読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

乳がんと闘い続ける小林麻央さんに「まだ生きてたの?」とずっと言い続けたい。

オピニオン 時事ネタ
スポンサードリンク

こんにちは、宮森です。

 

私はブロガーなので、様々なブログを読んでいます。

その中の1つが現在、乳がんと闘い続けているフリーアナウンサー小林麻央さんのブログです。

f:id:dandy611:20170409124612p:plain

出典:小林麻央さんのオフィシャルブログより

 

みなさんもご存知のとおり、小林さんはがんの中でも最も重いと言われるステージ4の段階で闘病生活を送っています。

 

しかし、小林さんは、そんな重い現状であったとしても、

自分のために始めたブログでしたが、
今、ある気持ちが加わっています。
それは
癌 ステージ4  =  死に向かって弱っていく
というイメージがまだまだ強いならば
希望ある違うイメージも強くしたい
ということです。
 
そして、
もちろん弱っている日はありますが
そればかりではない 日常を
書いていくことで
 
え?  まだ生きてたの? 
 
と数年後にも言われたいです笑
 
と、語り、ずっとブログを綴り続けています。

 

何かと闘って必死に生きてる人の姿勢には無条件に勇気付けられる

小林さんのブログはブロガーという視点から見ると、日々感じたことや日常の出来事を綴った日記がメインで、正直言って情報量は少ないです。

文字数も決して多くありません。 

 

 しかし、なぜ私がそんな彼女のブログを読んでしまうのかというと、その少ない量の文章からでも小林さんが「がんという病と闘って必死に生きようとしている姿勢」が伝わってくるからです。

何かと闘って生きようとしている人のブログは文章力など関係なく、無条件に何かこみ上げてくるモノがあります。

 

私もいつ小林さんのようにがんといった重い病にかかるか分かりません。

小林さんのブログを読むと、自分が今こうやって病気なく生きれていることに感謝しようとおもえるんです。

最近、小林さんのブログ読者が200万人を突破したそうです。

その中には、私のように感じている人が多くいるのではないでしょうか。

 

小林さんのブログが更新されると「今日も更新されてよかった。小林さん生きてるんだ。」とおもえます。

そして、「当たり前のような日常に感謝して、自分が納得できるように生きよう。」と衿もとを正されるんです。

 

小林さんにはいつも勇気を頂いてます。

だからこそ、「小林さん、まだ生きていたの?」とずっと言い続けたい。

そして、できるなら、がんという病がどうにしかして治らないものかと願うばかりです。

 

小林さんががんに挑み続けているように、私も今、やるべきことに挑み続け悔いのないよう生きたいとおもいます。

 

小林麻央さんのブログぜひ読んでみてください。

小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」Powered by Ameba

 

 それでは今日は、ここまでです。

 

わっしょい!