読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

運動習慣ができると、食べ物に興味がなくなり健康な身体を維持できる。

ライフハック ダイエット

f:id:dandy611:20150921213740j:plain

著作者: oscarandtara

 

ライフハッカーの記事なんですが、運動習慣がある人はジャンクフードに手を出す人が少ないそうです。

 

Marketing Lettersに掲載された2014年の研究レビューでは、体重減少における食習慣と運動の関係を調査した3つの研究が分析されました。おもしろいことに、研究レビューでは、楽しく運動している人がどのように食べ物を選択しているかについての関連性に注目しています。

運動を楽しい活動である(そしてただ自分を追い込むだけではない)と認識している人は、運動後にジャンクフードで埋め合わせをする傾向が低いと結論づけられています。

引用元:運動に喜びを見出すと、食べ物に喜びを見出す傾向が弱くなる | ライフハッカー[日本版]

 

ぼくも散歩とランニングを毎日の日課にしているんですが、たしかにジャンクフードを食べることはほとんどありません。

「間食」をほとんどせずに、1日3食か2食で過ごせています。(よほどお腹が減った時は何か食べますが)

 

食べる行為はストレス解消。運動習慣があれば無闇やたらに食べなくなる

食べるというのは快楽行為なんです。

美味しい食べ物やお菓子はたしかに食べると気持ちよくなり、ストレスも解消されます。

でも、身体には良くないモノが多いですよね。

 

運動習慣がある人は、運動によって汗を流すことでストレスも解消できているので、食べモノでストレス解消をする必要が無いんです。

よって、必要最低限の食事だけで平気になります。

 

昔はぼくもお肉大好きで美味しそうな物を見ると見境なく食べてましたが、今は自分にとって必要な食べ物を選ぶようになりました。

目の前に美味しそうなお肉やお刺身があっても、量が多すぎるとおもえば無闇に手を付けなくなりましたね。

 

腹8分、7分満たされればそれで十分です。

それによって栄養を摂りすぎないので身体も太ることなく、健康的な身体を維持できています。

 

運動習慣があると食べ物に興味がなくなる

運動習慣ができると食べ物にイイ意味で興味が無くなります。

たくさん食べようとおもわないので、外食に行っても注文を頼みすぎずに無駄なお金を使いません。

お腹がいっぱいになるまで食べて胃がもたれることもありません。

 とても低燃費な身体になるんです。

 

健康的な身体は運動習慣をつけることから

特にダイエットしてる人はリンゴダイエットや炭水化物を抜いたりと「食事制限」からはじめる人が多いですが、それは良くありません。

ストレスを解消する矛先が無くなるので長続きしないでしょう。

 

まずは散歩やランニングというお金のかからない運動習慣をつくり別のストレス解消先をつくることです。。

運動でストレスを解消させることで自然と食事面では自分に最適な量や質を考えるようになります。

 

運動習慣をつくることが健康的な身体作りの基礎になるんです。

まずはウオーキングを1日30分からはじめるといいとおもいます。

24時間の中のたった30分で健康な身体を手にすることができるんです。

 

わっしょい!