3という数字はとても意味のあるモノとして扱われています。

また、一度のホームランは誰もが打てる可能性がありますが、2回連続となると滅多にできません。

それが3回連続となれば余程の実力がなければ無理なことなのです。

 

というわけで、「ぼくの絵には3万円の価値がある」と自信を持っていいんじゃないかと今は感じています。

それもこれもぼくのことに目をかけてくれた購入者のみなさんのおかげです。

本当にありがとうございます。

 

今回の購入者はけん兄さんという方。作品テーマは狼です。

今回の絵の購入者は、けん兄さんさん(以下、けん兄さん)

 

ぼくの画家活動を初期から応援的な姿勢で見ててくれていたミニマリストの方です。

 

けん兄さんからは少し前に猫の絵のリクエストをいただいていたのです。

ぼくはけん兄さんから貴重なリクエストをいただいたので次の日には猫の絵を描き上げ、すぐにお見せしました。

f:id:dandy611:20171011212006j:plain

そして、これがキッカケで仕事依頼に至ったのです。

けん兄さんの依頼は「狼」の絵でした。

ぼくは依頼いただいた次の日に魂を込めて狼を描き上げすぐに納品しました。

 

その狼の作品がこちらです!

f:id:dandy611:20171011211138j:image 

いかがでしょうか?

ぼくはこの狼の目つきの鋭さがものすごくうまくいったと感じています。

ぼくは絵を描く際、最後に描くのは「目」と決めているのですが、描き上げた時に思わず「やったぁぁ!」と声を上げてしまったほどでした。

 

けん兄さんから「野生ならではの目力とその姿から感じられる威圧感を表現してほしい」と言われてたのですが、その感じは十分に出せてるんじゃないかと自負しています。

けん兄さんから「素晴らしい!」と賛辞をいただいた時は大変嬉しかったです。

 

自分は画家なんだと自覚してきた。これからも地道に絵を描いていきます。

これまで絵が3点売れたことで「自分は画家だ」と明確に自覚できてきました。

ですから、もうどこに行っても画家と名乗っています。

近所のセブンイレブンの親しい店員さんにも画家のことを明かして、最近起きた出来事も話してるんですけど、「今のうちに絵を買っておこうかな」とけっこう真剣な声で言ってもらえたりもしましたね。笑

 

購入してくださったみなさんの絵の価値がこれからグングン上がっていくように地道に活動していこうと思います。

ぼくはビッグな画家になります!!!

 

それでは今日はこのへんで。

 

わっしょい!