読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

常識を疑えば生活は豊かになる!ミニマリストが大切にしているたった1つの思考

ライフハック

ミニマリストの考え方は面白いですね。

f:id:dandy611:20150713162816j:plain

 出典:benjamin grimes • I just finished this desk project I’ve been...

 

ミニマリストは、最小限主義者というのが語源で、必要な物以外を手放して暮らす人たちを主に言います。

ミニマリストの思考は、現代を生きるヒントになりますよ。

 

不必要な物に囲まれていませんか?

あなたの自宅は物で溢れていませんか?

ずっと使ってない物を「捨てたら勿体ないから」、「お金を出してせっかく買ったらから」という理由で、置き去りにしていないでしょうか。

物が溢れた現代では、多くの人たちがほとんど使ってない不用品に囲まれた生活をしています。

 

常識を疑え!

ミニマリストの人たちは、物に囲まれる生活という常識を疑った人たちです。

実際、人は不用品に囲まれると無意識に気分が落ち着きません。

物を捨て、場所を整理することで精神が健康になる側面があります。

 

もう何年も使ってない家電、買ったけど数回しか着ていない衣服、昔読んで眠ったままの本。

家を見渡せば、不要な物がたくさんあるはずです。

 

試しに、そういった不要な物を捨ててみてください。

とても気分がスッキリしますよ。

 

ミニマリストが大切にしているたった一つの思考

物が単純に少ないからミニマリストというワケではありません。

ミニマリストが大切にしているのは、「自分にとって何が大切か」を把握していることなんです。

 

人間は本当に大切にしている物以外は特に必要ありません。

ポイントとして、自分ではなく「世間の見栄として買っている物」なども存在しているとおもいます。

そういった他人に価値基準が置かれている物は処分してよろしいです。

 

ミニマリストの価値基準は「自分」が前提にあります。

 

その前提の中で「生活にないと困る物」、「自分が本当に大事にしている物」、これら以外を「最小限」に省くことをミニマリストは行います。

 

物を捨てることで、生活全体を考えるようになる

重要なのは、不用品を捨てることで頭がシンプルになり、物以外の価値基準も明確になることです。

 

例えば「自分が仕事でどんなことを実現したいのか?」、「どんな人と関わっていきたいのか?」、「どんなライフスタイルを送りたいのか?」と人生の課題にも積極的に基準を定めていこうと考えるようになります。

 

物に囲まれた生活に疑問を持つことで、人は自分の生活全体の見直しを図るのです。

そして、それは人生の充実にもつながっていきます。

 

スタジオジブリ鈴木敏夫さんが「仕事は掃除」だと言っていましたが、人生も掃除のようなものなんですよね。

 

・何が重要で、何が重要でないか見極める

・重要な物だけを選んで行き、重要でない物以外は捨てる。

 

その単純な作業の繰り返しです。

 

そして、「自分には何が大事か、自分は何が好きか。」それを理解していく行為はとても楽しいことです。

 

人生を面白くするためにも不用品を捨て、大切な物だけに囲まれた生活にしてみませんか?

 

わっしょい!