エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

画家になってまだ1週間!宮森はやとの絵がまた3万円で売れてしまった!

スポンサードリンク

f:id:dandy611:20171008193425j:plain

こんにちは、たった2ヶ月でラッパーを辞め、画家に鞍替えしたみやもです。

つい先日、芸大も出てなければ、絵を描いた経験もほとんど無いぼくの作品がまさかの3万円で売れてしまいました。

関連記事:【宮森はやと】ラッパーを2ヶ月で辞めて画家に鞍替えしたぼくの絵が3万円で売れた話

 

また絵が3万円で売れました!

アレは自分でも驚ろきを隠せない事件だった訳ですけど。

 

しかし、なんとですね、、、またぼくの絵が3万円で売れてしまったんですよ!!!!

いやー、もう嬉しいとしか言いようがありません。

 

ぼくの絵を買ってくださったのは、ずっと前からぼくのブログを読んで下さっているオガワさんです。

オガワさんはぼくに「馬を描いてください」とわざわざリクエストを下さったんですよね。

f:id:dandy611:20171008183739p:plain

 

それでオガワさんの気持ちに応えたいと思い、早速、次の日に馬の絵を描いてみたんです。

f:id:dandy611:20171008191511p:plain

そして、完成した作品をオガワさんにすぐお見せした所、とても気に入ってくださって、即購入に至ったのです。

f:id:dandy611:20171008184301p:plain

 

前購入者のぶんたさんと同様に3万円と評価してくださいまして、本当に光栄でした。

また、冷静に考えてみたら、絵が完成してから27分後に売れちゃったんですよね。笑

f:id:dandy611:20171008184458p:plain

このようなスピード感で作品が売れるのは芸術家として大変な喜びです。

ちなみにオガワさんが気に入ってくださった馬の絵は、こんな作品。

f:id:dandy611:20171008195637j:plain

馬の絵

いかがでしょうか?

ぼくにとっては髪の乱れ方に疾走感があって、目に生命力を感じるのですごく気に入った作品です。 

 

その人の人生や仕事の運が良くなるように願いを込めて絵を描いています

ぼくがどうして動物の絵ばかり描いているのかというと、現代のような科学やITが発展した社会では動物たちの持つ野生的な生命力が必要だと思っているからです。

ですから「ぼくの絵を見て、少しでもその人本来の生命力が湧いてくるといいな」と願いながら描いています。

そして、その人の人生や仕事の運が良くなると最高だなと。

そんな念を込めてますので、かなり良いエネルギーがぼくの絵にはあると思うんですよ。

 

いやー、しかし、本当にぼくの絵を買ってくださって嬉しい限りです。

 

画家になって1週間で作品が2つ売れました

昨日で画家になってちょうど1週間だったのですが、運がいいことに2つも作品が売れてしまいました。

「画家で食ってくのなんて無理だ!」、「絵なんてそうそう売れない!」とたくさんの声を頂きましたし、実際に絵が売れてない画家は数え切れないほどいると思うんです。

そんな現実がある中で、自分は画家として恵まれたスタートを切れていると自覚しつつ、創作活動を地道に続けていこうと思います。

 

また、嬉しいことにぼくの絵を好きという声もけっこういただくようになりました。

f:id:dandy611:20171008192030p:plain

芸術家にとって作品への賛辞は何よりの原動力になりますので、ちょっとでも「良い!」と感じた時はぜひ図々しく声をかけてください。

ぼくが泣いて喜びます。笑

 

最後にこぼれ話になりますが、つい最近スナックに行ったんですけど、そのスナックのママとお客さんがすごくぼくを気に入ってくださって「画家としてビッグになりそうだからサイン欲しい」と言われたんです。

それで人生初めてサインもしたんですよ。笑

f:id:dandy611:20171008200646j:plain

このサインにものすごい価値がつくといいなと。

 

というわけで、みなさんの応援を背に創作を頑張ります。

今回ぼくの絵を買ってくださったオガワさん本当にありがとうございました。

 

それでは今日はこのへんで。

 

わっしょい!