読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

ネット民にサンドバッグにされても意識高い系はやめらんない!

オピニオン

f:id:dandy611:20160310102811p:plain

出典:http://nonbirislownews.blog.so-net.ne.jp/

 

ぼくは自他共に認める意識高い系です。

意識高い系と言われる人々の 特徴を挙げてみましょう。

 

意識高い系の特徴とは?

  • 本を読むのが好き(特にビジネス書)
  • 人生や未来を語るのが3度の飯より好き
  • 大きな規模で何かヤラかしたいとおもっている
  • 根が根暗
  • 何かやる時にいちいち宣言する
  • 壮大な目標を人目を無視して語れる
  • 自分の考えを主張するのが好き

こんな所でしょうかね。見事に全部当てはまっております。

これに当てはまる人は意識高い系と確実に認めていいでしょう。

 

ネット民からサンドバッグにされる

意識高い系には上記のような特徴があって、空気を読まずに発言します。

また、他人から見たら「それ実現できるの?」というような壮大な目標を口にするのでツッコミ対象になりやすいんですよね。

ぼくはブログで自分の考えをストレートにずっと伝え続けているんですが、ネット民によく批判されます。

「オマエに軸なんてない」、「薄っぺらい解釈を語るな」、「偉そうなことを口にするな」と、好き放題言われ続けています。もうサンドバッグ状態ですね。とほほ。

 

炎上狙いと言われるが、純粋に書いたらそうなった

ぼくはブログでバズった時によく炎上狙いとも言われます。

「注目されてかまってほしいからこんな記事書くんだろ」とコメントされたりもするんですが、自分が書きたい記事を書いたら結果的にそうなるんですよね。

ぼくは時事問題も時々扱うのでそう勘違いされるのかもしれません。

ですが、よほど気になったニュース、自分が主張したいことがないと時事問題は取り上げてないんですよね。

 

意識高い系でないと、そもそも一流になれない。意識高い系はやめらんない!

ぼくがブログを綴り出して1年以上。

どうして叩かれても叩かれても自分の発言をやめないのかと言うと、そもそもそういった主張をつづ続けないと一流になれないと思ってるからです。

一流は一流になったから自分の主張をするのではなく、一流になる前から独自の主張をし続けていたのです。

その結果、キーパーソンになる誰かに認められて一流の階段を上っていったんです。

ぼくは一流になりたいので、自分を小さな枠に当てはめることをしたくないんですよね。

一流になるためには意識高い系でいるのは前提です。意識低かったら誰かに認めてもらうなんて無理ですから。

よって、「意識高い系www」とバカにされようと気にせず発言を続けます。

一流になるためにも意識高い系はやめらんない!

 

意識高い系を肯定しよう

やぎろぐ八木さんが昨日ブログで意識高い系について素晴らしいこと言ってましたね。

成功した人はかならず意識が高いだけで、うまく行っていない時期を経験している。

だから若い人が必死でもがいてるのを絶対にバカにしない。むしろ頑張ってるなと思ったら引き上げようとします。

自分がそういう時期を経験してるからぼくも「ブログ頑張りたい!」って言ってる人はできるだけ引き上げたいと思います。

端から見れば中身の伴ってないとしても、口だけだとしても、そういう人は可能性にみちあふれてる。

 

引用元:何者かになろうともがいている「意識高い系」をバカにしちゃダメだ - やぎろぐ

そうそう、意識高い系は可能性にあふれてるんですよ。

彼らの自分の現状も気にせずに大きな目標を語れることは伸びしろであり、「希望」とも言えます。

大胆な発言をする人がいなかったら社会は面白くないじゃないですか。

ですから、ぼくは意識高い系の人に注目しちゃうんですよね。

彼らは確かに未熟だとおもうし、爪が甘いのかもしれない。

しかし、そんな彼らを嘲笑するっていうことは自分も笑われるのを恐れて、自分の可能性をも狭める行為でもあるんです。

他人を笑う人は一生挑戦なんてできない。

だから、ぼくは人の発言や挑戦を笑わないし、賞賛したいとおもう。

何かに対して主張し、行動してる人はそれだけで価値がある。

よって、他人のことを笑う連中の存在は気にしなくていいんですよね。

 

もっと社会が意識高い系を肯定する文化になれば、ぶっちゃけ日本変わりますよ。

彼らは承認欲求が満たされることで恐ろしいほどパワーを発揮しますからね。

また、社会的に誰かの挑戦を笑わない風潮が生まれれば、どんな人でも「何かしてみよう」と思えるはず。

そうなった社会ってかなり面白いとぼくは思うんです。

みなさんもそう思いませんか?

 

というわけで、ぼくは意識高い系を応援し続けます。

意識高い系はやめらんないです。

 

最後に意識高い系にピッタリの本を紹介します。ツイッターでいつも興味深い発言をして注目されている為末さんの「諦める力」。

ぼくの人生観を変えられた本です。意識高い系の方は必読の名著ですよ。

 

 

わっしょい!