読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

ブロガーは社会の底辺なのか?これからの時代は遊びのようなことが仕事になる。

社会問題 オピニオン ブログ論

f:id:dandy611:20150822123052j:plain

「ブロガーは底辺だ」というコメントをもらいました。

 

ブロガーは上位とも中位ともおもわないけれど、社会の底辺と位置付けるのは少々酷だなとぼくはおもいます。

ブロガーは日々自分が感じることをツラツラとかいていく作業ですから、ただの遊びだと勘違いされるのは事実としてあります。

ただね、こうやってブログを8ヶ月以上続けてくるとこんなぼくのブログでも色んな反応がもらえるんですよ。

つい最近でも、ぼくのブログの記事読んだ人が「今のわたしにピッタリな記事で何だか救われました」と連絡をわざわざ送ってきてくれました。

ぼくは自分のおもうことを率直にかき連ねているにすぎないのですが、読者からそんな連絡をわざわざ送ってきてくれることに自分の存在意義を感じています。

 

そういえば、ひと昔前までインターネットだって「社会の底辺」的な扱いを受けていましたよね。

「インターネットはオタクの人間がすることだ」、「ネットの情報は怪しい、信用できない」と罵られ、まるで迫害されているような扱いを受けていました。

しかし、今ではもうインターネットをしないことの方が問題だといわれるくらいネットが社会に普及しています。

ここ数年ではプロゲーマーという職業の人も出てきています。

代表格といえばやはりウメハラダイゴさんです。

ウメハラさんの著書「勝ち続ける意志力」を読んでもゲームにハマること自体が「社会の底辺扱い」されていることが伺えます。

ゲームに関しては今でも「ゲームばかりしても意味がない、暇人がやることだ」という風潮が強いとおもいますが、ぼくはどんな分野でものめり込めることを見つけた人は素晴らしいし、やり込むべきだと感じています。

 

これからの時代は遊びと仕事の垣根がなくなります。

自分の芸を持っていることが武器になり、それが一つの仕事に十分なりえます。

自分が好きであれば分野は関係ないのです。

ブロガーにしてもプロゲーマーにしてもまだまだ新しい職業なので、理解できる人は少ないかもしれないですが、それをやり続けていくことで周囲に勇気付けられる人が確実にいます。

 

仕事は「問題解決」です。

ブログをかくことで誰かの悩みが解消されれば、それは仕事です。

ゲームで誰かの心を熱狂させ元気づけれれば、それは仕事です。

 

何かにのめり込んで継続していけば、必ず誰かがあなたを見ています。

たとえ、底辺呼ばわりされてもそれに屈せず自分のやるべきことに励みつづければ、あなたの生き様がたくさんの人を勇気づけるのです。

ブロガーを社会の底辺だとぼくはおもわないけれど、そうおもっている人がいることを受け止めて、更にブログを続けていこうとおもえました。

 

「ブロガーが仕事だ」と認めてもらえる寛容な社会になったらいいなとおもいますし、そうしていきたいですね。

 

わっしょい!