読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

キンコン西野氏考案「ゴーストバスターズゴミ拾い」。正論で解決できない問題をエンターテイメントが解決する

キングコング西野亮廣 オピニオン 社会問題

ハロウィンの次の日、11月1日にキングコング西野亮廣さんが面白いことを仕掛けますよ。

f:id:dandy611:20150915154557j:plain

出典:http://woman.infoseek.co.jp/

 

去年のハロウィン後の渋谷のゴミ山はみなさんも鮮明な記憶として残っているでしょう。あの惨状を観て、ほとんどの人が「ゴミを出さないように気をつけよう」と訴えました。

たしかに、それは正論です。

 

しかし、ハロウィンはもう国民を挙げての盛大なイベントになってしまいました。

みんな楽しいし、お酒も飲んで酔っ払います。

ゴミを出すなといくら投げかけても、ゴミは出てしまうでしょう。

 

渋谷でゴーストバスターズの仮装をしてゴミ拾いをしよう!

そこで、西野さんは違った視点で考えました。

「どうせゴミが出るなら、そのゴミを拾う行為自体を『祭り』にしてしまって、みんなでキレイにしようじゃないか」。

 

 しかし、ただゴミ拾いをしても面白くない。

そこで西野さんが考えたのが「ゴーストバーズの仮装をする」こと。

f:id:dandy611:20150915154759j:plain

出典:http://x.celebee.info/

 

ゴミを出すのは仮装した『オバケ』達です。

いわば、ゴミは『オバケのカス』。

そういえば、映画『ゴーストバスターズ』のオジサン達は、背中に掃除機みたいなのを背負って、次から次へと『オバケ』を吸い取っていたぞ!これだ!ハロウィン祭りの翌朝に渋谷に集合し、皆で『オバケのカス(ゴミ)』を吸い取って、渋谷の街を綺麗にしよう!

一年に一度ぐらい、若者が早起きをして、ゴミを拾う日があっていいのではないか?

世界に先駆けて開催する、ゴミ拾いを「娯楽」にしてしまうイベント。流行発信基地『渋谷』ならではの、新しい試みです。

 

引用元:http://tokyodesignweek.jp/

 

というワケで、ハロウィンの次の日、11月1日にゴーストバスターズの仮装をして渋谷に集まり、ゴミ拾いをしよう!という企画。

聞いただけでもワクワクしますね。

 

しかも、このゴーストバスターズゴミ拾いの規模がハンパじゃないんです。

西野さん個人の企画ではなく、渋谷区、TOKYO DESIGN WEEK、まさかの本家ハリウッドの『ゴーストバスターズ」までもが協賛についたのです。

どれだけ大きなイベントになってんねん!という話です。

 

一人のお笑い芸人のアイデアが、こんな壮大なことになるとは。。。

 

西野さんは本気だ!アイコンがゴーストバスターズになってるw

ぼくは西野さんをツイッターでフォローしてるんですが、気づけばアイコンが「ゴーストバスターズ」になってます。w 

f:id:dandy611:20150915151759p:plain

 

まだ本番まで1ヶ月半以上あるのに。

このゴーストバスターズゴミ拾いにおける西野さんの本気度が滲み出てますね。

 

ハロウィンではみんな目立てないよ

ハロウィンはもう国民的行事になったので、「ハロウィンの日にあなた仮装しないの?」というくらい仮装が当たり前になってしまってます。

そこでは相当な格好をしないと目立てません。

 

ですが、ハロウィンが終わってから仮装してる人は早々いないでしょう。

ということは、このゴーストバスターズで仮装すれば間違いなく目立てるし、話のネタになります。これは楽しい。

 

正論で解決できない問題をエンターテイメントが解決できる瞬間を見たい

西野さんは言います。

 

「ゴミを出すな!」と押さえつけるのではなく、ハロウィンの翌日に、「ゴミがないと成立しないイベントを作っちゃえばいいんじゃないか?」と思ったわけです。 「ゴミを出すな!」という意見を否定しているわけじゃないよ。
たしかに正論だけど、その薬、あんまり効き目がなくね? それだったら…」という提案。

 

僕、見たいんですよ。
正論では解決できなかった問題を、エンターテイメントが解決しちゃう瞬間を。

 

西野さんの言うように正論よりも、みんな面白さに反応するんじゃないかとおもってます。

だって、そっちの方がワクワクして、気持ち良くその場所にいたいとおもえるじゃないですか。

 

11月1日は「エンターテイメントが社会問題に一石を投じる瞬間」に立ち会えるかもしえません。

これは、お金じゃ買えない体験です。

 

しかも、ゴーストバスターズゴミ拾いで拾われたゴミたちはTOKYO DESIGN WEEKの会場に運ばれてアート作品になるんですよ。これもグッドアイデアですね。

 

ゴミ拾いのメンバーは定員500名の所、現在200名を超える応募が集まってるそうです。

ぜひまだの人は下記のURLから参加しちゃいましょう!

 

11月1日は朝から祭りだ!

 

わっしょい!

 

SHIBUYA Halloween ゴーストバスターズ & クリエイティブスタッフ同時募集|TOKYO DESIGN WEEK 東京デザインウィーク