読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

イベント登壇します!ブロガーは文章だけでなく、ベシャリもできることを証明しよう。

イベント登壇情報

4月某日、ツイッターに怪しいDMが来た。

ツイッターのDMに頻繁に来るのはブログについての感想だ。

ブログの感想は表現者として素直に嬉しい。
あと、ブログを教えてほしいとか、「ぼくを弟子にしてほしい」というワケのわからないメッセージが来たこともある。
時々嫌がらせのDMも来る。

しかし、今回は一風変わってイベントの出演依頼だった。
どうやらTEDのようなプレゼン大会を都内で開催するらしい。
しかもテーマは「偏見」。
偏見をテーマにして5分程度のプレゼンをしてほしいとのこと。


「偏見」がテーマって、生まれた時から両親の言われた通りに人生のレールをブレることなくひた走ってきた「人間山手線」とも呼ばれたこのぼくに偏見なんてありゃしない。 
ずっと計算通りの波風立たない人生を歩んできたにも関わらず、まさかこんな仕事の依頼が来るとは。
まさに計算外だぜこりゃ。
しかも、出演者の条件は「ひねくれ大人」だというから驚きである。
 
 
ひねくれだと?
今だにサンタクロースは存在すると29年間信じ続けてるし、アイドルはウンコしないと一切疑ったことのない「素直」という字を絵に描いたようなぼくにひねくれイベントの出演依頼をしてくるなんて。
勘違いもはなはだしい。
こんな仕事依頼をしてきやがる主催者のIQを疑う。さぞ脳内お花畑くんだろう。
 
 
だが、主催者はよく見ると慶応大学出身だった。
あれ?ガチで頭いいじゃないか。
しかも、慶応を卒業してそのまま新卒フリーランスになったらしい。
「慶応大学」という日本屈指の高級ブランドを卒業しながら、そのキャリアをわざわざドブ川に捨てる姿勢。
親の期待を一切裏切って、「オマエに今まで一体いくらつぎ込んできたと思ってるんだ!」と当然言われただろうけど、それでも自分勝手な人生を選択したその勘違いぶり。
ぼくはあながち嫌いじゃない。
 
先にも書いた通り、ぼくには偏見なんて一切ないし、ひねくれてもいない。
けれど、この慶応出身の新卒フリーランスさんをちょっと応援したいと思ったので今回のプレゼンオファーを引き受けた。
 
ぼくはプロブロガーで文章ばかり書いてるので今回、畑が当然違う。
だが、実はブロガーの人たちって案外、ベシャリがうまい人も多いのだ。
それってブログでは知られることもないし、ブロガーは根暗でコミュ障が多いから動画も発信しないしね。
というわけで、今回のプレゼンでブロガーはベシャリも行けることを証明したいとおもう。

 

ぼくの偏見プレゼンのテーマは何にしようか?
フェイスブックで70人以上リアル友達を切られてきたぼくが語る、嫌われる勇気とは?」。とか。
「ブログで彼女募集して2万以上に読まれてもオファーがゼロだったぼくだから伝えれる、どれだけ傷ついても人生をハッピーに生きる方法」とか。


とりあえず、今回ガチでプレゼンしようとおもいます。
日時は5月25日19時半〜

場所は原宿にあるヒミツキチオブスクラップです。

 

ぼく以外にも素晴らしいプレゼンターがたくさん出ます。
はてなブログでも話題のゲスブロガーのあんちゃんも登壇するのでかなり面白いですよ。

お時間ある方はぜひ観に来てください!

 

下記のURLが詳細でそのまま申し込みできます。

bit.ly

 

どんなプレゼンするか今から練っておきます。どうぞお楽しみに!

 

わっしょい!