読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

付き合いの飲み会に参加しなくなった人が続出中。付き合いはお金、時間、体力を消耗させるモノでしかない。

オピニオン ライフハック

f:id:dandy611:20160129230452j:plain

最近、友人、知人たちと話していてドンドン周りが変化していることに気づきました。

 

付き合いの飲み会にみなさん参加しなくなってきているんですよ。

ぼく自身は付き合いの飲み会に関して害悪でしかないと思ってるのでずっと参加してないのですが、毎日のように飲み歩いていたような意外な人まで「もう付き合いの飲みには行かない」と言っていて驚きました。

 

こんな話を頻繁に聞くようになって、ぼくはうれしい限りでございます。

みなさんはどうでしょう?

まだ昔からの友達や会社の同僚、上司の付き合いに縛られたりしてませんか?

 

付き合いはお金、時間、体力を同時に消耗させる

ぼくはブログでも何度も伝えてますが、本当に付き合いの飲み会というのは不毛でしかないのです。

 

特に用事があるわけでもないのに、どうしてそんなにしょっちゅう会って飲まないといけないのでしょう。

付き合いの飲み会に参加してる人たちって「昔から親しい人だから」とか 、「会社の上司、同僚だし断れない」というのを理由に渋々参加してしまってると思うんですよ。

そして、特に何か気づきや得たモノも無く、毎回同じような話題ばかりを繰り返し、お金、時間、体力まで消耗させてしまってるんです。

 

その人たちの本音は「参加したくない」だとおもうんですよ。

でも、それがもはや当たり前になってしまったから抜け出せない。

抜け出して相手に白い目で見られるのが恐い。

こんな事態に陥ってる人多くないですか?

  

メリットがあるから直接会う価値がある

ネットが発展したことで近況報告などの理由でわざわざ会う必要なんてもう無いのです。

そんなことはFacebook、インスタグラムで十分分かるじゃないですか。

もしくはスカイプでテレビ通話すればいいとおもうんですよ。

 

ぼくは人と人が直接会う意味って本当に少なくなってきたなと感じてます。

それでもし直接会うとすれば、それは会うことでお互いにメリットがあるからだとおもうんですよ。

ぼくはよく相談事を受けるんですが、その場合は会って話し合うようにしています。

主に人生相談かブログ関連ですね。

 

それで相手にぼくの経験やアイデア、相手の特徴と相性の良さそうな情報をできるだけ提供するように心がけています。

相手はぼくの持ってる情報をメリットに感じてくれているし、ぼくは相手に情報を与えることで自分自身に気づきが生まれたり、したたかな話ですが、相手に恩を売ってぼくに何かあった時のリスクヘッジになるように考えていますね。

 

ぼくが生きていくのに困った時に「米くださーい!野菜くださーい!肉食いたーい!」と叫んだら、けっこうたくさんの人が食料を送ってきてくれるかもと思ったりしております。笑

あと、相談を引き受けると多くの皆さんが飲み代もご馳走してくれています。

この場を借りて、本当にありがとうございます。

 

ぼくの尊敬してる起業家が口を酸っぱくして言う事があります。

「人は根底では誰もがメリットを求めている」。

ぼくは本当にこの言葉に共感します。

 

理由や目的も無く人と会うなんて、それは時間、お金、体力の無駄遣いでしかありません。

そして、それは自分を安く売りすぎだとおもうんですよ。

お互いにメリットがあるからこそ人と人は会う価値があるし、そんな場には「何かを提供しよう」という緊張感も生まれていつも刺激的で楽しいんですよね。

 

会って面白くない人たちとの付き合いは断ろう。

時間もお金も体力だって全ては有限です。無限なモノなどこの社会に存在しません。

上記の3つをどう自分で使っていくかで、仕事の結果も人生の充実感も決まってくるのです。

「この人と会うといつも刺激をもらえる」、「良質な情報を常に提供してくれる」というメリットを感じる人にお金も時間も体力も使えば、きっとあなたの人生は大きく変化するはずです。

 

自分が会って飲んでいて面白くない人や刺激的でない人との付き合いはキッパリと断りましょう。

自分に確かな価値を提供してくれる人って少数なんです。また、それ以外の人たちっていうのは特に付き合う必要もない人たちなんですよ。

 

ぼくは自分にメリットがあると思える人としか付き合わないようにしてますし、そういった人たちとしか飲みにも行きません。ここは徹底してますね。

そのお陰で人間関係におけるストレスは極端に少ないのです。

 

自分の周りで余計な付き合いを断る人が多くなってぼくは本当に嬉しくおもいます。

このブログを読んでるあなたも是非、余計な付き合いから脱却しましょう。

 

幸せの形が多様化してる時代ですが、ぼくは幸せは「どんな人と付き合うか」だと思ってます。

ぼくは幸運なことに優秀な人たちと関わらせてもらってるので、本当に幸せですね。

人と会う時はたくさん笑ってるし、何か新しい気づきや課題をいただいてます。

本当にありがたいことです。

 

付き合う人は選びましょう。

人と人を差別するのは良くないですが、「人を区別すること」はやるべきことです。

あなたの人生を面白くするためには、まずはあなたから始めるしかないんですから。

一定の人に嫌われる勇気を持ってください。

 

ぼくは知人、友人にさえもけっこう嫌われてますが、それは仕方ないとおもってます。

それに、人に嫌われても「ぼくの人生は楽しいです。」と胸張って言えますよ。

 

わっしょい!