読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

他人に期待するとロクなことがない。例えば、好きなアイドルが恋愛しただけで裏切り者扱いする。

オピニオン 社会問題

ぼくは他人に期待しないようにしています。

他人に期待するとロクなことがないからです。

 

今までたくさんの人々に支援されてきたし、ぼく自身も誰かに支援している

ぼくは今までたくさんの方にお世話になっています。ご飯をご馳走になったり、金銭的な援助も受けたことがあります。

その好意には本当に感謝していますし、その人たちの気持ちに応えれるように、ぼくは社会の役に立ちたいとおもっています。

 

一方、ぼくもぼくで色んな人に協力したり、少ない額ですが支援もしています。

 

ぼくが支援する際は、すでにお金を捨てているつもりでやります。

ぼくが支援したくてしてるし、金銭的な見返りや仕事的な見返りも関係なく行っています。

ただその人たちにちょっとでも役に立てばいいとおもってるくらいです。

 

他人に期待するとその人をコントロールしたくなる

今の社会には他人に期待してる人がとても多いとおもいます。

 

他人に期待すると、何かあった時にその人を攻撃したくなるんです。

「どうして、あれだけ協力したのに、オマエは言う事をきかないんだ。思い通りにならないんだ。」

相手をさも自分の所有物のように責めてしまう。

 

例えば、かなり前に某アイドルが人気タレントとの恋愛を報道され相当なバッシングを受けました。

攻撃したのはファンたちです。そのアイドルを「裏切り者扱い」までしました。

 

ただ、冷静に考えてみると、アイドルだって人間なんだから恋愛するなんて当たり前の行為です。

それに対してファンがあそこまでバッシングするのは、ファンたちがアイドルに過度に期待してしまっていたからです。

 

「ぼくはあれだけアナタにお金を使ったのに、どうしてぼくを置き去りにするんだ。」

そんな気持ちがあったのではないでしょうか。

 

しかし、好きなアイドルにせよ、好きな人にせよ、好きな友人にせよ、家族にせよ、自分が何かしら力を使っているからといって、その人を縛ろうとする行為は自分をも苦しめます。

 その人が自分の想いと反する行為を取ると、憎しみを感じてしまうからです。

 

他人に期待することは依存

他人に期待する行為は相手に依存していることでもあります。

相手が自分の望むとおりにならないことが、自分の中で許せないのです。

そのような状態では、無駄なエネルギーを他人に使って、自分自身が消耗してしまいます。

 

他人に期待しなくなると心に余裕が生まれます。

心に余裕があることで、相手がうまくいったら素直に嬉しいし、何か問題があっても責めようという気持ちになりません。

 

例えば、ワールドカップの日本戦を観ていても日本が勝てばスゴく嬉しいし、たとえ負けても悔しい気持ちは勿論ありますが、「よくやったぞ日本。次の大会で挽回しよう!」と肯定的におもえるようになります。

 

期待することは、相手に近づき過ぎる行為です。

それでは問題が発生した時に相手の粗探しが始まります。

 

素晴らしい絵画も近くで観れば「絵の具の塊」でしかありません。

距離を遠ざけて観察するから絵画は美しいのです。

 

大事なのは他人に過度に期待せず、適切な距離を保つことです。

 

他人ではなく自分に期待しよう

他人に期待してしまっている人にぼくが伝えたいのは、他人に期待するんじゃなくて、自分に期待しようということです。

 

自分に期待すれば、自分の人生を生きることに集中して、いい意味で他人に「無関心」になれます。

そして、他人に依存することがないので、相手を常に肯定でき、良好な関係が生まれるのです。

 

他人にばかり期待していると自分の人生をいつまで経っても生きれません。

 

 あなたの人生の主役は他人ではなく、あなた自身です。

他人に期待せず、自分の人生を生きましょう。

 

わっしょい!