読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

人生をゆるくシンプルに生きる。反省しない思考のススメ。

オピニオン ライフハック

タモリさんの言葉って面白いですよね。

f:id:dandy611:20090827002657j:plain

 引用元:http://matome.naver.jp/odai/2140238690185160601/2140239317591263903

 

仕事も何でも「反省はしない」

「反省ばかりしてるとバカバカしくてこれから先、やっていけない」

「過去を振り返らない」

 

タモリさんが笑っていいともで反省会を一度も開かなかったことはあまりにも有名です。

何か行動を起こしたら、その都度反省しないといけないと一般的に思われがちです。

しかし、いざ反省し、それから時間が過ぎると「どうしてあんなことにクヨクヨ悩んでいたんだろう?」とおもってしまうことが多々あります。

 

反省タイムは時間の無駄

「あの時あーすればよかった、こうすればよかった。」と話し合ったり、自分に反省し続けることは一種の「後悔」に似ています。

 

ぼくの経験を踏まえても反省会を開いたり、一人で延々と反省することは、生産性のない時間を消費して、無駄な時間だったなとおもいます。

 

反省の時間を取るなら、「次の行動をどうするか」考えた方が余程有益です。

しかも、人はわざわざ反省会や反省タイムを開かなくとも、頭の中で何かしら反省しています。

 わざわざ反省のために特別な時間を設ける必要は無いんです。

 

人間は反省しなくても学習はしている

行動を起こせば、何かを必ず体験します。

そして、体験したことによって人は身体で「学習」します。

この学習だけでぼくは十分のようにおもえます。

身体で学習したことで、次は「こうすればいいんだ」と学べるわけですから。

 

失敗はワルイものではない

反省の目的は、失敗はしないためです。

しかし、わざわざ反省タイムを設けても、人は失敗する時はしてしまいます。

勿論、失敗したくてする人なんていませんよ。

 

大事なのは、失敗を失敗として終わらせるのではなく、それをネタにして笑い飛ばすこと。

そうすれば、失敗もオイシイ体験になります。

失敗はワルイものでは決してなく、場合にはよってはもっと面白いことの発展材料になりえます。

そうなると反省する意味がそもそも失くなります。

 

反省でバカバカしくなるより、今を楽しんでバカになろう!

反省しながらバカバカしくなるより、今を楽しんでバカになった方が人生はもっと楽しくなります。

 

過去は終わってしまったモノで後悔しても取り返すことはできません。

しかし、今を楽しんで過去の失敗談を「あの失敗して良かった」と肯定することは可能です。

 

タモリさんの言葉をもう一つ。

 

「コツはね、はりきらないこと」

 

反省する人は、はりきりすぎなんだとおもうんですね。

もっとゆるく頭をシンプルにして生きた方が、物事は好転するでしょう。

 

反省もせずにバカになって、次から次へと行動を起こしている人に人は興味を持ちます。

その人のエネルギーに引き寄せられるんですね。

反省しない人の所に人は自然と集まってくるんです。

 

反省する時間は限りなく削って、今を楽しく活動すること。

バカバカしく生きるより、バカになって生きよう!

 

わっしょい!