読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

父に「息子が壊れた」と言われ、母に「芸能人と結婚しろ」と言われた。

オピニオン 実家話 家族論 引きこもり生活

ぼくは実家でブログかきながら暮らしています。

 

最近父に連日「息子が壊れたー」と言われます。

ぼくは普通に暮らしてるつもりですが、父にとっては普通でないと見えるのかもしれません。

 

ちなみに実家に帰ってきた当時のような喧嘩などはほとんど今していません。

むしろ、両親との関係は良好です。

 

ただ、ぼくの言葉の端々から出てくる発言が「普通じゃない」と言われます。

父や母とは色んな話をするのですが、特にそう感じさせた発言が以下です。

 

・地方にいても家を持つ気なんてサラサラない(田舎では家を持つことが1人前の証なのです)

・むしろ、居住地を構えず旅館などを転々と泊まり歩きながら将来暮らしたい(俳優の片岡愛之助さんもホテル暮らししてますよね。)

・結婚しても同棲する必要はないとおもっている

・夫婦も別姓でいい

・子どもができたとしても、養子を持つことに関心がある

 

他にも色々あるんですが、分かりやすいモノだとこんな感じです。

これは全てぼくの展望にすぎず、実行するかは別です。

しかし、こういったことを発言すること事態が「変」らしいです。

 

母にはついに「アンタは芸能人と結婚しないとダメだわ。」と言われました。

これは、「アンタの変な考え方も受け止めてくれそうな度量のある女子でないとダメ」という意味で母は言ったのです。

 

実際ぼくは変なのかもしれませんが、ある人にとっては共感する面もあるとおもいます。

ただ、家族間で自分の価値観の話をすることは大切だとぼくはおもってます。

分かり合えるかは置いといて「コイツはこんなこと考えてるんだな」くらいに理解してもらうのともらわないのとでは、後々の展開が違ってくるとおもうんですよ。

 

父や母はぼくのこんな価値観を共感はしてくれませんが、理解は示そうとしてくれているので、そこは良かったかなとおもいます。

 

家族だからって価値観はみんな全然違います。

しかし、違うからといって淘汰しなくてもいいのです。

「アンタはそう考えてんのね」とユルく理解を示すくらいが大切でしょう。

 

そういえば最近、全くデブじゃない父に「おい!このデブ!」と話しかけるのにハマっています。

その際にも「息子が壊れたー!!!」と言われます。

 

ワッショイ!