読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

女性はプレゼントの「余白」を楽しんでいる生き物。

ライフハック ライフハック-プレゼント

f:id:dandy611:20150919122024j:plain

 

今日はプレゼントについてかきます。

 

このブログを読んでいる読者は知っている人も多いとおもいますが、ぼくには東京にA子さんというハイパーウルトラスーパー美人のアイドルがいます。(ちなみにA子さんは一般人です)

そして、そのA子さんにぼくは毎月プレゼントを贈ってるんです。

 

この前もA子さんは入浴剤が好きなのでLUSHのバズボムセットを贈りました。

こんなヤツです。カワイイでしょ。

f:id:dandy611:20150923153614p:plain

周りにA子さんの話をすると「オマエ頭おかしい!いつかストーカーになるんじゃない?」と冷やかされることもあります。

逆に「そんなことやってる人なんて周りにいない!凄い!」と絶賛されることもあります。

ぼくがなぜこんなことやってるかというと、「A子さんに喜んでもらいたいから。そして、A子さんが喜んでくれたらぼくも嬉しいから。」それだけが理由なんです。

 

っで、ここからが本題なんですが。

 

ぼくはA子さんにプレゼントを贈る前に事前に彼女から好きなモノを聴いてリストを作ったんですね。

そのリストは「ビール」、「日本酒」、「入浴剤」、「カワキモノ(酒のツマミ)、「ギョウザ」、「タラコ」とザックリしたメモです。

 ぼくはリストを見ながらひたすらネットサーフィンして、A子さんが好きそうな物を厳選し、プレゼントを贈るようにしています。

 

しかし、ある日そのやり方が本当にAさんにとって最適なのか?A子さんにもっと喜んでもらえる方法があるんじゃないか?と疑問におもったのです。

 

例えば、Amazonで「A子さんの欲しい物リスト」を作ってもらい、その中からぼくが選んで贈った方が確実にA子さんの望む物が手に入り、彼女にもっと喜んでもらえるかもしれません。

ぼくものび太の願い事を22世紀の道具によって叶えるドラえもん」のような気分を味わえて楽しいし、その方法を取ってもいいのではないかと。

 

ぼくが悩んでいても仕方ないので直接A子さんに聴いてみました。すると、A子さんからこんな返信が返ってきました。

 

端的にいえば選んでくれる方がいいです。どうしてこうなった?!とか、背景を考える楽しみがあるからです。

 

ぼくはこのA子さんの返信を受けてすぐに感じたことがあります。

女性ってプレゼントの過程の「余白」を楽しんでる生き物なんだなと。

 

たしかにあらかじめ相手から欲しい物を決めてもらった方がプレゼントを贈る側としても単純ですし、失敗する心配もありません。

しかし、それは余りにも合理的でテクノロジックすぎて、隙のないロボットみたいです。

そういえば、ぼくはさっきドラえもんの例えを出しましたが、ドラえもんの道具で助けてもらってるのび太ドラえもんに対していつもありがたみを感じてません。笑

 

相手の欲しい物を言われるがままにプレゼントするのはとても正しいですけど、その分人間の血が通わない行為になってありがたみも薄れてしまいます。

正しい行為というのは、えてして面白くないのです。

 

プレゼントは「相手がどういう過程を経て、このプレゼントを選んでくれたんだろう?」と想像するのが醍醐味なんです。

例えば、ワインが好きというキーワードだけもらって、どんなワインを相手が選ぶのか?

そんな「余白」をプレゼントを受け取る側は楽しんでいるんです。

そして、自分のために割いてくれた時間や相手の気持ちを感じ取ることによって嬉しい気持ちになるんですね。

 

人生は退屈です。

普通に生きていてもドラマチックなことなんて起こることはありません。

ドラマを起こすには、熱量を込めて相手に尽くすしかないのです。

ドラマを起こすための手段としてプレゼントを贈るのはとても有効な方法です。

 

あなたが相手の好きな物をリサーチし、相手のことを想って悩み、それを経て贈ったプレゼントであれば相手はきっと喜んでくれるし、ソコに特別な感情を抱くはずです。

女性は男性以上に感性が豊かなので、きっとあなたの割いた時間を感じ取ってくれるでしょう。

 

ぼくはこれからもA子さんにプレゼントを贈り続けて、A子さんにちょっとでもドラマチックな時間を提供できたらなとおもってます。

みなさんにもそんな相手がいるのではないでしょうか?

 

大事なことなので最後にもう一度。

女性は、プレゼントの過程の「余白」を楽しんでいます。

精一杯悩んで、相手が喜ぶプレゼントを選び抜きましょう。

 

こんなことをぼくに気付かせてくれたA子さんは最高です!

 

わっしょい!