読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

CAMPFIRE代表家入一真氏のクラウドファンディングの本質を突いた発言に思わず涙した。

表現者 IT

f:id:dandy611:20160605125903j:plain

出典:https://twitter.com/hbkr?lang=ja&lang=ja

 

CAMPFIREの代表に復帰した家入一真さんがクラウドファンディングについて素晴らしい発言をしています。

 

クラウドファンディングの本質は、名も無き挑戦者の声を多くの人々に届けること

クラウドファンディングの本質とはなにか。

それは、名前もない、お金もない、挑戦者の、
声なき声を、ネットをつかって多くの人に届けるということ。
そして応援してくれる人たちを巻き込んで、活動への支援を集めること。

手数料をなぜ下げるのか。それは1円でも多くクリエイターの手に渡すため。
審査をなぜ無くすのか。それは1人でも多くのクリエイターの夢をかなえるため。

 

個展をやるために10万円を集めたい。
自宅の1階を改装してママカフェを立ち上げる費用30万円を集めたい。
自主制作の映画を撮るために50万円を集めたい。

5000万円のプロジェクトひとつより、
50万のプロジェクトを100個、5万のプロジェクトを1000個たちあげたい。

声なき人の、小さな挑戦を増やしたい。

継続して活動を応援し続けていける居場所をつくりたい。

キャンプファイヤーは変わります。

小さな火を灯しつづけるために。

 

引用元:CAMPFIRE代表に戻ってました | KAZUMA IEIRI 

ぼくはこの文章を読んで思わず涙しました。

インターネットによって、たしかに多くの人々が発信者になることはできました。

しかし、その発信した実績を具体的に落とし込む場所が今まで無かったように思います。

ですから、自分がやりたいことのために多くの人々を巻き込み、資金調達を可能にするクラウドファンディングの出現は本当に大きい出来事だったなと。

海外では、10億円規模の資金調達に成功した実例がありますしね。

 

しかし、家入さんが語るようにクラウドファンディングの本質は大型の資金調達ではありません。

大規模な資金調達に成功すれば確かにクラウドファンディング会社も潤います。

ですが、それであればVC (ベンチャーキャピタル)からの融資や会社を上場をさせれば可能です。

 

そういった大型ではなく、小さな資金調達の仕組みが今までありませんでした。

ですから、家入さんのおっしゃる名もない、お金もない、信用も少ない人たちの小さな希望をまず叶えること。

5000万円のプロジェクトサクセス1つよりも、5万円のプロジェクトを1000個サクセスすることを選ぶというのがクラウドファンディングの本質というのはまさにその通りだと感動したのです。

 

ぼくも中学の同級生のためにクラウドファンディングに挑戦しました。

ぼくもつい最近、初めてのクラウドファンディングに挑戦したのです。

それは自分のためではなく、中学の同級生(女性)のためです。

彼女はインスタグラマーとして本格的に活動していきたいとおもい、質の高いカメラを欲していました。

 

彼女は大手の化粧品会社に勤めています。

化粧品会社というのは皆さんが想像する以上に労働が過酷な上に安月給なのだそうです。

当然、女性ですから化粧品やファッションにも力を入れたい。

それを少ない給与から捻出しないといけない。

そうなると、残るお金というのは多くないわけです。

本格的なカメラを買うとなると、8万円はします。

彼女にとってそれはやはり高価な買い物であり、普通に買おうとすると購入がかなり先になると言われました。

 

ぼくはそこでクラウドファンディングを彼女に提案したのです。

彼女自身はクラウドファンディングにとても前向きでした。

ですが、彼女の会社が大手のために副業が禁止。

クラウドファンディングはそれに抵触するとのことでした。

 

そこで、ぼくが彼女の代わりに「中学の同級生のためにに本格カメラをプレゼントしたい!」という名目でクラウドファンディングに挑戦したのです。

結果は、わずか3日でサクセス。

 

クラウドファンディングが成功したことを彼女は心から喜んでいたし、「こんなワタシを応援してくれた皆さんのためにもこれからインスタグラムを本当に頑張っていきたい!」と意気込んでいました。

 

たとえ10万円に満たない金額でも人の人生を大きく変えることができる

ぼくはクラウドファンディングサクセス後の彼女の心の変化を見て思いました。

数千万円や数百万円単位のお金で無くとも、たとえ10万円に満たない金額でも人の人生や心を大きく変えることができると。

その人にとって本当に必要なモノやコト(役割)を与えることができれば、人は変われるのです。

そして、そのための機会を作るのがクラウドファンディングなのです。

ぼくはクラウドファンディングに一度挑戦してみて、クラウドファンディングは小さな個人の可能性を広げる素晴らしいサービスだと感じました。

 

現在、クラウドファンディングをするならCAMPFIRE一択!

ぼくは周囲の知人、友人が頻繁にクラウドファンディングに挑戦しているのでクラウドファンディングサイトはかなり見てきた方です。

 

そこから分析しても、現在だと家入さんが代表のCAMPFIRE一択ですね。

手数料が低いのはもちろんありますが、何より想いが違います。

その想いが上記の文章やサービスの端々に滲み出ているのです。

人間の血が通ったサービスというのはまさにこのことだなと。

 

家入さんの自信がすごい。

 

こういったビジョンをツイッターでつぶやいてる会社ほとんど見たことありません。

 

ぼくは今月もこれまた家入さんが考案したシェアハウス「リバ邸」を新しく作るためにクラウドファンディングに挑戦します。

みなさんも何かやりたいことがあるのであれば、ぜひクラウドファンディングにチャレンジしてみるといいですよ。

 

もちろん、自分の叶えたいことのために貯金するのも手段の一つです。

が、クラウドファンディングを活用し、自分の信用を資金化させることでもっと早く自分のやりたいことを実現できるし、多くの人々を自分のストーリーに巻き込むことができるので応援者も増大しますよ。

何より、クラウドファンディングは人間ドラマなので感動します。

これはやった人でないと分からない感覚ですね。

 

ぜひ自分の発想力を生かして一回チャレンジしてみるのをおすすめします。

camp-fire.jp

 

わっしょい!