読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

【腹筋6パック日記】腹筋鍛えるためにぼくが食事で気をつけてる3つのこと

オピニオン 腹筋6パック日記
 腹筋を鍛えるためには、トレーニングだけしていてもいけません。
今日は、ぼくが腹筋を鍛えるためにどのようなことに気をつけているかかきます。
 
ちなみに以下が今日のぼくの食事です。
 
朝ごはん 
f:id:dandy611:20150609204549j:plain

 

 昼ごはん
f:id:dandy611:20150609204624j:plain
 
夜ご飯
f:id:dandy611:20150609204640j:plain
これは、全て母が作ってくれたモノです。
母にはぼくから注文は一切してないので、筋肉を付けるための特別メニューではありません。
ただ、それでもぼくなりのこだわりがあります。
 

1、食事の時はサラダから必ず食べる

ぼくの家庭では必ずサラダがつくのですが、一番はじめに箸をつけるのかこのサラダからです。
生野菜には酵素が豊富に含まれているのが理由です。
 
酵素を多く含んだモノをはじめに食べると胃の中に酵素の膜ができ、消化の働きを活発にします。食物の栄養をしっかり身体に吸収できるんです。
ということは、筋トレの効果をより助長する役目を果たしてくれます。
 
逆に、酵素があまり含まれてない加熱食材(酵素は熱が通ると死んでしまう)を先に食べてしまうと消化不良を起こしやすくなり、せっかく食べた食物の栄養が吸収されません。
食べる順番ってスッゴく大事なんですよ。
 

2、食事は腹七分目

食事の写真を見てのとおりぼくの食事はあまり多くありません。
これは母に日頃から「ぼくは余り食事を食べないから」と言っていてこうなりました。
食事をなぜ少なめにするかというと、満腹になると眠くなるからです。
 
満腹状態だと、消化器官が活発になり集中力が途切れます。
普段の生活にも身が入らなくなりますし、筋トレの持続力(やる気)を損なわせる可能性があります。
 
また、これを知っている人はナカナカいないとおもうんですが、空腹状態は成長ホルモンが多く分泌されるんです。
成長ホルモンが多く分泌されるということは、筋力をアップしやすい身体になるということです。
また、成長ホルモンが分泌される身体は肌のツヤを保つアンチエイジング効果もあります。
 
このように腹七分目って筋力アップにも健康にもスゴく効果的なんですよ。
 

3、間食は豆乳

ぼくは毎日、ブログをかいたり、本やネットの記事ばかり読んでるんですが、頭を使うとどうしてもお腹が減ってきます。
 
そんな時は間食に豆乳を飲みます。
食べ物じゃなくて、飲み物。笑
f:id:dandy611:20150609204703j:plain
 豆乳には美容や健康の維持に重要なビタミンB群やビタミンEを豊富に含んでいています。
大豆に含まれている大豆イソフラボンは女性にとってはイイ味方です。
大豆イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と同じ働きをすると言われていて、皮膚のハリやツヤを保つんですね。
また、生理前のホルモンバランスも整えてくれます。
 
っと、エラそうに専門的なことを言ってきましたが、ぼくにとっての豆乳を飲む一番の理由は「お腹が満たされた気になる」ことですね。笑
豆乳って飲み物ですけど、食べ物のように腹持ちがいいんですよ。
栄養価も高いし、最高の飲み物ですね。
 
以上のようなことを気を付けながらぼくは食生活を送っています。
質の高い腹筋をつくるのは、健康的な食事から。
ダイエットの参考にもなるとおもうのでせひ参考にしてみてください。
 
ワッショイ!