読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

人間関係の悩みが嘘のように解消される方法

オピニオン ライフハック

f:id:dandy611:20160820211524j:plain

生きていると悩むことがたくさんあります。

その中でもほとんどの人がぶつかるのは「人間関係」の悩みではないでしょうか。

仕事にせよ、恋人、友人関係にせよ、家族にせよ、人間関係の問題というのは誰しもが立ちはだかる問題です。

他ならぬ、あなた自身も何度も悩み続けてきたとおもいます。

 

ぼくも今までたくさんの人間関係に悩んできました。

しかし、現在は人間関係における悩みがゼロとまではいいませんが、限りなくゼロに近いほどに減少したのです。

それはなぜか?

ぼくが行ったことはとてもシンプルなことです。

 

社会にはどうしても分かり合えない人がいることを自覚する

「同じ人間同士だから、どんな人とも話し合えば分かり合える」とよく言われます。

しかし、それは真っ赤な嘘です。理想論です。

現実社会では、どれだけ説明しても分かり合えない人がたくさんいます。

 

実際、ぼくはそのような人々とたくさん出会ってきました。

その人たちはぼくがどれだけ説明しても理解を示そうとせず、意見を受け入れようとさえしませんでした。

 

なぜか?

多くの人は、「あなたとわたしは価値観が違うから受け入れないんだ」と言いますが、そうではありません。

 

ぼくの意見を受け入れなかった人たちはぼくのことを単に嫌いなのです。

ぼくの顔、性格、言動などの何か(もしくは全て)に嫌悪感があるからこそ、ぼくの話を受け入れないのです。

率直に言うと、ぼくのことを生理的に受け入れられないだけ。

ですから、ぼくがどれだけ的を射た発言をしようとも、彼らは隙を見つけて足を引っ張ってきます。

 

このように社会には自分とどうしても分かり合えない人が存在します。

それを自覚することが人間関係の悩みを解消する初めのステップなのです。

 

合わない人とは付き合わずに、合う人とだけの関係作りに集中する

自分とはどうしても分かり合えない人がいることを自覚した後は、自分のことに理解を示そうとしない人たちとは一切付き合わないことです。

よく「付き合い続けていけば、いずれ見直すこともあるかもしれないじゃないか」と言ってくる人がいますが、ほとんどの場合はそうなりません。

 

ぼくは何度も経験していますが、自分と合わない人と一緒な場所にいるだけで気分を害します。

一緒にご飯を食べていると、どれだけ美味しいご飯でも美味しく感じれません。

自分と合わない人と同じ空間にいることは、それだけストレスなのです。

 

社会に出ると「馬が合わない人とも我慢して付き合うこと、それが仕事なんだ。それが大人になることだ。」と言ってくる人もいますが、それは全くお門違いです。

 

実際、ぼくは自分に理解を示そうとしない人たちとは距離を置いて、一切付き合わなくなりました。

そして、自分のことを好いてくれる、自分に合う人とだけ付き合うようにしたのです。

すると、どうなったか?

もう毎回の飲みの席や仕事が楽しくなったのです。

 

そして、自分と合う人とだけ付き合うようにしても全然困ることもありませんでした。

その時に前述した「馬が合わない人とも我慢して付き合うこと、それが仕事なんだ。それが大人になることだ」というのはただの嘘っぱちだということに気づけました。

 

人間関係で悩んでる人のほとんどは「分かり合えない人と付き合っていること」にあります。

自分のことを分かってくれない人たちとは付き合うことは人生に必要ないものです。

それはお金の無駄であり、エネルギーの無駄であり、何より時間の無駄です。

自分と合う人とばかり付き合うようにしましょう。

そうすると本当にラクに生きれるようになりますよ。

 

人間関係の駆け引きを止める

自分と合う人とより人間関係を作るコツを書きます。

それは「駆け引き」をやめることです。

ぼくの付き合いがずっと続いている人たちとのことを振り返っても、駆け引きというのは一切してこなかったです。

 

それよりも相手に自分の感じていることを真っ直ぐに投げかけてきました。

そして、何より相手の良いところを素直に褒めてきました。

駆け引きをすると相手が何を考えているのか読めなくなるので本当にエネルギーの無駄遣いです。

 

ぼくは人間関係において駆け引きを一切放棄したことで人を疑うこともなく、とても風通しのいい人間関係になりました。

 

自分と合う人とだけ真っ直ぐに付き合っていれば、人間関係の悩みは嘘のように解消する

結局は、自分と合う人だけ付き合うことが大事です。

自分と合わない人と出会ってしまった時は秒速で距離を取るようにしましょう。

実際、ぼくは「あっ、ぼくのこと嫌いだろうな」と感じる人と出会った時、ウサイン・ボルト並みのスピードで逃げています。

 

自分と合う人とだけに付き合いを絞り、その人たちと真っ直ぐに向き合うことで人間関係の悩みは嘘のように解消します。

自分と合わない人とも我慢して付き合わないといけないとおもうみなさんはぜひ、人間関係の断捨離をしてみましょう。

 

はじめは、勇気がいる行為かもしれませんが、いざやってみると「どうしてあの人たちと我慢して付き合ってたんだろう」と不思議におもうようになりますよ。

 

わっしょい!