エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

どうしても嫌いな人ができてしまった時のぼくの対処法

スポンサードリンク

f:id:dandy611:20170717110716j:plain

こんにちは、みやもです。

 

みなさんにはどうしても嫌いな人がいますか?

ぼくにはいます。

今考えても「この人、本当に嫌いだな」っと思う人がすぐに3人頭に浮かびました。

 

人に対してリスペクトがない人が大嫌い

ぼくはよくブログで炎上するし、今までネットでたくさんの悪口や中傷的な発言もされてきました。

ただ、ぼくはその人たちのことを大嫌いと思いません。

なぜなら、彼らとは直接話したことも無いし、ぼくの人間性に直に触れているワケでも無いからです。

そのような人たちにヒドいことを言われても、腹が立ったりムカつきはすれど、「どうしても嫌い」というレベルになることはありません。

 

ぼくがどうしても嫌いレベルになる人は、ぼくと直接かなりの交流をし、体重を乗っけて付き合った上で「すごく舐めた態度」を取ってきた人たちです。

簡単に言うと「ぼくという人間を馬鹿にしてるな」と見透かせた人を大嫌いになります。人に対してのリスペクトが無いのです。

そんな許せない人間が3人はいるということです。

 

ぼくの対処法:大嫌いな人とはバッサリ縁を切る

そんな人たちに対して、ぼくがどう対処するかというとバッサリ縁を切ります。

今後、一切関わりを持たないように全力で仕組むのです。

 

具体的に言うと、あらゆるSNSのつながりを断って、その人の情報がタイムラインにも表示されないようにし、自分の世界から相手を消し去ります。

これによって相手の近況を知る機会も無くなるので、時間が経つとその人のことを思い出すことが極端に少なくなるんです。

 

これはぼくの持論ですが、大嫌いな人に対して憎しみを燃やすというのはとても優しい行為だと思います。

その人のことを忘れ切ってないし「いつか寄りを戻せるかもしれない」という可能性を与えているので。

 

ぼくの場合は、性格が悪いのでそんな余地を与えることができません。

一度大嫌いとおもってしまった人とは金輪際、関わりを持ちたく無いのです。

同じ空気を吸いたく無いのです。

大嫌いな人に対して何らかの形で復讐をしたいと考えてしまうこともあると思うんですけど、ぼくの場合は「大嫌いな人間のことを興味さえ無くし、その人のことを忘れることが最大の復讐」だと考えています。

 

厳しい言い方だと理解していますが、そちらの方が今後大きなトラブルを起こす可能性も失くなるので自分のためでも、相手のためでもあると思っています。

 ですから、どうしても大嫌いな人が現れてしまった場合、相手との縁を切り、相手のことを一切忘れるようにするんです。

  

人間関係は距離感である。大嫌いな人とは手の届かない圏外まで離れよう

ぼくは人間関係を距離感だと思っています。

好意のある人とは近距離や自分の手が届く範囲の距離感を保ち、大嫌いな人間は一切関わりを持てない圏外の距離まで離れる。

そうすることで生きやすい健全な人間関係が形成されていくようにぼくは考えています。

口を酸っぱくして言いますが、ぼくがこのような極端な対処を取るのはどうしても嫌いな人に対してなので、そこを勘違いしないようにお願いします。

 

「たとえ大嫌いだとしても、せっかく出会ったんだからどうにか折り合いをつけて、付き合っていきなよ」と考える人もいると思いますが、そういった人をぼくは大人だなと思います。

ぼくは馬鹿にしてる態度を取られたり、人に対してのリスペクトが無い人とは付き合いたいとやっぱり思えないし、強い嫌悪感を抱いてしまいます。

どうしても許せないのです。

 

どうしても嫌いな人間に対して、ぼくのように「バッサリと縁を切った方がいい!」と全員に言いたいわけではありません。これはあくまでぼくのやり方です。

みなさんはみなさんなりの対処の仕方を考えてみてください。

もし、ぼくのこの極端なやり方が少しはヒントとかになったとすれば、それはすごく幸いなことですね。

 

それでは今日はこのへんで。

 

わっしょい!