読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エドマル

個人による個人のためのメディア。自分を晒してどこどん自由に生きろ。

EDOMARU

Forever,Change

「裸で寝るといいことがある」と知り、10日間全裸で睡眠してみた。効果はいかに?

ライフハック
スポンサードリンク

「夜眠ろうとしても、寝つきが悪い」

 

「いつも寝起きが不機嫌、もっと快眠したい」

 

睡眠に関して、そんな悩みを抱いた経験がある人は多いのではないでしょうか?

ぼく自身も睡眠の質を向上させたいという願望をずっと持っていました。

 

睡眠の質が上がれば、

  • 仕事のパフォーマンスが上がりやすくなる
  • 記憶力の強化につながる
  • 精神状態が安定しやすい
  • 老化防止につながる
  • 病気にかかりにくくなる

といったメリットがあります。

睡眠の質を上げるだけで、イイ事ずくめなわけです。

 

裸で寝ると、いいことばかり? 

何か睡眠の質を上げるために効果的な方法はないか?

そんな悩めるぼくに衝撃的な記事が飛び込んできました。

gunosy.com

 なんと!裸で眠るとめちゃくちゃいいことがあるそうなんです。

この記事にはこう書かれていました。

  1. 裸で寝ればよく眠れる
  2. 裸で寝るとストレスが減る
  3. 裸で寝ることはヘルシー(健康に良い)
  4. 裸で寝る事で自信がつく

 

裸で寝るなんてただ服を脱ぐだけですから、ものの10秒でできてしまいます。

たったそれだけで、これだけの効果があるとは。。。

世の中では睡眠の質を少しでも向上させるために布団や枕の研究、開発に汗を流してる企業があります。

そんな企業を尻目に、ただ裸で眠るのみで睡眠に関する全ての問題が解決するかもしれないんです。

 

実際に裸で10日間寝てみた!

ぼくはこの記事を読んだ瞬間に、自分に強く宣言しました。

 

「やったろうやないか!」 

 

自分でも驚くほど素直にそうおもえてしまったのです。

そういうわけで、ぼくは記事を読んだその日から裸睡眠を開始しました。

f:id:dandy611:20111221204529j:plain

いつものパジャマから、いきなり裸になってしまったわけですから違和感が無いといったら嘘になります。

特に股間がスースーして通気性が異様にイイ事には違和感Maxでした。

 

しかし、生まれたままの姿で眠るのは衣服の余計な締め付けがなく、どこか心地良ささえ感じたのも事実です。

そして、感覚値ですが全裸で眠った日の目覚めはいつもよりもスッキリと起きれた気がします。

 

ぶっちゃけ、ぼくは「これちょっといいかも!」とおもってしまいました。

 

それから毎日、裸で眠り続けました。

そして、10日経ってこの記事を書いています。

10日間裸睡眠してみて、ぼくが至った答えとして「裸で寝るのはアリ!」というものでした。

 

正直、今までのぼくは寝起きの態度が余りいいとは言えませんでした。それが裸睡眠によって和らいだ感じがあります。

精神面の安定に裸で眠るのはやはり良さそうです。

また、朝4時や5時といった中途半端な時間にどうしても目覚めてしまう癖があったんですが、それが少なくなりました。

これはグッスリ眠れている証拠。

 

ただ、決してイイ事だけじゃありません。

この裸睡眠中に滅多にならない口内炎ができたので、はじめは身体の慣れが必要だと感じました。

また、シーツも衛生面確保のために小まめに洗濯する必要があります。

この2つだけ乗り切れれば、裸睡眠は睡眠の質を上げるためにかなり効果が高い方法だとぼくは実感しました。

 

全米で約10%が裸睡眠を実践している。日本の著名人も裸で寝ている人は多い

裸で寝ると聞いて、「恥ずかしい」とおもった人も多いとおもいます。

ぼくの場合はそれよりも好奇心が圧倒的に勝ったわけですが。

しかし、調べてみると全米でも約10%の人が裸で眠っているそうです。

 

裸で眠ることで成長ホルモンが分泌されやすくなり、肌や髪のツヤも良くなるので女性でも実践している人はかなりいることが分かりました。

ちなみに、日本の著名人でも裸睡眠の実践者はかなりいます。

男性であれば、タモリさん、堂本光一さん、斎藤工さん、氷川きよしさんが裸睡眠を行ってるようです。

女性は叶姉妹さん、大島優子さん、マギーさん、中村アンさんあたり。

 

これだけの人々が実行してるので「裸で寝ることは珍しいことではない」くらいの認識は持っていいとおもいます。

 

裸睡眠は効果的だったので、これからも続けていきます!

10日間、裸睡眠してみてぼくが感じたのは、

  • 朝の目覚めが良くなった
  • 中途半端な時間に起きるのが少なくなった
  • 深い睡眠をできるようになった
  • 血行が良くなった(衣服の締め付けが無いため)

このように裸睡眠はぼくの中でかなり効果的だとおもったので、このまま実践し続けようとおもいます。

睡眠の質を少しでも向上させていきたい方は、裸で寝るのはすぐに実践できることなので一度試してみる価値はあります。

ただ、はじめは慣れが必要なので、風邪ひく人もいるかもしれませんし、ぼくのように口内炎ができる人もいるかもしれません。そこだけは認識ください。

 

それでは今日はこの辺で。

 

わっしょい!