読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

電話の声がうるさくて仕事を即クビになった過去。自分の無力さを知ることが成長の最大のキッカケになる

オピニオン 社会問題

昔、仕事を突然クビになったんですよ。

 

電話の声がうるさくて仕事を即クビになる

当時のぼくは販売系の仕事をしていたんですが、仕事ではそれなりの業績を出していたんです。

ぶっちゃけ、ランキングではずっとトップクラスでした。

職場は「業績を出せ」、「とにかく売れ」、「結果が全てだ」と朝礼で散々言われ続けるような所でした。

本当にプレッシャーが強かったので、毎日必死になって商品を売りまくりましたね。

ぼくはその会社のことがあんまり好きじゃなかったです。

ただ、仕事に関しては会社にちゃんと貢献したかったのでこなしてたんです。

 

しかし、ある日の休憩中に電話をしていた時、その場面を偉い人にたまたま見られていて、「電話の声がうるさかった」という理由だけで即クビになってしまったんです。

ぼくがマナー違反を侵してたのでキツく怒られるなら分かります。

でも、いきなりクビはありえないだろうとおもうワケですよ。

 

ぼくは業績も出して会社に貢献していた自負があるので、どうしてこんな理不尽な理由でクビにされないといけないんだと激しく憤りました。

 

ショックで貯金を全部使い果たす

そして、時間が経てば経つほど虚しくなって、その会社の仕事で貯めたお金さえも汚くおもえてしまいました。

結果、クビになってからの一ヶ月間で貯めた貯金を全て使い果たしたのです。

使ったのは主に飲み代で朝から晩までお酒を飲みまくり、文字通りの「飲んだくれ」になってましたね。

 

無力さを知った時が人が成長する最大のキッカケ

ぼくは会社をクビになった時も、お金がスッカラカンになった時も自分の無力さを嫌という程思い知りました。

そして、人を悲しませるような理不尽なこの社会を強烈に憎むようになりました。

今でもぼくは社会に対しての怒りがずっとあります。

ぼくのブログは人の生き方や今の社会の在り方に対して訴えるような記事が多いですが、それはこの時の体験が強く影響しているんです。

 

会社を即クビになったことは本当に苦しい体験でしたが、それが今の自分をつくっているともいえます。

あの理不尽な体験があったからこそ、人間として一回り成長できたんです。

そして、社会ではぼくのように理不尽な目にあってる人がたくさんいますが、その人たちの虚しさに共感できるようになって、他人への優しさが身につきましたね。

 

本当に悔しくて自分の無力さを感じる時が、人を成長させる最大のキッカケなんです。

そして、自分の無力さを知っている人は優しいです。

 

ぼくは今でも頻繁に自分の無力さを感じています。

みなさんも自分の無力さを強烈に感じる場面があるとおもいます。

その無力さが感じることがあなたをより強くするんですよ。

これは間違いありません。

 

わっしょい!