読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

我慢や辛さは仕事の「対価」にならない。

仕事 オピニオン

f:id:dandy611:20160225220325j:plain

仕事で我慢してる人って多いですよね。

 

我慢することや仕事が辛いのは仕事だから仕方ない?

 仕事がいつになっても上達せずに辛いと感じたり、自分の意思とは関係なくやりたくない仕事をずっと任され続けてグッと我慢し続ける。

そんな悩みを同僚や上司に相談すると、

「仕事なんだから辛いのも、我慢しないといけないのも仕方ないよ。だってお金もらってるんだから」

と決まって言われます。

 

こんな風に我慢し続けることや仕事の辛さを味わって、それの対価としてお金を貰ってると勘違いしてる人がかなり多いんですよね。

 

結果に結びつけた対価でお金が支払われる

いくら辛さを味わっても、我慢し続けても仕事で「結果」を生まなければ対価としてお金は発生しません。

会社員の多くは「いるだけでお金が貰えちゃうシステム」なので勘違いを起こしやすいのかもしれない。

 

例えば、ぼくはブロガーとして活動しています。

ブロガーの場合は自分の書いた記事をたくさんの人に読まれないと収益が発生しづらいシステムになっています。

ですから、数十万人単位の人々に読んでもらえるように記事を生産していかなければならないのです。

その為にブロガーは多くの人に役立つ内容の濃い記事を書いたり、記事数を意識して数百、数千本に渡る記事を生産し続けるのです。

この過程においてブロガーがどれだけ辛い思いを味わおうが、我慢しようが、たくさんの人々に読まれるという「結果」が結びつかなければ、収益は発生しません。

どれだけ辛さを味わっても5万人ほどにしか読まれないのではブログだけで生活するのは難しい。

逆に、全然我慢もせずに好きなことだけを記事にして50万人に読まれるようなブログを作れれば、生きていけるくらいのお金が発生します。

 

このように我慢や辛さは仕事の対価にはなりえません。

仕事の対価になるのは結果です。

ただ、この結果というのは単に数字だけでなく、誰かの「役に立っている」ということが重要で、誰かの役に立っていれば自ずと結果はついてくるのです。

 

仕事が辛いのも、我慢してしまうのもパズルが合っていないだけ

仕事の悩みのほとんどは人間関係におけることがほとんどです。

上司から到底達成できないような目標を突きつけられて精神的に疲弊したり、同僚たちとうまく溶け込むことができず仕事自体を辛いと感じたり。

その我慢や辛さは先ほど述べた通り、仕事の対価にはなりません。

ですから、そんな苦しみを味わってる自分を悲劇の主人公のように気取るのも違います。

 

あなたが今、仕事を辛いと感じたり、我慢しているのではあなたのせいではありません。

単に仕事の職場環境、特に人間関係があなたに合っていないだけなのです。

 

人間には合う、合わないが必ず存在します。

ですから、ぼくの場合は合わない人とは意識的に距離を取り、自分の合う人とだけ関わるように心がけています。

これだけで、人間関係におけるストレスが驚くほど少なくなりました。

会社の場合は、関わる人を変えるのは難しいので、環境自体を変えることがよろしいです。

仕事を辞めて新しい仕事に転職しましょう。

社会にはたくさんの仕事や会社があるので、今の自分の会社に執着する必要も依存することもありません。

会社を辞めることを怖がる人が多いですが、会社はあなたがいなくなっても全然回るようになってるので気にする必要もありません。

 

よく「会社にお世話になったから」と情を感じる人や上司に辞意を打ち明けるのが怖いと会社側のことばかり考える人がいますが、あなたの人生はあなただけのモノでしかなく、会社はあくまであなたの人生において脇役です。

もっと自分の人生に対して好き勝手に考えていいんですよ。

でないと、いつか鬱病になって倒れる可能性だってあります。

会社を辞めることは逃げることでも、恩を裏切ることでもありません。

あなたの人生をもっとよくするための「方向転換」なんです。

 

仕事が楽しければ人生の3分の2は楽しい

ほとんどの人にとって仕事は人生の大半を占めるほど大きなモノです。

その仕事が辛いのと楽しいのでは人生の見え方が全然違います。

仕事が楽しければ、人生の3分の2は楽しいとぼくは断言できます。

仕事は本来「気持ちがいいモノ」なんです。

ぼく自身も仕事で辛かったことや我慢したこともたくさんあります。

しかし、それら全てが無駄な副産物であると気づいて、もっと自分のために好き勝手に生きようと決めてからは本当に人間関係におけるストレスは皆無に等しくなりました。

そして、ブログに出会えたことで仕事の見方が全く変わりました。

 

まぁ、ぼく自身は元々内向きな人間で、しょっちゅう落ち込むことがあるのですが。

参考記事:ぼくはメンヘラだ!2日に1回は死にたくなる。

それは辛いとか我慢をしてるのではなく、ただの性分なんです。笑

 

ぼくは今、ブロガーとして活動して本当に人生が楽しいし、充実してます。

今の仕事が辛くて我慢し続けてる人は、もっと自分のために生きていいんです。

自分のために生きて、それに沿った行動をすることで人生はガラッと変わってきます。

まずは、辛い仕事の環境を変えることから始めてみてください。

一歩踏み出す勇気を持ちましょう。

 

わっしょい!