読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

根性論が否定されている現代だけど、根性ないと結果なんて出ない。

オピニオン ライフハック

根性論をぼくはずっと否定していました。

 

「自分の好きなことをやろう」、「息をするように自分が勝手に手をつけてしまうようなことをやってみよう」とよく言われます。

ぼくはこの考え方が好きですし、自分がやってて嫌なことなんてしたくないので大共感です。

 

ただね、ぼくはブロガーとして活動しててブロガーの知り合いもブログ始めた当初から格段に増えました。

みなさん「ブログが好き」と口を揃えて言ってます。その言葉に嘘はないとおもいます。

しかし、そんなブログが好きと言ってるブロガーたちでも結果を出す人と出してない人に別れていってます。

みんなブログが好きでやってるのに、どうしてこんな違いが生まれるのでしょうか?

 

根性があって粘れる人が結果を出す

結論を言ってしまうと、やっぱり根性ある人がドンドン結果を出してます。

ブログで稼ぎたいと明確な目的を持って、それに対して根気強く挑めてる人は遅かれ早かれ伸びてるという印象ですね。

それはブログのサイトデザインからも伝わってきます。

ブログで結果出してる人はサイトデザインも定期的に変化してますね。

大幅なリニューアルをしている人もいますし、見た目では分かりづらい細かい部分を変更している人もいます。

「どうやったら読者に気持ち良く、たくさんの記事を読んでもらえるか?」を試行錯誤している感じがブログサイトを見ていても伝わるのです。

 

こういった行動にはやはり根気が必要ですから、これって言い換えれば「根性」とも言えるんですよね。

根性という表現に嫌悪感を感じてしまう人は「粘り」と言ってもいいでしょう。

 

また、どんな仕事でも「継続」できないと何も結果なんて得らません。

何か副業でも始めた時に、はじめの2か月、3か月続いても半年続けるとなったら途端に継続できてる人が減ってきます。

1年だともっと減ります。

3年となるとほとんどの人が継続できていません。

人生色々あります。傷つく出来事があったり、単に面倒くさくなったりして、継続を止めた瞬間に糸が切れたようにやらなくなってしまう。そんなことってよくあります。

ぼくも飽き性なので今まで何度もそれを経験してます。

 ですが、結果を出す人はそこでも粘って続けます。もしくは一度止めてしまっても短期間で帰ってきます。

 

普段続けていることを放棄したくなる時に、それを続けること。by イチロー

f:id:dandy611:20160110193605j:plain

出典:http://www.tsp21.com/

 

大リーグのイチローが以前インタビューで素晴らしいことを言ってました。

精神状態が不安定だったことは間違いなく存在した。

気持ちがそういう状態の時は、普段続けていることを放棄したくなる。

試合前のストレッチだったり今までしてきた準備を何となくやりたくない瞬間が現れる。

しかし、それをすると、ぼくを支えてきたぼくが崩壊してしまう。

だから、そこだけは続けた。

それを放棄すると今までやってきた自分さえ、ぼく自身が否定しなくてはいけなくなる。

そして、ぼくのことを真面目に見てきてくれた人たちの想いを完全に踏みにじることになる。

それは(周りに)見えていないが、ぼくの中でそうなる。

だから、そこだけはがんばった。これは努力といえるとおもう。

イチローでさえ、精神的に不安定になることがあります。

そこを粘って続けたからこそ、今のイチローの姿が在るのです。

普段続けていることを放棄したくなる時に、それをどうにかやり遂げるにはやはり「根性」が発揮されてるとおもうんですよね。

もうそこは精神論ですよ。

 

根性論や努力論が否定されてますけど、結果を出すにはやっぱり精神的な粘りが必要不可欠です。

そこから目を背けてはいけないとおもいます。

根性を持って腰を据えて取り組んでい聴くことが大切です。

 

最後にこれまた世の中で否定されまくってる言葉で締めくくりたいとおもいます。

 

結果出したいなら「がんばれ。」

 

わっしょい!