読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

LINE田端氏も勧めるストレングス・ファインダー。自分の強みを理解するツールとして実に優秀。

ライフハック オススメ本

ぼくのブログでも何度も一押ししているストレングス・ファインダー。

 

LINE田端氏もオススメ。ビビるくらい当たります

 LINE上級執行役員である田端信太郎氏も勧めていました。

 

f:id:dandy611:20151005202555p:plain

 

かつて勝間和代さんも、オススメしていたのですが、このストレングス・ファインダーは2000円もいらず、自分の強みを意識する診断ツールとして実に優秀なので、興味があれば、皆さんもぜひ、受けてみてください。

個人としてだけでなく、会社の組織全体やチーム全体で受けてみて、お互いにコメントしあうのも良いと思います。 

 

本当にこのストレングス・ファインダービビるくらいに当たるんですよ。

田端さんのいうように個人だけでなく、会社のチーム内でお互いの強みを共有するのはとても生産的ですね。

相手の強み、特徴を理解することで、チームのメンバー一人一人とどうコミュニケーションを取っていくか見えてくるのでチームの活性化に大いに役立つでしょう。

また、適切な人員配置、チーム編成の面でも活躍しそうです。

 

ちなみに田端さんは田端ゼミのメンバー全員に配ったそうです。

ストレングスファインダーは2000円かからずに自分の5つの強みを具体的且つ、的確に教えてくれます。

法人のみなさんも田端さんの真似をしてチーム全体に配布してみるといいですよ。

勉強会を企画してメンバー全員を一気に診断し、議論するのがよろしいとおもいます。

診断時間も30分〜40分ほどで終わります。

 

ぼくの一番の強みは戦略性でした

ちなみにぼくの5つの強みは、強いモノから順に、戦略性、学習欲、着想、最上志向、共感性でした。

 

イメージが付きやすいように一番強い戦略性を紹介します。

戦略性という資質によって、あなたはいろいろなものが乱雑にある中から、最終の目的に合った最善の道筋を発見することができます。これは学習できるスキルではありません。これは特異な考え方であり、物事に対する特殊な見方です。他の人には単に複雑さとしか見えない時でも、あなたにはこの資質によってパターンが見えます。これらを意識して、あなたはあらゆる選択肢のシナリオの最後まで想像し、常に「こうなったらどうなる? では、こうなったらどうなる?」と自問します。このような繰り返しによって、先を読むことができるのです。そして、あなたは起こる可能性のある障害の危険性を正確に予測することができます。それぞれの道筋の先にある状況が解かることで、あなたは道筋を選び始めます。行き止まりの道をあなたは切り捨てます。まともに抵抗を受ける道を排除します。混乱に巻き込まれる道を捨て去ります。そして、選ばれた道――すなわちあなたの戦略――にたどり着くまで、あなたは選択と切り捨てを繰り返します。そしてこの戦略を武器として先へ進みます。これが、あなたの戦略性という資質の役割です:問いかけ、選抜し、行動するのです。

 

 これがぼくの一番の強みですね。

率直に言うと、「先読みして取捨選択していくこと」がぼくの特徴ということです。

こういった強みを理解しているのとしていないのでは、個人としても、会社としてもマネジメントの仕方が変わってきます。

会社は特にチームとして動くのでメンバーの特徴を細かく理解しておくべきでしょう。

 

ぜひ一度診断してみてください。

個人の方も面白いのでやってみるといいですよ。

引くくらい当たるので、目から鱗が落ちるとおもいます。

 

ちなみに、ストレングスファインダーは1度しか診断できないので、中古本を買ってしまうとコードが切れていて診断できません。

かならず新品を買ってくださいね。

 

今回、田端さんの情報を知れたのは田端さんのLINE@をぼくがフォローしてるからです。

田端さんはLINE@を使って様々な実験をしていきそうですし、有益な情報も流してくれそうなのでフォローおすすめします。

 下記のツイッターのURLから飛べます。

 

 わっしょい!