読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

渋谷東急百貨店の販売員さんがメッチャ良い人だった話。

オピニオン

f:id:dandy611:20150919122024j:plain

この前、東京に行った時嬉しいことがあったんですよ。

 

ぼくは東京にA子さんというアイドルがいるんです。A子さんは全く芸能人ではなく、一般の女性なんですけど、ぼくは彼女に「毎月プレゼントを贈る」という頭のおかしい活動をしております。

参考記事:最近ハマっていることは「アイドルにプレゼントを贈ること」です。 - 未来は変えられるの?

 

っで、ぼくは石川県在住なのでいつもはネットでA子さんの喜びそうな物を検索しまくり、そこからイイとおもった物を購入して彼女に配送していたのです。

 

しかし、今回はせっかく東京に行くので当然A子さんに「直接プレゼントを渡したい」とおもったんですね。

ですから、渋谷の東急百貨店にプレゼントを探しに行ったんですよ。

A子さんは保湿クリームにニーズがあったのですが、ぼくは女性用の美容ケア製品には全く疎いのでどれを選べばいいのかチンプンカンプンなワケです。

 

ところが、たまたま覗いてみたお店の女性販売員さんがもうメッチャ良い人だったんですね。

商品を一個一個丁寧に説明してくれて、実際商品を試させてくれたり、何よりぼくと一緒になってスッゴく悩んでくれたんですよ。

ぼくがA子さんがどんな感じの人であるか出来る限り説明して商品もある程度絞ってもらったんですが、それでも「これが喜んでもらえますかねー。うーん。でもアッチも捨てがたいなー」的にチョー悩んでくれて。

ぼくは販売員経験もあるんですが、こんなに一緒に悩んでくれる人ナカナカいないと感じたんですよ。

 

販売員は1日1日に売り上げノルマがあったりするので、やっぱり時間効率を考えるワケですよ。

特に時期はハロウィンだったし、イベントの日には比較的購買意欲が高いお客も多いわけで、あんまり時間をかけちゃうと売り上げに響いてきます。

しかし、この販売員さんからはそんな気配を微塵も感じませんでした。

ぼくの目線に立って時間をかけて考えてくれましたね。

こんな接客されたら誰でも嬉しくなっちゃいますよ。

 

っで、販売員さんのお陰で無事納得のいくプレゼントも選べまして、A子さんに渡すことができました。

ぼくはその時にA子さんに「販売員さんが本当に良い人だったんです。このプレゼントが選べたのも販売員さんのお陰なんですよ」とおもわず説明しましたもん。

A子さんも無事喜んでくれました。彼女が喜んでくれたことがあの販売員さんのお陰で一層嬉しくなりましたね。

 

それから1週間ほど時間が経つんですが、今だに「あの販売員さん良い人だったなー」と思い出しちゃうくらいなんですよ。

プレゼントって「思い出」だってよくいいますけど、プレゼントを買う時にもストーリーが生まれると本当に嬉しいですよね。

いつもはネットで全部完結させていたので、こうやって販売員さんを通してプレゼント買うのも本当に気持ちがいいなと感じました。

 

場合によるかもしれないけど、販売員としてカスタマー(お客)の目線に立ってカスタマーと一緒に悩むというのはそれだけでサービスだと感じましたね。

イイ商品なんてたくさんあるワケで、その中でも最善のプレゼントを選ぶのが難しい。

やっぱりソコにはある程度の時間と一緒になって悩むことが必要になります。

その中から「コレだ!」という製品を選択することでカスタマーも納得できるし、その過程が全てストーリーに転化し、思い出にまで昇華するのでしょう。

 

しかし、あの販売員さんマジで良い人だったなー。

この経験は思い出として忘れないですね。

 

わっしょい!