読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

自信がない人は武勇伝を作ろう。折り鶴三千羽折った人、コピー用紙1396枚にラクガキした人、練習なしでマラソン完走した人

ライフハック

「自信がない」、「自分に自信が持てない」、「生きていく自信がない」というキーワードでググっている人が社会にはたくさんいます。

自信はどこから生まれるのでしょうか?

みなさんは自分は「これをやり遂げた!」と思える武勇伝はないでしょうか。

他人から見て本当に無駄と思えるよう事でも大丈夫です。

ぼくはその一見無駄と思える体験が自信の根源になるとおもっています。

 

練習なしでマラソン完走した体験。

ぼくですね、数年前なんですけどマラソンに挑戦したんですよ。

普通マラソンを走るとすると、東京マラソンとか出場する大会を設定して、練習期間も最低4、5ヶ月は設けるんです。

マラソンを走り切れるように1日10キロ〜15キロくらいみなさんランニングしてるとおもいます。

ぼくの場合は全くの練習なし。しかも大会とかではなく実家近くのマラソンコース(一周約4.4キロ)を独りで10周するというモノ。

それに付け加えて、ぼくは思いっきり喫煙者なので肺とかかなり弱い。

 そんなぼくでもいざやってみたら、歩かずに走り切れたんですよね。

時間は5時間近くかかってしまいましたが。笑 歩かなかっただけ褒めてください。

 

このマラソンに挑戦した動機は、単純に好奇心なんですよ。

「人って練習なしでもマラソンって走り切れるのかな?」という興味からやってみたんです。

すると、意外と走り切れてしまった。

しかし、マラソンを走り切れたって無駄じゃないですか。

特に誰かが徳するわけでもありません。

何も生産性なんてないし、体力と時間の無駄遣いとも思えます。

でも、いざ自分にとっては「ぼくはやり遂げた!」という自信になって残ってるんですよね。

誰かに話すワケでもないですけど、自分の記憶にだけは武勇伝として在り続ける。

ちょっと他人より無理をしたこのマラソン体験が自分への自己肯定感につながって、自信としてぼくを支える一部になってるのは間違いありません。

 

このように、ぼくのツイッターをフォローしてくださってる方にも面白い武勇伝を持ってる人々がいました。

しかも、ぼくより全然すごいです。

 

折り鶴3000羽折っちゃった人 

 入院最中に時間を持て余して、千羽鶴降り始めたら気づいたら3千羽鶴まで行ってしまったそうです。笑

この没頭感めちゃくちゃ面白いですね。

しかも、この方はもともと手先が不器用らしくコンプレックスを感じていたそうです。

それにも関わらず、いざやってみたら3千羽まで出来てしまった。本当に素晴らしい。

この方のブログで三千羽鶴の写真を載せていたので引用しますが、実際の被写体で見るとやはり迫力あります。

すげー!!f:id:dandy611:20151001232210j:plain

f:id:dandy611:20151001232228j:plain

ぼくは折り鶴を人生で10羽も折ったことありませんので、3千羽とか本当にすごいなとおもいます。

ちなみに現在は「万羽鶴」を目指してるそうなのでぜひ頑張っていただきたいです。

立派な武勇伝だ。

 

コピー用紙1396枚に落書きする人

この方も面白い。 

初めは画力向上を目指してとりあえずやってみようと初めたコピー用紙のラクガキ。

いざやってみると、あれよあれよと500枚を軽く超え、現在は1396枚までいってるとか。笑

しかし、1396枚をきっちりカウントしてるのがまた頭おかしいなとおもいます。

この方のイラストはブログpixivで見ることができます。人物イラストが多く、最近の作品には深みを感じます。回を追うごとに絵が上達している様子。

コピー用紙1000枚以上にイラスト描き続けるとか、本当に地道ですよね。

この方も5000枚コピー用紙にラクガキすることを目指してるそうなのでぜひ達成して欲しいです。

 

武勇伝は自分の中に一生残り、自分を肯定する

ぼく含めて3名の武勇伝を紹介しました。

折り鶴で3千羽折ってること、コピー用紙に1396枚ものラクガキをしたこと、マラソンを練習無しで完走したこと、どれも他人目線から見たら無駄な行為にしか見えないかもしれません。

しかし、自分の中だけではこの武勇伝は一生残り続けるし、彼らみたいな人々をぼくはカッコイイとおもいます。

 

また、この「人とは違う体験」をしたことこそが、ぼくを含めた彼らの今後の自信を支えるのだと思います。

武勇伝は他人に自慢するためのモノではありません。自分を肯定するための、自分に自信を持たせるためのモノなのです。

みなさんはそんな「自分はこれをやり遂げた!」という武勇伝はあるでしょうか。

もし、あるならそれを自信にしていいんです。ぜひ自分が行動する時の糧にしてください。

 

もし、武勇伝がない人は他人から無駄と思われることかもしれないけど、何か自分が興味あることや「やってみようかな」と思えることにとりあえず取り組んでみてください。

意外とハマって面白い武勇伝が生まれるかもしれないですよ。

ぼくの友人にはヒッチハイク100回以上やった人や渋谷でフリービンタされてみた人など面白い体験をしている人がたくさんいます。

形は何でもいいのです。

そんな一見どうでもいいような体験が、実は自信につながるんですよ。

自分だけの武勇伝を作ってみましょう。

 

わっしょい!