読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

ヘイトスピーチする人は世界陸上を観たほうがいい件

オピニオン 社会問題

連日、世界陸上に熱い視線を送っているみやもです。

 

100mのボルトVSガトリンの対決観ましたか?

f:id:dandy611:20150828115007j:plain

もうどちらが勝つか負けるか最後まで分からない手に汗握る熱戦でしたよね。

もう面白かったーーー!!!

 

ぼくは世界陸上観ていておもうことがあります。

 

それはどの国の選手も本当にがんばってるなっていうこと。

努力してるなっていうこと。

 

スポーツの前では肌の色や国籍、文化、国家間の問題なんて関係ないんです。

ただ誰が足が速いのか、誰が遠くまで跳べるのか、誰が高く飛べるのかを競っています。

 

ぼくは度々SNSで外国人のことを口汚くディスってる人を見かけます。

とりわけ中国人に関してのモノが多いですね。

「日本にいる中国人全員出てけ!」とかかいてる人がいて、ぼくはそれを観ていつも青ざめます。

 

何か中国人のことで揉め事があったのかもしれないけど、どうして国で一括りにしようとするんでしょうか?

 

中国人に悪い人はいます。

しかし、日本人にも悪い人はいます。

ジャマイカにだってボルトのような陽気な人もいますが、悪い人がいます。

 

 悪い人というのは、どこにも一定数存在するんです。

何か外国人の問題が起こるとその人たちをそのまま「国で一括り」にする傾向がありますが、それは想像力が欠如してます。

 

ヘイトスピーチする人たちって世界規模のスポーツ大会観てる人が少ない気がするんですよね。

もしくは、観てる視点が狭いです。

スポーツの世界大会を観戦するというのは、ただスポーツを楽しむだけでなくて、他の国を見直す機会にもなるんです。

 

あなたが中国人のお陰で何か不快な思いをしたとしても、スポーツでがんばってる中国人アスリートの姿を観れば「中国人にも日本人と同じようにがんばっている人がいるんだ」と気付けるはずです。

 

それに気づけば、わざわざネットや大衆の前で「日本にいる中国人全員出てけ!」なんて罵しろうとおもわないですよ。

 

 悪い人なんてどこにでもいるんです。

それは日本も中国も変わらない。

 

口汚くヘイトスピーチして罵ってもただ周囲を不快にさせるだけで何も生まれません。

国が違えば、文化も違うし性格の不一致もあるので嫌いになるのは勝手だとおもいます。

ただ、人を罵ったり誹謗中傷するのは違う。

どれだけ嫌いになろうが、誰かに対して誹謗中傷する権利なんてないんですよ。

 

ヘイトスピーチする人は世界陸上を観れば「外国人も日本人と同じようにがんばってるんだ」と理解できるはずですよ。

今日含めてあと3日なのでぜひ観てみてください。

 

ぼくはスポーツには平和を作る可能性を秘めてると感じてます。

スポーツを通して外国への理解が進んでくる気がしてるんです。

 

わっしょい!