読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

クラウドファンディングに本気で取り組んで190万円以上集めたぼくが伝えたいこと。

オピニオン クラウドファンディング

f:id:dandy611:20160722212226p:plain

ぼくが6月9日から本気でコミットしたクラウドファンディングが7月19日を持って終了しました。

結果、総勢210名の方々にパトロン(支援者)になっていただき、1921555円ものご支援をいただきました。

本当に感謝しかありません。

 

リバ邸はぼくの本当にやりたいことだった

ぼくは今回、リバ邸という「現代の駆け込み寺」と呼ばれているシェアハウスを作るべくクラウドファンディングに挑戦しました。

三軒茶屋にある一戸建てを契約し、それにかかる初期費用が130万円。

これを最低限の目標金額に設定したのです。

 

ぼくは小さい頃、本当にコミュ障で学校にも家にも居場所を感じることができずに15歳まで過ごしています。

過去の自分のように社会には、学校や会社、家に居場所が無く、孤独を抱える人がたくさんいることをぼくはずっと問題意識として持っていました。

そして、「そんな人たちが図書館に行く感覚で気軽に通えて家と会社(学校)に続く『第三の居場所』になりうるシェアハウスを自分が運営してみたい。」

そう、ずっと思っていて今回実現に至ったのです。

 

やりたいことを実現してから、やることを考える

クラウドファンディングの活動報告にも書きましたが、すでにぼくはリバ邸に住んでいます。

資金も無事集まったので、これからリバ邸での活動もどんどん行っていきます。

 

ぼくはリバ邸プロジェクトを思いついた時「こんなことやりたい、あんなことやりたい」という妄想がたくさんありました。

しかし、それらはかなり曖昧なモノです。

 

ぼくはとにかく「リバ邸」を作りたかったのです。やることは後回し。

むしろ、これからリバ邸メンバーやリバ邸に訪れたみなさんと対話しながら、どんなことをしようか考えて行きます。

 

ほとんどの人はやりたいことを実現する前に、行動を辞めている。

多くの人々は「独立したい」、「今の会社辞めたい」、「近所にある気になるラーメン屋に行ってみたい」など大なり、小なり何かやりたいことがあると思います。

しかし、ほとんどの人は考えてはいるけれど、頭の中で考えただけでストップさせています。

 

独立したいのであれば、会社を作ってみる。

会社を辞めたいのであれば辞めてみる。

気になるラーメン屋さんがあるのなら行ってみる。

まずは、やってみてから考えればいいのです。

 

お金や人脈が無いという言い訳はもう通用しない時代

ほとんどの人々の言い分としてお金や人脈が無いからということで諦めることが多いです。

しかし、ネットの出現でウェブショップも無料で簡単に作れてしまう時代です。

また、ブログやSNSによって芸能人のように誰もが発信者になれます。

そんな現代ですから、お金や人脈が無くともやりたいことを実現できるのです。

やりたいことを実現するには「少しのアイデア(構想)」と「ちょっとの勇気」、これだけあれば十分出来ちゃうのです。

 

クラウドファンディングはやりたいことを実現するための有効な手段

ぼくは、今回クラウドファンディングに資金を集めましたが、クラウドファンディングはやりたいことを実現するために本当に有効な手段です。

想いが強ければ、ぼくのように100万円単位の資金も獲得できます。

 

また、面白い事例で言うと、おしゃれブロガーのいわたさんは、沖縄旅行に行くためにクラウドファンディングを活用していたんです。

旅行のためにクラウドファンディングやるのなんてアリなのかよ!とおもう方もいるかれしれないですが、ぼくは全然それでイイとおもうのです。

クラウドファンディングをする理由が「日雇い労働をしたくないから」というのも自分勝手すぎて素敵ですね。笑

それじゃあわざわざクラウドファンディングを使うのはどうしてか。

その理由はすごく単純で、ぼくは日雇いのアルバイトをしたくないからです。

「お前はどこまで自分勝手なんだ」

そう思う気持ちを少しだけ抑えてこの記事を読んで欲しいです。

 

ぼくは数年前に何度か日雇いアルバイトをしたことがあります。

そのときに初めて働いたのがブラック企業で名高い某運送会社でした。

当時はそんなことも知らずに応募したのですが、いざ現場へ行くと全く聞いてもいない仕事をやらされる。

その上、少し間違えるとものすごい声の大きさで怒鳴られる。

それがきっかけでぼくは日雇いアルバイトにトラウマを抱えてしまいました。 

引用元:喜びの対価として集めたお金で旅行がしたい!欲望全開のクラウドファンディングを始めました - いわタワー 

 

クラウドファンディングと聞くといかにも数十万円〜数百万円のプロジェクトじゃないとやっちゃいけないモノと感じる方が多いでしょうが、全くそうではありません。

目標金額が5万円でも全然OKなのです。

むしろ、数万円あればできてしまう、「ちょっと手を伸ばせばできること」で案外みなさんやりたいことをお持ちではないでしょうか。

スカイダイビングやってみたいとか、MacBook欲しいとか。

 

やりたいことを実現できないと悩むほとんどの人々は、自分の想いを実現したことのない単なる「経験不足」から来ています。

ですから、どんな小さいことでもいいので、まずは自分の想いを叶えてみましょう。

その為にある程度の資金が必要ならクラウドファンディングで呼びかけてみたらいいですよ。

 

ぼくは今までの体験で「小さな成功体験が人を強くする」ことを学びました。

ぜひ、「まずはやってみる」の精神を持つことをおすすめします。

 

ちなみにクラウドファンディングは手数料が5パーセントと圧倒的に少なくて今一番盛り上がってるプラットホームであるキャンプファイヤーがおすすめですよ。

camp-fire.jp

 

ぼくは今回、クラウドファンディングをやってみて自分への自己肯定感がより増しました。

これからも自分のやってみたいことをどんどん叶えていきます。

ぜひみなさん、何か小さなやりたいことをまずは一つ叶えてみましょう。

 

わっしょい!