読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

結婚するなら愛する人より、「好きな人」がいい

恋愛論 オピニオン ライフハック

風の他人の姫姉様が面白い記事をかいてますね。

 

minimote.hateblo.jp

 

好きだから辛いこともある。
失われる愛情に怯える日々を送りたくないです。

幻滅をしたくないし、幻滅もされたくないです。

一緒にいる時間が長ければ長いほど粗が見えますし、毎日生活する上で粗を隠しきれないと思います。

 

別れることになったら凄まじいダメージを受けそうです。立ち直れないかも。

 

 人と接することというのは、 恋愛であれ、友情であれ「幻滅されるかもしれない」というリスクを背負っています。

人間と接するという行為自体がそもそもリスクです。

 

恋愛で別れることにダメージを受けないというのは、まずありえないんじゃないかとぼくはおもうんですね。

  

愛情がないから許せることもある
好きの反対は無関心と言われてます。

好きじゃない人が家に帰ってこなくても、連絡がなくても、目の前でオナラされても、外で恋愛していても、うだつの上がらなさなど、色々気にしないと思います。

お別れしても平然といれそうです。好きじゃないから。

 

好きじゃないからこそ、自分の欲を押し付けることなく、相手の自由を尊重が出来る気がします。

愛はないけど、生活のパートナーとして大事にはしたいです。 

 

風の他人の姫姉様は、おそらく愛と好きを混同して考えているのではないかとおもいます。

 

「愛する」というのは、「(相手を)気に入って執着する。」という意味があります。

 

相手に執着するということは、自分が相手に与えてきたことに対して見返りを求めること。

自分がやった分だけ、相手にも何らかの形で返してほしいと無意識に願っています。

見返りがないから怒りを覚えるし、失望する。

おそらく、ほとんどのカップルは、相手から愛してもらおうとしています。

 

一方、「好き」というのは、気まま。勝手放題。という意味が含まれてます。

 

愛が双方向な感情なのに対して、好きは極めて一方的な感情なんです。

好きというのは「自分勝手に相手が喜ぶことを尽くすだけ」です。

 好きは、愛することと違って物理的な見返りを求めていません。

「相手が喜んでもらえればそれでいいや」くらいにしか考えておらず、相手に依存していない状態なのです。

 

おそらく風の他人の姫様は相手にあまり依存(執着)したくないのではないでしょうか。

また、相手に変に深入りしたくないのだとおもいます。

 

・人を愛すると・・・相手に与えたことに見返りを求める。ずっと一緒にいたくなる。いつも連絡を取り合わないと不安。相手の悪い所も受止めないといけない。(くっついたり、離れたりの繰り返し) 

 

・人を好きだと・・・相手に喜んでもらえればそれでいい。たまに会うだけでいい。必要以外の連絡は不要。相手のイイ所とだけ付き合うようになる。(ポジティブな話にしかならない)

 

ぼくはお互いが愛することで結び合うのではなく、「好き」で結び合うことで恋愛において良い関係が築けるとおもっています。

風の他人の姫姉様もおそらく「好き」で結ばりたいのではないのかなとぼくは感じるのです。

 

友人関係でもそうですが、相手に見返りを求めてしまう関係は往々にしてうまくいきません。(ただビジネスは別です。これは今日は内容が違うのでかきません。)

 

ぼくは心から好きな人が男女共に複数人いるのですが、もう相手がぼくのことをどうおもってようと関係ないんですよね。

たとえ嫌われてても「まぁ仕方ないか。ぼくが勝手に好きでいよう」というくらいのレベルです。

 

また、相手のことが好きだと、相手が「ただ生きてるだけ」で嬉しいんですよね。

相手がこの世に存在すること自体が嬉しいという感じです

 

ですので、ぼくに何かしてほしいとか特におもいません。

ぼくがしたことに対して「さんきゅ!」と一言言ってもらえれば、それだけで幸せって感じです。

 

その一言だけで、ぼくは水を得た魚のように前を向いて生きていけるのです。

 そういった好きな人がいるだけで、落ち込んだ時でも這い上がれるし、好きな人の言葉を思い出しただけで嬉しさにも浸れます。

 

ですから、結婚相手も愛する人より、「好きな人」を選んだらいいとぼくはおもうんですよ。

 

風の谷の姫姉様のように、ぼくも相手のオナラは出来れば聞きたくありません。笑

なので、別々に住めばいいとおもうんです。

人を愛してしまうと一緒に住みたくなりますけど、好きな人とだと別々に住んでもいいとおもえるんですよ。

 

「好き」は物理的な距離なんてどうでもよいのです。

ただ気持ちの繋がりだけ感じれれば、それでOKとおもえます。

「好き」という感情は、相手を所有しようと思わないからです。

むしろ、相手にもっと「自由でいてほしい」と願っています。

 

見返りを求めず、ただ相手が自由に生きてくれてるだけで嬉しい、そんな大好きな人と結ばることができたら、それだけで幸せだとおもうのです。

 

結婚相手だから、

・ずっと一緒にいないといけない(苦痛)

・悪い所もちゃんと見ないといけない(苦痛)

・同居しないといけない(束縛)

・オナラも聞かないといけない(絶対ヤダ!)

・常に連絡を取り合って信頼を確かめないといけない(監視)

 

こんなこと誰が決めたんでしょうね?

この考えってもう今の時代破綻していますよ。

勿論、それを好きでやってる人は別ですけど。

 

ぼくは、相手と別々に住んで、たまにだけ会って楽しい時間を過ごし、相手の好きな所しか見ない人間関係を築くことの方が幸福になれるとおもいます。

ぼくはそういう人間関係を恋愛でも友情でも築いていきたいです。

 

それで、相手と一緒にいない間は仕事です!仕事!

仕事が人生において恋愛以外だと、最も楽しいのです!

 

風の他人の姫姉様の文章を読んでぼくはこのように考えました。

興味深い記事でした。

 

みんな好きな人と結婚しよー!

 

わっしょい!