読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

近所の人が自殺した。自殺してはいけないとおもうたった一つの理由

オピニオン 社会問題
スポンサードリンク

こんにちは、みやもです。

 

先日、自宅から近所の人が自殺しました。

その事を、ぼくは日課のランニングを終えた直後に母から伝えられました。

「さっき、救急車が通ったのよ。近所の人が自殺で亡くなったみたい。」

 

自殺した人とぼくは全く面識がなかった。しかし、その人のことを考え続けた

ぼくはその自殺した人とはご近所ですが、面識もなく、顔も知らないし、どんな人かも分かりません。

しかし、その報告を聴いて気持ちがドッと暗くなったんです。

 

そして、数日、顔も知らないその人のことを考え続けるまでになりました。

「アノ人は、どうして自殺しちゃったんだろう?」

「どうして人は自ら死を選ぶんだろう?」

 

東京では自殺は日常茶飯事

ぼくは今年の3月まで東京に住んでいました。

東京では電車の人身事故なんて日常茶飯事で、ほとんどが自殺です。

 

人身事故に巻き込まれれば、当然電車が遅延します。

ぼくは人身事故に慣れすぎて「何でこんなタイミングで死ぬんだよ!人に迷惑かけない死に方しろよ!」と何度も考えたことがあります。

 

ですが、大都会東京から500キロ以上離れた石川県の片田舎に帰ってきて、その考え方がガラッと変わったんです。

なぜかというと、田舎に住むと近所の人との絡みがなくとも存在をすごく身近に感じるんですよ。

散歩の最中に知らないじいちゃんと挨拶することなんてしょっちゅうなんです。

 

そんな環境にいると、「たとえ関係性はなくとも、人と人は繋がってるんだな」と感じれるんです。

 

人が死にたくなる理由

ぼくは生きるのが辛くて死にたいとおもったことが何度もあります。

人が死にたくなる理由は様々ですが、ひとつ言えることは「生きることに絶望する」からだと感じています。

生きることに希望が失われた時に、人は死を選ぶ傾向にあるんです。

 

誰も自ら死を選んでほしくない

生きることはたしかに辛いです。

みなさんも今までいろいろ辛いことがありましたよね。

ですから、絶望したくなる気持ちも分かります。

 

しかし、やはり誰も自ら死を選んでほしくないとぼくはおもうんです。

ぼくも自分から死なないように気をつけます。

だって、いずれ人間なんて寿命で勝手に死んでしまうじゃないですか。

 

人が自殺してはいけない理由とおもうたった一つの理由

人が自殺してはいけない理由は何か?と問われれば、ぼくの中でそれはたった一つです。

 

それは、「たくさんの人が悲しむから。」

 

ぼくは昔、精神病の方と話す機会がありまして、その時に、

「ぼくが死んでも誰も悲しまないから。」

と言われたことがあるんです。

 

みなさんなら、どう答えますか?

ぼくはその人に「少なくとも、ぼくは悲しいですよ」と伝えました。

 

人が自殺すると、その人と関係あった人は悲しみます。

たとえ、本人はそうおもってなくともそれだけ死というのは重いんです。

また、それだけでなくその人と関係性の無い人をも悲しみに巻き込んでしまいます。

現に、ぼくは全然知らない近所の人の死について数日間ずっと考え込み、このようにブログにまでかいてしまっているくらいですから。

 

人が自ら死に向かってしまう行為は、想像以上に多くの人を傷つけ、暗い気持ちにさせるんです。

 

自殺しちゃいけない理由は他にもたくさんあるとおもいます。

しかし、「人を悲しませる」以上に、自殺しちゃいけない理由を語るモノは無いとぼくはおもっています。

 

ぼくができるのは「自分は自殺しない」と思い続けることと祈ることだけ

今日も日本では多くの自殺者が出ているでしょう。

それを考えるとぼくは悲しいです。

ぼくの身の回りでも、いずれ自殺者が出るかもしれません。

もし、そうなったらぼくは悲しいです。

 

ぼくができることは、「自分は自殺しない」と思い続けることと、これ以上自分から死を選ぶ人がいないように祈るだけです。

 

そんなことを考えていたら、尊敬する哲学者の中島義道さんも同じことを言っていました。

 

生きてると、辛いことがたくさんあります。

しかし、その辛さを誰かと共有すれば、少しは楽になるかもしれません。

ですから辛くなった時は、勇気を振り絞って誰かに相談してほしいです。

そして、自分から死ぬことだけは回避してほしいんです。

 

また、「死」について頻繁に考えてしまう人、生きることが辛い人は、読書をするとラクになる傾向があります。

先ほど紹介した哲学者の中島義道先生の著書からは「死」についてとても学ぶことがあるのでおすすめです。

過去のぼくのように生きることに辛くなった人には、ぜひ読んでほしい一冊です。きっと違う気づきが生まれるとおもいます。

 

あなたが死ぬとぼくは悲しみます。どうか死なないでください。

 

それでは今日はこの辺で。

 

わっしょい!