エドマル

イイ人生で、イイ仕事をするために。個人による個人のためのメディア。

EDOMARU

Forever,Change

29歳になりました。

スポンサードリンク

ミヤモは29歳になりました。

 

まさか29歳の誕生日を東京ではなく、石川県の実家で迎えるとは去年は夢にもおもってませんでした。

ブログは続けてただろうけど、「ブロガーに本格転向」しようととしてるなんてのも本当に意外です。

人生ってたった1年でも何が起こるか分からないとつくづくおもいます。

 

ミーハー道を極める

とりあえず29歳の抱負というか、そんな感じのを。

「ミーハー道を極めるために暗闇の中でもがき続ける」でいきます。

 

どうしてこのキャッチフレーズでいくのか?

 

以前、キングコング西野亮廣さん連続起業家 家入一真さんのトークライブに行った時、打ち上げにそのまま参加させてもらったのです。

その時に、ぼくが西野さんに思い切って質問をしてみたんです。

「ぼくってどんなイメージですか?」と。

西野さんが即第一声で言われたのが「宮森くんはミーハーやな!」でした。

 

みーはー?

みーハー?

ミーハー?

 

ミーハーってあのミーハーだよね。。。

ぶっちゃけ、はじめはスゴくショックでした。

ミーハーってあんまり良いイメージないじゃないですか。

「西野さんちょっとは褒めてくださいよ」ともおもいました。笑

 

しかし、ビッグリスペクトしてる西野さんに言われたことなのでよくよく考えてみたんです。

そしたら、ミーハーも「モノは考えようだぞ」と気づけたんですね。

ミーハーってたしかに何でもすぐに飛びつくってイメージありますけど、ジャンルの境目を取っ払って色んな分野に好奇心があるってことでもありますよね。

 

ミーハーは人にすぐ影響されますが、それって吸収力があるってことでもありますよね。

 

また、一つの分野に固執せずに様々な人のファンになるから、その分だけたくさんの人を応援できるし、色んなジャンルの人とのつながりもできるってことですよね。

そういう風に考えればミーハーも決してワルくないなとおもったんですよ。

 

だから、決めました。

ぼくはミーハー道を突き詰めようと。

そして、家入さんがぼくに昔言ってくれた「暗闇の中でもがきつづけろ」も強く刺さった言葉であり、人生テーマでもあるのです。

これを足して、

 

「ミーハー道を極めるために暗闇の中でもがき続ける」

になったワケですよ。

 

ぼくの人生においてこのお二人は、その生き様でもって 強い影響をもたらし続けてくれています。

これからぼくがどうミーハー道を極めようとするのかブログ読者のみなさんは見ててくださいね。

 

読者に感謝を込めてプレゼント企画!

昔、「誕生日は周りからおめでとうと言われるけれど、祝われるのが目的ではないのよ。あなたを生かしてくれた周囲の人に逆に感謝する日なのよ」と母から習いました。

この言葉は、ぼくの心に色濃く残っていました。

 

というワケで、

 

日頃の感謝を込めてプレゼント企画です!!!!

 

ぼくがもう面白くて2回も書評記事かいてしまった幻冬舎社長の見城徹さん著「たった一人の熱狂」を一名の方にプレゼントします!

f:id:dandy611:20150611154453j:plain

 

この本は、読めば読むほど胸が熱くなります。

情熱が湧いてきます。

「仕事がんばりてー!」と心に火がつきます。

そんな文句なしの名著です。

 

応募方法は、どなたでもぼくにFacebookメッセージかツイッターでリプくださいませ。

複数から応募あった際はくじ引きをつくって、当選者を選出します。

締め切りは本日11日の23時までです。

お早めにー!

 

こんな機会でしか、言うことがないので、

いつもぼくのブログを読んで下さってるみなさん本当にありがとうございます。

ぼくは自分勝手に今後も記事を量産していきますが、「時速4キロの野望」をどうぞよろしくお願いします。

 

29歳になったミヤモからでした。

 

ワッショイ!

 

Facebook宮森 勇人 | Facebook

Twitter宮森はやと(ミヤモだよ!) (@Miyamo_H) | Twitter