読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

お金をパチンコに湯水のように使う老人たちを観て「老後の資金」に不安になるのを辞めました。

社会問題 オピニオン

ぼくは東京にいた時に、パチンコ店でアルバイトしていた経験があります。

そのパチンコ店はいつも大変にぎわってる人気店でした。

f:id:dandy611:20090904215800j:plain

 出典:http://www.hinsengumi.com/archives/001236.html

 

パチンコに湯水のようにお金を使う老人たち

客層は様々ですが、パチンコを一切しないぼくからすると、想像以上にじいちゃん、ばあちゃんが多いことにビックリしました。

しかも、通う頻度がハンパではなく、週4〜週6くらいでみなさん通ってきます。

 

それくらい頻繁なので嫌でも顔を覚えてしまいます。

そして、それだけ顔を合わせれば親近感を感じるのか時々、話しかけられることがあります。

 

ぼくはリピーターのおばあちゃんに度々声をかけられたことがあって、いつも言われる言葉がありました。

「今日いくら負けたとおもう?」

 

「ぼくがいくらなんですかね〜。」っと笑って答えると。

おばあちゃんは誰かにいいたいのか額を教えてくるんですよね。

正確な額は言えませんが、ほとんど数万円単位で負けているんですよ。

 

その額を聞くごとに「この人は月にいくら負けているんだろう?」

とぼくは考え込んだことがあります。

 

そして、このおばあちゃんだけでなく、このパチンコ店に来ているじいちゃん、ばあちゃんは一体毎月いくらパチンコに費やしているんだろう?とおもうようになりました。

ちなみに、お金持ちの方もいるとおもうんですけど、ぼくにはほとんどが一般層のじいちゃん、ばあちゃんに見えました。

 

パチンコをしないぼくでもパチンコで勝ち続けている人なんて極々一部であることくらい知っています。

 

あくまでもぼくの勘ですが、月に数十万円単位で負けている人はけっこうザラにいるとおもいます。

それくらい湯水のようにお金をパチンコに吸い込まれていってるんです。

 

東京と地方でも現状は変わらない

つい最近、石川県でパチンコする方と話をしました。

その方にぼくのパチンコ店勤務での経験を伝えると、「田舎でも一緒だよ。客がどこもじいちゃん、ばあちゃんが多いんだ。

彼らはやることがないから、年金や自分たちの貯金をパチンコにガッツリ使っちゃってる。ぼくもいつも見ていて、不思議におもうことがあるよ。時々、パチンコで借金までつくって自殺者も出たりするくらいだからね。」。

 

ぼくはそれを聴いて驚きました。

自殺は勿論ですが、東京でも地方でもじいちゃん、ばあちゃんが湯水のようにパチンコに使う現状が全く変わらないことにです。

 

老後のためにお金貯めてる意味あるの?

今の社会では毎日のように「老後のためにお金を貯めておけ」とネットやテレビメディアで煽ってきます。

しかし、現実はお金の使い道が無く、パチンコのような娯楽にお金をつぎ込む人が数多くいます。

 

それだったら、何のために若い時に我慢してお金を貯めているのでしょうか?

確かにお金をいくらか貯めることは大事だとおもいます。

しかし、そんなに老後を不安視して過度に貯める必要ってぼくは無いとおもったんですよ。

 

昔、ある起業家の方から聞いた言葉があります。

「自分が不安視している9割以上の出来事は現実にはならない」

 

「老後のために、老後のために」と未来に不安になってお金を繰り越しても、結局はそのお金がパチンコ行きかもしれません。

 

お金は使うためにあります。 

貯金もほどほどにして、今使えるお金は自分が面白いとおもうことに使えばいいとおもうんですよ。

そちらの方が経済も回りますからね。

 

お金の使い道が分からない老人たちはクラウドファンディングで若者支援を

また、お金の使い道が分からずにパチンコなどの娯楽にお金を使い果たしている老人たちの存在は、深刻な社会問題だとおもいます。

それでは、お金の流れる場所が偏ってしまう。

 

現在では、若くして起業する若者や精力的に社会活動している人たちがたくさんいるのでそういった人たちに支援するのがいいとおもうんですよ。

そちらの方が、若者たちも喜ぶし、老人たちも若者を支援できて嬉しいはずです。

 

一番分かりやすく若者支援を普及させる道としては、「クラウドファンディング」がもっとじいちゃん、ばあちゃん達に知られることだとぼくは感じてます。

アメリカではクラウドファンディングで若者支援している老人たちがすでにかなりの数いるそうです。

日本もいずれ、そうなるべきでしょう。

 

お金って自分のためだけに使っても虚しさがあるんですよ。

自分の使ったお金で誰か他人の喜ぶ顔があるからお金の使いがいがあります。

 

ぼくはそんなことをパチンコ店に勤務した経験で感じたのです。

 

みなさんはどう考えますか?

 

わっしょい!