読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

【仕事】努力が続かない人は「捨てる勇気」を持つこと。成功する人間は衣食住のどれかが欠落している。

仕事 オピニオン

努力するための本質を突いた記事を読みました。

logmi.jp

いやー面白い記事ですね。

 

成功する人間は衣食住のどれかが欠落している。

特にここら辺とかヤバイです。笑

 

Q:成功するにはどうしたらいいか?

 

超簡単で、死ぬほど働くやつです。
本当に死ぬかもしれないなっていうやつがいて。投資したチームにこの前久々に会ったら、「食事をするのも忘れて、徹夜でやってたんですけど、ちょっとソファで昼寝して起きたら体が動かなくなっていて、ヤバいと思ってソファからわざと落ちて痛みで起きました」っていう話をしていて……。

ソファーからわざと転げ落ちて無理矢理起き上がらそうとするとか面白すぎますね。笑

ぼくの友人にも起業家の人々がいるんですが、まぁー彼らは本当によく働きます。

人間の生活って衣食住が基本としてあるじゃないですか。

彼らは、そのどれかが欠落してるんですよね。

上記の方は食べることを忘れて猛烈に働いてる。

ぼくの知ってる人はファッションなんてどうでもよくなっていて毎日同じパーカー着て仕事してます。

着すぎてパーカーの色が変色し、ボロボロになってるんです。笑

あと、寝る場所はベッドではなくソファーで、起きたらその場で仕事してるとかもうそんな感じなんですよ。

 

彼らはこのように偏りまくった働き方をしています。

成功するというのは他の誰よりも1歩も2歩抜け出ないといけないので、それくらいしないと無理なんですよね。

多くの人々が成功の法則を知るために本を買ったり、講演会に行ったりして探しまわってます。

が、成功法則はとてもシンプルで、そのコトに「どれだけ時間を注げるか」なんですよ。

 

努力が続かない人は捨てる勇気を持て!

また、上記のインタビューでは努力に対して以下のように書いてます。

この部分はもう本質ですね。

リブセンスの共同創業者の桂さんがすごく良いことを言っていて、「努力するというのは、何かを捨てることだ」と。これ、めちゃめちゃ良い言葉。僕も事業の立ち上げとかは、いっぱい頑張るんじゃなくて、色んな物を捨てていく作業だと思うんですよね。
正直僕も立ち上げたときに、友達ほとんど誰もいなくなって、誰とも会わなかったし。

多くの人は努力が続きません。 

仕事で成功するとかではなくとも、身近なモノで例えるならダイエットに挑戦しても断念する人がほとんどですよね。

それはダイエット以外のコトにも手を出していて、気持ちがいっぱいいっぱいになってるからなんです。

人間は同時並行して、いくつのコトもできないんです。

できるだけ必要ないモノは捨てて頭を整理させることが重要です。

 

 今日知った話なんですが、AKB48高橋みなみさんはAKBの活動に集中するために友達の連絡先を全て削除したそうです。

 仕事以外のコトは彼女にとって必要ないモノと判断したのでしょう。

このエピソードが彼女がどうして他のAKBメンバーよりも抜きに出ることができたのかを証明していますね。

 

かくいう、ぼく自身もブログで成果を出すために、ブログ開始の半年間はブログ以外のことには全然手をつけずに実家に引きこもってブログを書いていました。

そのお陰で、現在はブログでどうにか生きれるようにもなれました。

どんな仕事や事柄でも、「そのコトだけに集中する環境」を自らで作らなければ軌道に乗らないのです。

 

あなたがもし、何かに置いて努力が続かない、努力が報われないと感じるのであれば、他の必要ないモノを捨てる勇気を持つことです。

 

捨てる勇気として最後に関連本。

元400メートルハードラー為末大さんの「諦める力」です。捨てることと諦めることはとても関連性があります。

ぼくが出会ってきた本の中でも一押しの名著です。

・僕が言いたいのは、あくまでも「手段は諦めていいけれども、目的は諦めてはいけない」ということである。言い換えれば、踏ん張ったら勝てる領域を見つけることである。

・「どうぜ私はだめだから」と勝負をする前から努力することまで放棄するのは、単なる「逃げ」である。

 わっしょい!