読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

30年の人生で一度も浮気したいとおもったことがない。

恋愛論
スポンサードリンク

f:id:dandy611:20170325225119j:plain

こんにちは、みやもです。
今日は恋愛についてかきます。

 

30年の人生で一度も浮気したいとおもったことがない

先日、当ブログの名前を久しぶりに変更した所、こんなコメントがぼくに寄せられました。

f:id:dandy611:20170325224141j:plain


残念ながらと言っていいのか、ぼくは30年生きてきて浮気症どころか「一度も浮気をしたことがない」んですよ。

これを知人たちと飲んでる時に話すと「ウソだろ!」とかなり驚かれます。
ぼくは見た目がチャラいのでそう思われても仕方ないです。

 

知人たちの反応を見ると、多かれ少なかれ男って「その場の勢いで別の女性と優勝する生き物なんだなー」ということが分かるんですよね。特に25歳〜30歳くらいまでの血気盛んな時期は。

 

ちなみに、ぼくも他の女性を観てカワイイっておもいますよ。
渋谷を歩けば、「この子めっちゃスタイルいい!」、「この子すごくキレイ!」なんて女の子うじゃうじゃいますから。

 

それじゃどうして、ぼくは浮気しないし、したいともおもわないんでしょうか?

 

どんな人間か知ってないと深い関係になろうとおもえない

大きな理由として、ぼくは「その人のことをよく知らないと優勝したいとおもえない」んですよね。

もちろん「顔がいい」、「服装がマジでタイプ」とか表面的な要素はめっちゃ重要です。
ぼくは生粋の面食いでもあります。

 

ちなみに「ショートカットでモードファッションが好き、足元はコンバースのオールスター、好きなファッションブランドはCHANEL」という感じの女性に目がありません。好きな芸能人は長澤まさみさん、新垣結衣さん、満島ひかりさん。

こんな感じで、好きなタイプがかなり凝り固まってます。

 

しかし、それだけでなく、その人が「どんな人間か」を知って「この子ヤバい!好き!」となんないとぼくはそんな気分になれません。
ですから、結局は「好きな人」でないと優勝の間柄になれないのです。

 

好きな人からずっと信用されていたい

ぼくは恋愛経験が決して豊富な方ではありません。
今まで付き合った人は両手いかないです。


ただ、「この人でいいか」と仕方なく付き合ったことは一度もないし、全部自分から好きになって、自分で告白して付き合ってきました。

だからこそ、ぼくは自信を持って言い切れますが、付き合った元カノのことは交際を解消した今でも「全員好き」です。


恋愛感情とは違うだけで元カノたちが何か困って相談してきたら「力になりたい」とおもってるし、実際に行動に移すでしょう。

それくらい彼女たち1人、1人に気持ちを入れ込みました。
だから、付き合ってる最中も彼女たちにずっと信用されたかったので浮気しようなんて考えもしませんでした。

 

そういえば、元カノとかなり前に電話した時「あなたのことは信用できる」と言ってもらったことがあって、それを聴いた時、すごい嬉しくて自分を誇らしくおもいました。

 

好きな人のことを「想った記憶」は消えない

やっぱりぼくの中で恋愛は特別です。みなさんにとってもそうだとおもいます。

星の数ほどいる女性の中からたった1人の人を選ぶんですから。

 

ぼくは好きな人に付き合ってもらうために、今まで相手が好むような様々なデートプランを必死にシュミレーションしたし、プレゼントも考え込みました。
好きな人と食事したいがためだけに、その子の住んでる家の近くまで汗かきながら自転車漕いで「用事でたまたま近くまで来たから、ご飯行こう!」っと誘ったこともあります。

 

好きな人のことを考え込んだ記憶は自分の脳みそに濃く刻まれるので、こうやってブログに書けるくらい脳内に保管されています。
そして、それだけ1人の相手のことを深く想ったという事実がぼくにとってのプライドなのです。

 

浮気しないタイプは、相手を深く好きになることで自分に納得できる

ぼくは時に、周りが「こいつ、大丈夫か?汗」と心配するくらい相手のことを好きになります。
好きな人は、ぼくにとって「宗教」のようなモノなんです。

 

ぼくのような恋愛の仕方は正直、「生きにくい」です

恋愛ってパワーを使うので、ストレスもかなり大きいですから。

例えば、好きな人に冷たい態度を取られてとんでもなく寂しい想いをした時も自分でジッと耐えねばなりません。

だからこそ、かなりの割合の人は、相手にバレないようにこっそり別の相手で満たされない刺激を味わおうとするんだとおもいます。

 

少なくともぼくの中では浮気する、浮気しない、どちらにも良い部分と苦しい部分があります。だからどっちがいいと一概に言うつもりは全くありません。

 

ただ、浮気しない人間の場合は、周りに興味を示さないくらい相手を好きになったという「深さ」があることで、自分の人生がいつ終わったとしても自分に納得できるとぼくはおもっています。

30年間生きて、一度も浮気せず、したいともおもわなかったことで特にぼくは後悔してません。

 

これはずっと想い続けてることなんですけど、ぼくは、ぼくが好きにならせてもらった女性たち全員に感謝してます。
彼女たちの存在のお陰でブログでいわゆる「エモい」記事が書けるようになったからです。

ブログでYahoo!ニュースに取り上げられるくらいのヒット記事を書けるようになったのは人を深く好きになった経験があるからに間違いありません。

 

好きな人の存在が自分の人間力を磨く糧になったとぼくは実感しています。

だからこそ、元カノや元彼のことを愚痴る人が時々いるけれど、ぼくはその思考がよく分からないですね。

 

好きな人の存在、一人一人がぼくにとって本当に偉大なんです。

以上、30年の人生で一度も浮気したいとおもったことがない男の話でした。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

わっしょい!