読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

自己啓発本ばかり読む意識高い系はミーハーである。ミーハーの強みとは?

オピニオン

ぼくは今までに300冊を軽く超える自己啓発本を読んできました。

自他共に認める意識高い系野郎なのです。

 

自己啓発本ばかり読む意識高い系はミーハーである

これ本当に自分を俯瞰して観たときにおもいます。

自己啓発本ばかり読んじゃう意識高い系はミーハーです。間違いない。

自己啓発本ってぶっちゃけ書いてある内容が切り口が違うだけで大体同じじゃないですか。それをみなさん分かってると思うんですよ。

でも、なぜか読んでしまう。

それは自己啓発本は読みやすいし、読んでて楽しいからなんですよね。

自分が今どう生きるべきかのヒントを率直に教えてくれるし、メンタルにとても優しい言葉をかけてくれます。勿論、気づきもたくさん生まれる。

そんな本ばかり読む人はやはりミーハーです。

 

なぜなら、ミーハーじゃない人は専門書をたくさん読むんですよ。

デザイナーになりたい人はデザインの本、建築家になりたい人は建築の本。当たり前ですよね。

自己啓発本読んでも絶対に専門的な技術や知識なんて得られないので。

勿論、意識高い系でも、自己啓発本ばかり読まずに専門書を読む人もいます。

が、ぼくのように専門書を全然読めず、自己啓発本が好きでそればかり読んでしまう偏った人がけっこう存在するんです。

そういった人々がミーハーということです。

 

ミーハーは悪いことじゃない。ミーハーの強みとは?

こうやって書くと自己啓発本ばかり読んでる人はさも悪そうなように書いてますが、そうではありません。

専門的な知識は多少つけた方がいいですが、徹底的に深堀する必要もありません。

ミーハーにはミーハーの強みがあるのです。

それは知識が浅いということです。

知識が浅いってどう考えても弱みじゃん!と感じる人もいるんですが、そうではないんですよ。

 

「自分は何も知らない、専門技術で突出したモノがない」ということを理由にして専門技術も持った人たちに教えを請おうと質問できるんですよ。

そこには会話が生まれ、コミュニケーションができるワケじゃないですか。

専門家であるほど、自分の仕事がどんなモノであるか語りたい人が多いのです。

うまく質問すれば、知識が浅い人にもポンポンと様々な話をしてくれます。

これによってその人との関係を築くことができます。

 

事実、ぼくは自分の知識の無さをあえて晒して、それを武器にし、たくさんの業界の方と繋がってます。

人は学ぼうという姿勢がある人に対しては「ちゃんと伝えよう」という気持ちが働きますし、その姿勢をけっこう気に入ってくれるんですよね。

ですから、ぼくは専門的な知識は全然深くないですが、たくさんの業界の知識を広く浅く知っております。

 

っで、ぼくは自分には「専門的な技術はいらない」と諦めていて、そういった専門家の人たちと繋がることで自分ができないことや知らないことはその人たちに力を貸して頂こうとおもってます。

ぼくは最近、ファッションに強い関心がありまして、ファッション業界の方にいろいろ知識を教えてもらってます。

また、近日に自分のプロフィール写真を一枚撮ろうと思いついて、その写真も芸能人や有名IT上場企業で写真を撮ってるプロカメラマンさんに撮ってもらう予定です。

こんな具合に今まで培ってきた人間関係から専門家の力を借りております。

 

専門的でないことに卑屈になることはない

ぼくは今まで自分に専門的な技術や知識が無いことにコンプレックスを感じていたんですね。

歌を唄えたり、絵を描けたり、プログラミングできる人たちを見てずっと羨ましくおもってました。

しかし、ある時に気付いたんです。

「自分に専門性が無いなら、出来る人に力を貸してもらえばいいじゃん。」と。

自分の才能の無さを受け止めることで、「他力本願スタイル」という戦術を取るキッカケになったのです。

聞こえは悪いですが、そっちの方がお互い仕事が絡んで付き合えるので刺激的ですしね。

 

意識高い系はコミュニケーション能力で生きていける

自己啓発本ばかり読んでしまってる意識高い系は自分のミーハーさを認めて、どんどん専門的な人たちとつながったらいいですよ。

意識高い系の素晴らしい所は「目標が高く、コミュニーケーション能力も異様に優れている所」です。

このコミュニケーション能力は自己啓発本ばかり読んできたからこそ、培った一つの才能です。

彼らに人生や哲学といったどんな人にも共通する普遍的なコンテンツを話させたら右に出る者はいません。

実際、ぼくはそこを武器にして、たくさんの皆さんに「気に入ってもらえたおかげ」で今まで生きて来れました。

ミーハーにとってコミュニケーション能力こそが才能であり、生き残るための戦略なのです。

 

意識高い系は確かにミーハーでバカにされる対象ですが、全然悪いワケではないのです。

意識高い系の皆さんはこれからもどんどん自己啓発本ばかり読んで行きましょう。

そして、コミュニケーション能力を培って専門的な人たちと繋がり、面白いことをやって行きましょう

ぼくもそうして行きます。

 

最後に、ぼくが一押しの自己啓発本がこれ。

為末さんの文章はマジでハンパないですよ。

ふとした呟きも気づきが多すぎるのでツイッターでもフォローおすすめです。

 

 

わっしょい!