読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

仕事「飽きた」で辞めてもいい。転職した方がいい3つの心のサインをチェックしよう。

起業、転職、副業 ライフハック

みなさん仕事楽しんでますか?

仕事をやってて苦しい人はその時点で、もう仕事辞めてもいいとおもいます。

仕事は大変ですが、苦しみ抜いてやるモノではないので。

今回は、仕事が比較的順調だけれど、「このまま同じ仕事を続けていいのか?」と漠然とした悩みを抱えてる方に向けて書きます。

 

仕事飽きてない?

ぼくは今まで仕事を何度も何度も変えてるんですけど、苦しくて辞めたきた経験が無いのです。

勿論、大変でストレスはあったんですけど、それなりに成績出してましたし、続けようとおもえば続けれたんです。

では、なぜ仕事を変えてきたかというと単純に「飽き」の要素が強かったです。

 

仕事ってはじめはスゴく新鮮で楽しいじゃないですか。

仕事をどんどん覚えていくことで今まで知れなかったことを知れて、人間の好奇心を満たしてくれますよね。

しかし、ドンドン仕事に慣れてくると、やり方も立ち振る舞いも理解してくる。

人に文句を言われない仕事が出来てくるので「飽き」が生じるんですよね。

ぼくはその飽きに耐えかねて辞めてきたことが多いのです。

「仕事に『飽きた』なんて理由で辞めていいのか?」とおもわれるかもしれないですが、結構その理由で辞めてる人って実は多いんですよ。

 

仕事はうまくいってるけど、刺激的ではない。

そんな状態でずっと仕事を続けてても生きてはいけるけど、「本当に自分の人生楽しいか?」と感じるじゃないですか。

というワケで、みなさんの仕事における心のサインをチェックしてみましょう!

3つのサインをかくので、これに当てはまる人は転職を考えてみていいとおもいます。

 

1、時間を見て仕事している

「あと3日経てば休暇だ。」、「あと3時間経てば帰れる。」

このように時間を見て仕事している人は、すでに仕事に飽きてます。 

自ら進んでやる仕事ではなく、「生きてくために仕方なくやっている仕事」になってますね。

 時間を見るというのは、仕事をこなすために逆算しないといけないので大事なのです。

しかし、「休み」や「帰宅時間」を逆算してモチベーションにしている時点で今の仕事にそんなに愛着はないとおもっていいでしょう。

 

2、休みの日に仕事のことを考えたくない

仕事はそつなくことなしている。

しかし、休みの日まで仕事のことを考えたくない。

そうおもってる人は、今の仕事に愛着がありません。

なぜなら、本当に好きな仕事であれば、休み関係なく仕事のアイデアを探求するからです。

休みに行った遊園地や美術館、ショッピングセンター、どんな場所でも仕事のアイデアソースは転がっています。

それに無意識に反応できないのは、仕事に対して明らかに魅力を失っているのです。

仕事には「オンとオフが大事」とよく言われますが、それは幻想です。

好きな仕事であれば、いつでも、どこでもアイデアが閃く。そんなモノなのです。

 

3、上司の姿を見て悲観的になる

 これはかなり重症ですね。

上司の姿を見て、ぼく(わたし)も将来あの姿になるのかと悲観的になってしまう。

それはあなたがたとえ昇進したとしても、未来に希望を見つけていない証拠です。

会社員にとって昇進は、大きなモチベーションの1つ。

それに関してメリットを持てていない時点で、あなたは今の仕事に魅力を感じていません。

本心では「もうこの会社に居たくない」と言っているようなモノですね。

 

仕事を変えることで人間の幅は広がる

いかがでしたでしたでしょうか?

この3つのサインに当てはまる方は、転職を真剣に考えてよろしいとおもいます。

ぼくは今まで、何度も仕事変えてきてますけど、その経験が今の仕事に生きているとヒシヒシと感じてます。

 

仕事を変えるというのは「ダメなこと」とおもわれがちですが、人間の幅を広げるために環境を変えることはとても有効です。

今のあなたにとっては、現在の仕事場が「世界の全て」のようにおもえているとおもいますが、その仕事場を出れば、もっと様々な人たちと出会うことができます。

 その出会いが刺激になって、あなたの成長を促すのです。 

人間はどこかで飽きがくるもの。

「今の仕事に飽きた」が辞める理由でもいいんですよ。

 

まずは一歩目を踏み出そう 

今回のサインに少しでも当てはまる方は、試しに転職サイトに登録してみましょう。

最大手のリクナビNEXT は「スカウト機能」というモノがあってあなたに興味を示した企業から直接オファーが来るようになっています。

スカウト機能は匿名性ですし、電話連絡はなくすべてメールでのやり取り。

ですから、もし「違う!」とおもった企業からオファーが来てたとしてもスルーすればいいだけなので気が楽です。

ヘッドハンティングサイトSwitch. ベンチャーやIT企業を中心としたやりがいのある会社から声がかかる可能性があるのでおすすめです。フェイスブックベースなので一瞬で登録できてしまいます。

f:id:dandy611:20161031111419p:plain 

この2つあたりに登録して、今の会社よりも魅力的と思える企業をぜひ見つけてみてください。

今の状況に縛られずに環境を変えることであなたの人生に大きな変化が生まれるはずです。

 

何年もずっと同じ仕事を続けて、生きるためだけに仕事してるなんてツマラナイじゃないですか。

自分に正直に生きましょう。

 

わっしょい!