読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

優しい人って「いい人」と勘違いされやすいんだ。

スポンサードリンク

f:id:dandy611:20170405155237j:plain

こんにちは、みやもです。

 

ぼくはよく「みやもさんは優しい人ですよね。」と言われることがあります。

ぼくはブログで正直に自分の想いや思想をさらけ出してるので、そう見えるのかもしれません。

 

そのお陰か、変な連絡が度々きます。

「ブログで副業したいっす!」と短文で、しかも敬語もなく連絡が来たり、「ブログ読んで感銘受けました、会いたいです。」と特に理由もなく会いたいメールが届いたり。

正直、こういった連絡には困っています。

 

いい人と優しい人を勘違いしている

おそらくブログを読んで、ぼくのことを「どんなことでも受け入れてくれる人」と勘違いしてるとおもうんですよね。

しかし、ぼくは、メールが一言だけであれば失礼な人だとおもうし、文章が敬語でなければイラッともします。

 

多分こういった連絡をくれる人たちは「いい人」と「優しい人」を勘違いしてるんですよ。

ぼくのことを、単に「いい人」っておもってる人が多い気がします。

ですが、ぼくは、どんなことでも許せる「いい人」ではありません。

 

たとえ友人であったとしても、おかしいことはちゃんとおかしいと指摘します。

知人が大変な状態だったとしても、それに共感はしても同情はしないようにしてます。

つまらない人と話してると、おもいっきり退屈そうな顔もします。(実際にそれで会って10分くらいで帰ったこともあります。)

 

こんな感じで、ぼくは全然いい人じゃないんです。

 

ぼくは優しい人というのは、

  • たとえ友人、知人であっても怠けずにいつも真剣に付き合える人
  • 仲が良くとも、「違う」とおもったことをちゃんと意見として出してくれる人
  • 人を褒めるにしてもただ手放しに褒めるのではなく、その人を観察した上でちゃんと褒めてくれる人
  • 沈んだ時に話を聴くだけじゃなく、少しでも前を向かせようと働きかけてくれる人
  • 人を今までの経歴や年齢で判断しない人

そんな人をぼくは優しい人だとおもっています。

 

一度でも話したことのある人は、ぼくのことをいい人なんて思わないです。

ぼくは計算高い人間だし、時に残酷なヤツだと自分でおもう時さえあります。
いい人にはなりたくないし、なれないんです。
ただ、目の前で話してる人とはいつも全力で向き合ってきたと自負しています。

 

人に対してリスペクトを持って接しよう

ぼくは、たとえ過去に犯罪歴があろうが、浮気を100回以上してようが、今、面白い人であれば、「あなたは面白い!」っとシンプルに答えるでしょう。

そういった意味では受け皿は広いです。しかし、人としての礼儀に欠ける人は大嫌いです。

 

連絡するのであれば、ちゃんとした態度でのメールをしてほしいとおもってしまいます。

ぼく自身も、常に相手に対してリスペクトの気持ちで接しています。

人に対して尊敬の念を持てない人はどんな場所に行っても他人から認められる人にはれないし、大物になることも無いでしょう。

 

いい人と優しい人を混同しないでほしい。

いい人の殻を勝手にかぶせて、人を舐めないでほしい。

ぼくはそう常々おもっています。 

 

ぼくのように勝手にいい人とおもわれて、複雑な思いをしてる人って少なくないとおもうんですよね。

そんな人に届いたら嬉しいです。

 

こんなぼくですが、現在、ハイパー人生相談というたった50円の人生相談サービスをしています。相談事などありましたら、ぜひどうぞ。

関連記事:宮森はやとの50円相談開始!「安い!」とおもった人は「銀行口座晒す」ので振り込んでください。

 

それでは今日はこの辺で。

 

わっしょい!