読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

友達がいないのが悲しいのではなく他人に相手にされないのが悲しいのだ。自分に価値があれば人は集まってくる。

オピニオン ライフハック

ぼくは小さい時に友達が全然いなかったんですよ。

 

友達がいないのが悲しいのではなく他人に相手にされないのが悲しい

友達いない時って、友達がいないから悲しいのかなー。と思ってたんです。

しかし、10代後半からたくさんの人と知り合うようになって今に至るんですが、ぼくの結論では、友達がいないのが悲しいのではなく、自分が他人に相手にされないのが悲しいんですよ。

 

チームラボの猪子寿之さんが「社会に出ると価値のないヤツは誰も相手にしてくれない」と言ってたんですが、まさにその通りだとおもったんです。

 

いくらたくさん友達がいてもそれを自分の価値にできていないのであれば、誰も相手にしてくれないし、ただただ悲しいだけです。

この価値というのは、他人と対峙した時に「自分はこの人に何が提供できるか」ということです。

 

分かりやすい武器がないと説得力がない

ぼくの場合、スキルが何もなくて営業だけが得意でした。

あと、おしゃべりが好きで人と話して楽しい時間を過ごしてもらうことくらいしかなかったんですよね。

 しかし、これって他人には分かりにくいんですよ。

 

人と会った時に「ぼくめちゃくちゃカッコイイ絵を描けるんですよ。」と言えば自分の絵を見せたりして分かりやすいじゃないですか。

「営業できます!人を楽しませることができます!」って全くイメージがつかないんですよね。w

目に見えないですもん。説得力がない。

ですから、ぼくは自分の価値を他人に伝えることが難しかったので「ブログ」という他人にも分かりやすい武器をつくりました。

 

ぼくがブログをやってることで素晴らしいサービスや人に出会った時にブログ上で紹介することもできます。(もちろん、ぼくが気に入ったモノに限りますが)

ブログは個人だけでなく法人でも取り組むほど社会に広がっているのでアドバイスだってできます。

そうやって他人に価値提供することが可能になったのです。

 

自分の価値をつくったことで人生が変わった

ぼくはブログをはじめたことでツイッターのフォロワーが半年で倍以上に増えました。

今まで明確な武器が無かったのが、「ブログ」という武器があることで人の目に留まりやすくなったんですね。

 

また、ブログがキッカケでぼくに興味を持ってくれた人から連絡が来るようになりました。

東京、大阪に住んでる方とも石川県で会ったりしました。

今ではお兄ちゃんレンタルというスカイプ相談をはじめて福岡、鹿児島、大阪、京都、三重、名古屋、群馬、東京etcの人たちの相談事にもインタネットを通じて乗ったりしてます。

 

このような出来事はブログをはじめないとありえないことです。

まだブログはじめて6ヶ月ちょっとですが人生がガラッと変わって面白いんですよ。

 

自分に価値をつくるための方法はとてもシンプル

ぼくは今も昔と変わらず友達といえる人が少ないです。

しかし、自分の価値を世の中にちょっとでも提供できてるので悲しくはないんですよ。

「社会に相手にされている。」そう実感できるだけで自分に自己肯定感が持てます。

 

自分に価値をつくるには以下の2つを抑えておくことです。

とてもシンプル。

  • 他人にも分かりやすい明確な武器を持つ(自分の得意なこと、興味のあることで)
  • その武器を人前で発表し続ける

 

これを行うことで、あなたに興味を持つ人が自然と現れてきます。

ぼくがブログをほとんど毎日更新し続けているのも、他人の目に留まる確率を上げるためです。

 

1週間に1回のブログ更新よりも3日に1回、3日に1回よりも毎日の方が多くの人の目に触れます。

また、更新頻度が高いことで自分の熱量が伝わって他人に信用もされやすいのです。

自分に価値をつくるにはこの熱量は不可欠ですね。

 

社会に相手にされないと悩んでる人は友達をつくろうとせず、まず自分の価値をつくりましょう。

そうすれば自然と人が集まってきて人生がガラッと変わります。

 

最後に名著の紹介。自分に価値をつくるには熱量が必要です。

岡本太朗の「自分の中に毒を持て」には自分の中の熱量を呼び覚ます内容が凝縮されてます。

この本は必読ですよ。