読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

【仕事】傷ついた時、その3倍努力したら傷は癒される。傷口に塩ではなく仕事を塗ろう。

ライフハック

f:id:dandy611:20150812112943j:plain

 

仕事というのは時に残酷です。

 

自分がよくやったとおもっても、その対価となる結果が現れるとは限りません。

自分が努力したとしても、周りも世間の評価も自分がおもう以上に低いものです。

 

そんな時、人は焦燥感に駆られて、傷つきます。

 

傷ついた人間が取る行動は2つだとおもいます。

・これ以上やっても無駄だとおもって、諦めるか

・再挑戦して、今まで以上の努力をするか

 

ぼくは、自分が本当に諦めたくないとおもう仕事であれば、後者の行動を取ることをオススメします。

 

傷ついたとしても、それは一時的なモノです。

傷口に塩を塗るように、仕事をまた塗りたくりましょう。

仕事の悔しさは仕事でしか癒されません。

 

今までの努力が1だとすれば、その3倍の努力をすることです。

 

悔しさは、人を前進させる活力になります。

悔しさほど人を大きく成長させるモノはありません。

 

あなたがもし、今仕事で傷ついているなら、それはあなたを前進させるでしょう。

仕事で一番やってはいけないのは「止まってしまうこと」です。

 

結果が伴わなければ、「次はどうしようか」と考え、また違うやり方で勝負すればいいのです。

 

仕事は競争です。

競争原理が働く以上、負けることはよくあります。

たとえ、負けたとしても立ち上がって、「どうすれば勝てるか」を考え、仕切り直してまた挑んでいくのです。

 

日本では、失敗は白い目でみられます。

しかし、シリコンバレーでは失敗した人間を「挑戦した人間」とむしろ賞賛に値する存在だそうです。

 

リンカーンの言葉がぼくは好きです。

あなたが転んでしまったことに関心はない、
そこからどう立ち上がるかに関心があるのだ

 

人は傷ついた分だけ強くなれる。

その傷を癒すのは、今の自分からまた努力を重ねることです。

 

わっしょい!