読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

人生に劇的な変化を起こすためのたった2つの習慣。変化は待っていても起きない。

ライフハック

人は、誰もが変化を望んでいます。

 

人が便利な物を買うのも、旅行に行くのも、心や環境を少しでも変化させたいからです

 

しかし、物を買ったり、ただ旅行に行くだけでは心身のリフレッシュには効果的ですが、劇的な変化を起こすことはできません。

 

ぼくは劇的な変化を起こすにはたった2つの習慣だとおもっています。

 

1、付き合う人を変えていく

人は誰と付き合うかに強く影響されます。

 

仕事の愚痴ばかりいう人と付き合えば、あなたも仕事の愚痴を自然に口にするようになります。

社会の問題を解決したいという強い信念を持った人と付き合えば、あなたも強い信念を持って仕事に取り組むようになります。

 

ぼくは毎年、付き合う人が変わります。

去年頻繁に連絡を取っていた人も、今年に入って連絡をとり合わなくなり、また別の人と連絡を取りっています。

 

おそらく今年と来年もまた付き合う人が変わるでしょう。

 

これは仲が悪くなったとかでは全くなく、ぼくは意図的に付き合う人を変えています。

それは、自分の心境に変化をもたらしたいからです。

付き合う人が変われば、情報も刺激の種類も当然変わります。

その違いによってぼくに新しい風が吹くのです。

 

自分に新しい風が吹くということは、「知らないことを知れる」という人間の欲求を満たし、自分を成長させてくれます。

 

あなたが自分に変化がなく、日常に物足りなさを感じているのであれば、それは付き合う人が変わってないからです。

 

本当に社会には多くの人がいます。

その人たちと付き合いを持たず、ずっと同じ人間関係に固執することは退屈でしかないとおもいます。

 

ちなみに、ただ無作為に付き合う人が変わっても、自分に適した変化は生まれません。

ぼくの指標として、「自分が面白いと思う人、自分を成長させてくれそうな人」とばかり付き合うようにしています。

 

あなたも変化を起こしたいのであれば、試しに自分が面白いと思う人と付き合うようにしたらいいですよ。

愚痴ばかりいう人やいつも同じようなことしか言わない人と接するよりも100倍刺激的で楽しい時間を過ごせます。

 

そして、その人間関係にも固執せず、付き合う人を定期的に変えていくといいです。

 そうなると毎日がグッと刺激的な日々に変わるでしょう。

 

「変化を起こす=人間関係を変える」ということなんです。

 

2、住む場所を変える

住む場所を変えることは、本当に大きいです。

 

ぼくは東京に8年間住んでいたのですが、今年から石川県の実家に戻りました。

都会の喧騒から、とても静かな田舎町になりました。

 

都会のように時間が早く感じず、とてもゆっくりなリズムを刻んでいます。

周りは田んぼだらけで、カエルの鳴き声は聞こえるし、最寄りのコンビニは1キロ以上離れています

一見不便です。

 

しかし、その不便さがぼくの気持ちを変えました。

ぼくは地元にほとんど友達がいないし、田舎なので人と頻繁に接する環境にいません。

 

ぼくは人と直に接する機会が極端に減ったのに退屈し、「お兄ちゃんレンタル」という他人の依頼に応える「何でも屋」をネットで始めたのです。

主にスカイプで全国の人々の様々な悩み事や相談に乗っています。

 

・ぼくは人と直に接して依頼者の力になりたい

・依頼者は自分の抱えている問題を聞いてほしい、解決したい

 

そのニーズが合致した仕事です。

まだはじめたばかりですが、依頼が続々と舞い込んでいます。

今まで接する機会がなかった人たちと新しく出会う機会が作れるし、依頼者も喜んでくれる方がいて、とてもやりがいを感じています。

 

このお兄ちゃんレンタルというアイデアは、人との出会いに恵まれていた東京では考えれなかったことで、人と会う機会の少ない田舎だからこそ出てきた発想です。

 

人は住む場所を便利か不便かということでばかり考えます。

そして、多くの人は便利を取ります。

 

しかし、実際は不便さを工夫で解消する力が人間にはあります。

そして、その工夫によって不便が不便でなくなり、楽しみにも変わったりします。

 

例えば、駅から徒歩20分のマンションに住んでいるとします。

20分を不便と捉える人もいますが、健康的な身体を手に入れたいのであれば、ウオーキングに丁度いい距離です。

 

毎日40分くらい歩く習慣(駅から往復の時間)を身につけれる人はナカナカいません。

しかし、駅から徒歩20分の場所に住むだけで、それが自然と日常の一部になってしまうのです。

 

こういった「物事を違う角度から視る視点」が住む場所を変えると培われます。

 

そして、それが自分の変化を促すのです。

 

具体的に行動しない限り、変化は起きない

 変化は待っていても起きません。

 

自分から行動しない限り、今の日常のままの繰り返しです。

残酷なのは、あなたは止まっていても、時間だけは止まらないとう現実です。

 

あなたはずっと変わりたいと頭で考えていても、それを具体的な行動に落とし込まない限り変わりません。

これはぼくの今までの経験からもハッキリと言えます。

 

試しに、ぼくが今回かいた2つのどちらかをやってみてください。

寿命が同じだとして、退屈な人生を送るのか、面白い人生を送るのかだったら、面白い方がいいじゃないですか。

 

行動があなたに劇的な変化をもたらす源になります。

思い切って行動してみましょう。

 

わっしょい!