読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

他人の土俵ではなく、自分の土俵をつくって勝負すべし!人は「自分が主役」とおもいたい。

オピニオン ライフハック

最近、ぼくは農耕的な考え方をスゴく意識しちゃうんですよね。

他人の土俵で勝負すると納得できない

大企業が不況に陥ると、よく下請け会社がモロに煽りを受けて潰れたりするじゃないですか。

そういう時って「何で自分の会社が!」と納得できないとおもうんですよ。

全てを環境や運のせいにしたくなる。

しかし、それは大企業にブラ下がってたことを悔いちゃってるんですよね。

自分の土俵を作ろう

農家は他人の畑ではなく、自分の畑を耕して自給します。

たしかに天候などの影響を受けて凶作の年もあるだろうけど、自分の土俵(畑)で勝負してるから納得はできるとおもうんですよ。

「天気は誰にも操れないよね」っと。

 

ぼくの場合、「はてな」というサービスでブログしてるので「はてな」という会社にブラ下がってるように見えるかもしれないです。

しかし、「はてな」が何が起きてもいいように「独自ドメイン」という自分の居場所を取得してます。

だから、自分の土俵で勝負してる意識が強いです。

 

そうなると、全てが自分の責任だから何が起きても「自分の何かがいけなかったんだな」、「時代を見誤ったかな」と納得がいくんです。

自分の土俵をつくるのは「自分への納得感」をつくる意味で重要です。

結局、自分が納得できるかどうか

昨日、連続起業家の家入一真さんの「我が逃走」という本を読んだんですが、

www.miyahaya.com

 

人間は貧乏でも金持ちでも、結局は自分が「納得して生きれるかどうか」だなと改めて感じました。

自分が社会的にどのポジションにいても、自分が納得できてなければ自己肯定感を得ることはできないのです。

 

人はどこかで「自分が主役」とおもいたい部分が必ずあります。

これは、「集団の中心にいたい」という願望だけではありません。

「ワタシはここまでよくやった!」という自分への納得感ですね。

 

独身でも、結婚しても、老後を迎えても、どこかでその気持ちを持っています。

ソコを満たすには、自分のやりたいことをやって納得するということです。

その為には、自分の土俵をまずつくってみることです。

 

インターネットを使えば、自分の土俵をつくることは容易にできます。

お金もそんなにかかりません。

自分の土俵をつくってみましょう。

ブログは自分発信として、オススメです。

人生は刺激ばかりじゃない

ぼくは燃えるように熱狂している時があれば、酷い孤独に陥ることもあります。

それは、いきなりやってくるんですよね。

夜眠れなくなることもしばしばです。

 

人生はただ従って生きてるだけでは「ツマラない」のです。

孤独の時間は、「オマエはここから何を仕掛けるんだ」と自分がまた奮い立つまでの小休止です。

そして、ジワジワと刺激を欲して「また立とう」とおもえてくる。

その感情の上げ下げの繰り返しです。

正しいのものさしは人によって異なる

正しいか正しくないかは、人によって異なるのです。

 

ぼくは信号が赤信号だとしても、車が全く通る気配が無ければ渡ってしまいます。

ある人からすれば、「赤信号なのに何で渡るんだ!」とおもう人がいることでしょう。

人間の正しさの「ものさし」はそんな風に人によって異なるのです。

 

万人にとっては正しくなくても、あなたにとっては正しいこともあるでしょう。

だったら、正しい、正しくないのものさしは捨てた方が生きやすいのです。

それよりも、「自分が何をしたいか」に対してもっと純粋であるべきです。

最後に一言

人生の主役は自分以外にいません。

そして、自分の土俵で勝負すれば自分にもっと納得できます。

 

ワッショイ!