読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

童顔コンプレックスがダサいと思ったので、ヒゲ全剃りして潔く童顔を肯定していくことにする。

オピニオン 東京移住生活

ぼく本当に童顔なんですよ。

そして、その童顔がコンプレックスで仕方なかったんです。

 

お酒買う時に年確される。大学生に間違われる

忘れもしない3年前、ぼくはお酒を買いに自宅近くのコンビニに行きました。

いつも行くコンビニではなくちょっと距離のあるコンビニで、ちなみにミニストップです。

そこでお酒を持って会計をしようとした所、外国人の店員さん(女性)に止められたのです。

 

「おニイさん、ミブンショ見せて。」

 

とても片言の日本語でした。

ぼくは当時27歳だったんですが、お酒買うのに年齢確認をされてしまったワケです。

お恥ずかしい。

とは言っても、実は今までも年齢確認に何度もあっていたので「またか」と思うだけで素直に身分証明書を差し出しました。

しかし、なぜかこの外国人の店員さんはぼくの生年月日を見ても納得せず、

「これホントウにホンモノ?」

っと、ぼくの身分証明書が偽造なんじゃないかと疑ってきたのです。

 

「本物です。」と言い切っても「いやーホントかなー?」と怪しみます。

「オイオイオイ、ぼくってどんだけ若いと思われてるんだよ。しかも犯罪者扱いかよ!」っとこの時は驚きましたね。

結局、5分くらいなぜか外国人店員さんと「アンタ、本当にワカく見えるよ。コドモみたいだよ。」と片言日本語の童顔談義をしました。無事お酒は買えたんですが、本当に自分の童顔を恨みましたね。

 

また、一昨年前。28歳の時だったんですが、学生の友人と一緒にいた時のことです。

何をしてたか忘れましたが、途中で友人の友達が合流することになったんです。

その方とは初対面だったんですが、会った直後に言われたのが、「はじめまして。〇〇です。っで自分、何大学行ってるん?」だったのです。

 

ちょと待てちょと待て!!オレ28(歳)!!!!

まぁー、学生と一緒にいたので仕方ないかもしれないですが。さすがに28歳にして大学生と間違われるとは思いませんでしたね。笑

 

と、こんな感じでぼくはアラサーにも関わらず、学生に見られるほど童顔なのでずっとヒゲを伸ばして自分を大人っぽく見せようとしてたワケです。

 しかし、どうにもこの童顔というコンプレックスと向き合ってる気がしなかったのです。特に理由もないんですけど、いつも自分の中でモヤッとするワケですよ。

 

ですから今日、今まで伸ばし続けたヒゲを全剃りしました。 f:id:dandy611:20160119204705j:image

 

どん!

f:id:dandy611:20160119204825j:image

見事にツルリン、です。

これで何か変わるのか?いえ特に何も変わらないかもしれません。

ぼくはこの行為に特に意味など感じてません。

 

ですが、ですがね。。。

 

1月なので、「何かをやってみること」を大切にする

ぼくは、はあちゅうさんと村上萌さんがプロデュースしてる「週末野心手帳」を使ってるんです。

その週末野心手帳には月毎にテーマがありまして、1月は以下のようにかかれています。

新年ですね、そう、新年ですよ。

他のどんな月よりも、「新しい自分」になりたいと思う人が多い時なのではないでしょうか。暦という概念が誕生したのは大昔のことですが、こんなにいいきっかけを逃すなんてもったいない!

気づけば携帯のメモに溜まったままになっている「やりたいこと」や「食べたいもの」。

いつかと思っていることは自分がその気になれば、たいてい次の週末にはできちゃうようなことばかりなのです。

(中略)今より、自分を好きでいるためにも、まずは気になること書き出して、はじめてみることから。

よい一年になりますように。

 

この週末野心手帳の項目を読んで思いました。 

今より自分を好きでいるためにまずは気になることを「やってみる」ことだぞって。

どんな小さなことでもモヤモヤしてることでも、まずやってみてタスクをこなすことが大事だなと。

 

というワケで、ぼくは童顔コンプレックスを受け入れることにしました。

その為に今まで蓄えたヒゲを全剃りし、見事に童顔を「丸出し」にしていこうと決めたのです。

 

そして、ぼくは童顔を全肯定します。「童顔最高!」だと自分に言い聞かし続けます。

童顔をコンプレックスにするのではなく、「童顔を武器にする」。

童顔の、童顔による、童顔だから出来ることをして、社会に貢献しようと思います。

 

まだ何ができるか分からないないけど、その内、見えてくるでしょう、童顔によって切り拓かれる道が。

とりあえず、ヒゲがあった時と違って清潔感は印象付けられるので、それは良いところだとおもってます。

 

ちなみに以前、友人に言われました。

「若く見えるってイイコトだよ。だってSMAPとか40歳過ぎてるけど、スゲー若いじゃん。年を取って若いってやっぱりカッコイイんだよ。」

確かにSMAPの中居さんとか今見ても30歳前半くらいに見えますもんね。

ぼくも40歳になってもそれくらい若くみられるようになりたいと思っています。

 

さぁーみなさん、1月ももう中盤を過ぎました。

何か始めてみましたか?

1年はあっという間です。今の自分よりもっと自分を好きでいるために、何か小さなことでもやってみましょう。

 とりあえず、ぼくは童顔コンプレックスから逸脱しようとしております。

これも一つの「やってみる」なのです。

 

みなさんにもぼくのように周りからしてみればクダらないことかもしれないけど、自分にとっては物凄くやりたいことやモヤモヤしてることがあるはずです。

気になってる飲食店に行ってみる、気になってる本を買う、気になってる人に連絡してみる。

そんな感じで何かあるはずです。それをぜひ実行してみてください。

1月に何かを始められれば勢いがついて、あなたの想像以上に良い1年になりますよ。

 

ちなみにぼくの使ってる週末野心手帳はあなたの「やってみたい」を叶えるためにとても役立つツールです。

はあちゅうさん、村上萌さんのメッセージがとても勉強になるし、様々な記入枠があって「手帳を書くのが楽しくなる」作りになってるんですよ。

 

今年の手帳がまだ決まってない方はぜひ使ってみてください。

ぼくは12月から使ってますが、とても使い心地が良くて買ってよかったです。

  

さぁー、1月も中盤です。ここから小さなチャレンジを積み重ねてみましょう。

 

わっしょい!