読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

大人になるとスクールカーストなんて関係ないんだからな!大事なのは「価値」だから。

オピニオン 社会問題

f:id:dandy611:20151215192856j:plain

大学生のブログを読むとスクールカーストのランクがどうだこうだ的な記事をちょいちょい見かけます。

ぶっちゃけ、大人になるとですね、小、中、高、大学で「自分がクラスでどんな存在だったか」なんて全く関係ないんですよ。

ぼくは今年29歳ですけど、ずっとそうおもってます。

 

小、中学校友達いませんでした

自慢にもならないですけど、ぼく小学校、中学校時代は友達いませんでした。

スクールカーストなら底辺ですよね。

ですから成人式にも出てないし、中学の同窓会にも一切出席してません。

 

そうだ、小学校の社会の時間にグループ作って、調べ物して「発表会」するみたいな授業ありましたよね?

あれ、ぼく一人でやってましたからね。

自分で全部調べて、一人で皆の前でプレゼンしてました。

なぜか?

ぼくはコミュ障で、グループ分けする時に誰ともグループを組めなくて「残り物扱い」されるのが嫌だったんですよ。

 

だったら最初から一人になった方がいいじゃないですか。

ですから、はじめから手を上げて「ぼくは一人でやります!」って言ってたんです。

当時の先生はそんなぼくの行動を見て「一人でできるなんてエライ!スゴい!」と褒めてくれてそれは嬉しかったです。

だけど、一人でやったほうがぼくにとっては傷つかないし、まだマシかなとおもってただけなんですよね。

とはいえ、そのおかげで人前で話すのはそんなに苦にならない性分になったので、それは良かったことです。

 

中学校の時も、相変わらず全然友達がいなかったです。

休み時間とか嫌だったなー。苦行ですよ。

ぼくは部活で陸上部に所属してて強豪校だったから練習もキツかったんですけど、部活の方が全然楽しかったです。

学校生活に比べれば本当に良かった。

ですから、友達いない孤独とかを全部部活にぶつけてるような所もありましたね。

早く部活の時間にならないかなーなんていつも考えてました。

 

高校生になって昔の自分とオサラバしようと思って高校デビューに成功しました。

それなりに友達もできたし、ちょっとだけ目立つキャラにもなりましたけど。

だからといって、自分が偉いとかスゴくなったとかおもいませんね。

 

社会に出れば「価値ある人間」しか相手にされない

社会に出ると過去の自分を知ってる人と仕事することなんてほとんどありません。

そして、仕事では常にあなたが「どんな能力があるのか?どんなメリットを社会や会社にもたらしてくれるのか?」が問われます。

学校時代に目立ってた、クラスでリーダー的存在だったなんて「はっ?それ利益になるんですか?」って話なのです。

逆に、あなたが学校時代にクラスで誰にも相手にされなかった、友達が一人もいなかったなんて、そんなことどうでもいいのです。

 

ぼくは今、ブロガーとしてフリーで活動してますけど、出会ってきた人たちの学校時代がどうだったかなんて全く気にしません。

大事なのは、今のあなたが「価値ある人間なのかどうか」ということです。

社会に出れば、価値のない人間なんて誰も相手にしてくれません。

学校時代のことなんて遠い過去で、無かった話に等しいです。

 

よって、スクールカーストがどうとか気にしてる学生、ないし尾を引きずってる社会人は、「そんなこと気にしても自分の将来の役に全く立たない。」ということを知りましょう。

それよりも、あなたの「能力」を磨いてください。

コミュニケーション能力、プログラミング力、文章力、情報発信力、SNSの影響力、語学力、数学の知識、物理学の知識、様々な能力を磨けるはずです。

それらで自分の得意そうなモノを「武器」にして、社会、会社に貢献するんです。

 

友達は少なくていい。価値ある人間に人は集まる

学校時代に友達なんてぶっちゃけいなくていいです。少なくて全然いい。

社会に出れば、価値ある人間に人は集まってくるので、そこで良き友人に出会えます。

実際、ぼくも学校時代よりも社会に出て出会えた友人の方が圧倒的に多いですね。

 

というわけで、スクールカーストなんて学校時代の暇な人々が作ったくだらないランク制度ですから、全く気にしなくていいのですよ。

それより能力磨いて、価値ある人間になりましょう。

 

わっしょい!