読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

思考停止しない方法。自分のアタマで考え、決断できる人間になるには?

オピニオン ライフハック

f:id:dandy611:20160804071034j:plain

 

「思考停止」ってよくいいますけど、そもそも何なんでしょ。

 

思考停止とは、過度に信じすぎること。

思考停止とは単に「物事を余り深く考えていない」という意味に捉えられますが、もう少し深堀すると以下のような意味なのです。

思考停止とは、あることに対する判断を棄て、既成の判断を無条件に受け入れることを表す。 「自分が絶対正しいんだ。 相手は絶対間違っているんだ。」 と思い込んでしまうこと。

上記にあるように思考停止とは、自分の正義を過度に信じすぎてしまい、それ以外の考えを受け入れられない状態のことを言います。

最近、都知事選、参議院選挙がありましたが選挙ではよくこういった人々を見かけます。

「自分が応援している候補以外を認めない!」、そして、他の候補に対して足を引っ張る材料ばかり探し、他を否定しながら自分が応援する候補の正しさを示す。

これは立派な思考停止ですね。

 

思考停止している人は依存している

何かの対象を信じ切れることは一見幸せに見えます。

しかし、信じすぎるというのは自分ではない誰かに判断を委ねるということです。

そうなってしまうと、自分のアタマで判断を下すことができず、何かに依存してでしか物事を考えられません。

 

また、依存的な人間を紐解いていくと、自己肯定感が極めて低いということでもあります。

自分を肯定できず、否定的に考えてしまいがちだからこそ何かに依存してしまうのです。

自己肯定感が低いと今の自分に本当の意味で納得できていません。

この「自分に納得ができないこと」がとても問題なのです。

 

思考停止しないための方法

それでは他者に依存せず、思考停止しないためにはどのようなことを実践すべきか。

 

正しさは存在しない。日常に疑問を持ち、他の価値観を受け入れること

誰かの考えに共感したり、影響されることはとても大事なことです。

しかし、妄信的になりすぎて他者にその思想を押し付けたり、異なる意見や価値観を排除するのは危険です。

絶対的に正しい答えは、この世には存在しません。

正しさというのは、その時々の状況で異なります。

ですから、正しさは存在しないことを前提に考えましょう。

 

正しさが存在しないことに気づけると、どんな物事にも疑問を持つことができます。

「どうしてその現象や考えが成り立つのか?」という質問を絶えず自分に投げかけると色んなことに疑問を持てて、自分のアタマで自然に考えるようになりますよ。

そうすることで、自分とは違う他者の考えも想像することができ、異なる考えを許せる寛容さを得れるのです。

 

複数の尊敬できる対象を持つ

思考停止する人は「たった一つの絶対的なモノを信じる」傾向にあります。

一つの思想(人)に熱心になるとその考えだけしか受け入れられなくなり、他を排除しがちです。

ですから、複数の尊敬できる対象を持つ事が大切です。

ぼく自身、心から尊敬できる人が何人かいます。

彼らは考えに共通する部分もありますが、言ってることが微妙に違います。

この「違い」を受け入れることが大切なのです。

複数人の考えを参考にしながら、その人たちの違いを見極める事で、常にアタマが凝り固まらず視野も広がっていくのです。

 

常に揺らぎ続けること

これが最も重要な考え方です。

前述したように、この社会に絶対的に正しいモノなどありません。

正しい答えというのは状況や場面によって異なってきますし、その瞬間は正しいとおもえなくとも後々にイイ経験だったとおもえることだってあります。

何が正しくて、何がダメなのかと考えるのではなく、その場面で「何が最適なのか」と考える思考を持つ事です。

世の中は「諸行無常」と言うように物事は常に移り変わっています。

一つの思考に固執することなく、様々な場面を想定しながら「思考を揺らぎ続けていくこと」が大切なのです。

 

自分のアタマで考え、自分で決断しよう。納得する人生を歩むために

思考停止しないための方法をこれまでかいてきました。

人間が思考停止しがちになる時は、「心に余白が無い時」です。

気持ちに余白を持つ事で、様々な異なる考えを受け入れれますし、自分のアタマで考えるようになります。

納得のいく人生を歩むためにも自分のアタマで考え、自分で決断できるようになりましょう。

 

思考停止しがちだなと感じる方には、こちらの本にもっと多くのヒントが凝縮されています。おすすめです。

 

わっしょい!