読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

ぼくがイケダハヤト氏を「ヨイショ」してるとかマジで笑えるwwwwww

オピニオン

毎回、変な言及をされるので久々に答えます。

 

今回はイケダハヤトさんにぼくが「ヨイショ」しているという疑惑について。

 

コレの場合はイケダさんからパクリました、なんてゲロってるわけだけど、あ、イケダ師匠によいしょしてるなって感じが輪をかけて下衆い。

 

引用元:パクリ記事を一つ見つけたら、その人は必ずたくさんの記事をパクっています。 - friedhead's

 

 

ちなみに記事の内容は、ぼくがイケダさんの記事をパクってるという内容なんですが、これに関しては、ぼくはイケダさんの意見に大共感して記事をかいています。

それで自分の「ブログのコメント欄」についての体験を述べたいとおもってかいただけなので大筋の意見はイケダさんと一緒でして、何がパクリなんですか?という感じです。

この方とは価値観が違うんだろうなとおもってます。

 

 そんなことよりも、イケダさんに「ヨイショ」してるってことにぼくは反応しました。

 

ぼくはイケダさんのことをリスペクトしてます。

これはぼくの周囲にいる知人はほとんどの人が知ってる話です。ブログの話になればイケダさんの話を頻繁に出しますし。

 

しかし、ぼくはイケダさんに依存してません。

なんていうか、ぼくはイケダさんに関心があるというよりは、イケダさんの生き方に関心があるんですよ。

どうしてアソコまで周囲を煽れるのか、なぜあんなにも人から嫌われることを恐れないのか、最近なんて「いつか道端で見知らぬ人に殴られたい」とか発言してましたからね。この人は狂人だなっとおもったワケですよ。

 

ブロガーの中には「最近のイケダさんが好きになれない」とか「おかしい」といってる人も多いんですけど、ぼくはいつもイケダさんの記事を読んで「オモロイ!ヤバい!」とキャッキャしながら読んでます。

 

人間はただ生きてるだけだったら退屈なだけなんですよ。

社会にはイケダさんのような一種のエンターテイメントのように問題提起してくれる人が必要なんです。

イケダさんのように前のめりで社会に発言してるブロガーはほとんどいないじゃないですか。

ぼくが何でそうおもえるかというととてもシンプルで、LINEの田端さんの言葉を借りると、「I love him」なワケですよ。

 

脱線したので、話を「ヨイショ」に戻すと、ぼくは誰かに依存しようとした時点で自分の進化が止まるとおもってます。

言及者さんは、「イケダ師匠」といってますが、たしかにぼくがブログをはじめた理由としてイケダさんの存在は大きいです。

しかし、イケダさんを師とはおもってません。ぼくはぼくなんです。

イチブロガーとしてはイケダさんと対等だとおもってるし、ライバルだとおもってます。

 

イケダさんは現在、「ブログ書生」を雇用していますが、その書生のみなさんにも自分を師匠として扱うようなマネジメントはしてないはずです。

イチ人間対人間としての関係を築いてるとおもいます。

 

なぜなら、イケダさんは依存する人を嫌い、「イケダハヤトという人間」に関心がない、興味がない人と付き合いたいとおもってるからです。

参考記事としてこちら。 

イケダさんの「こんな人と仲良くなりたい」

・自分以外の他人に対して基本的に無関心な人
・何かを徹底的に極めている/極めようとしている人
・怒らないで、諦めることができる人
・さっさと環境を変えられる人
・なんか痛々しさがある人
・ネガティブな部分までさらけ出せる人

 

引用元:ぼくが絶対に友だちになりたくないのは、こんな人 : まだ東京で消耗してるの?

 

 

ぼく自身もイケダさんという人間には特に関心はありません。

ただ、イケダハヤトという人の「生き方」が面白くて注目してるだけなのです。

ですから、変に仲良くなろうとおもわないんですよね。

自分が面白い!と強く反応した時にはこうやってイケダさんの記事を言及したりしますけどね。

 

よって、「ヨイショ」なんて気持ちは微塵もないのですよ。

ぼくのイケダさんへの言及記事を読んで「ヨイショ」とかおもってる人は言い方がとても悪いですけど、レベル低すぎます。

 

ぼくは自分が「価値がある」とおもった情報だけを言及して、こうやってブログ記事にしてみなさんに発信してます。

ぼくはブログの記事一つ一つが作品だとおもってるし、PV狙いだけの記事はかこうとおもわないんです。

ですから、イケダさんの力を借りようという気持ちがそもそもありません。

時々、拡散してくださることには本当にありがたいなとおもってますけどね。

 

影響力のある人に「ヨイショ」したら気に入られるのかもしれないですけど、その人が離れてしまったらあなたには何も残りません。

ヨイショなんてする必要ないんですよ。

それよりも自分のパワーでインフルエンサー(影響力者)に認められましょう。

 

ぼくは自分が良いとおもったことを誰かに伝えたくて、それをブログにして発信してるだけです。

今後もそんなスタイルでやってきます。

それを「他人へのヨイショ!」とかいってる人はさっさと自分の生きてる環境を変えて、価値観を変動させた方がいいかとおもいます。

 

わっしょい!