読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

ブログは日記じゃねぇんだよ!自分のブログが何のために存在するのか考えよう。

オピニオン ブログ論 ライフハック

前記事で、自分のホームページを持ってないクリエイターの向けに記事をかきました。

www.miyahaya.com

次は、自分のホームページを持っていてブログをしているけれど、とっても浅はかなブログになってるクリエイター用にかきます。

日記なブログが多すぎ

世の中には、画家やミュージシャン、デザイナーなどあらゆるクリエイターがブログやってるワケですけど、その中でも「日記」になってるブログが多すぎだと感じてます。

 

あなたが今日どうしたのか綴ってるだけのブログを読んで喜ぶ人ってどれだけいるんでしょう?

・こんなご飯食べた。

・こんなライブした。

・こんな絵を描いた。

・何時に起きて何時に寝た。

・今日の天気は⚪︎⚪︎。

・こんな場所に行った

・誰々と会った

・この日にライブします(宣伝)

 

そんな中身の無い報告だけのようなブログかいて果たして何人の人に響くのでしょう。

それは近しい人やファンは喜ぶかもしれません。

しかし、あなたにまだ興味がない人がそのブログを読んであなたに興味が湧くでしょうか?

ブログは日記じゃねぇんだよ

 日記は、ブログの一つのコンテンツとしてはアリです。

しかし、日記ばかりかいていても読者はいずれ飽きます。

ブログは日記じゃねぇんだよ!

 

大事なのは、あなたが「どんなことを感じたのか?」を明確にかくことです。

例えば、ぼくがミュージシャンで、渋谷のキャパ300人のハコを初めて満員にしたとします。

 

そしたら、こんなブログタイトルにするでしょう。

「渋谷で300人のハコを初めて満員にした!ぼくがそのライブで感じた3つのこと」

そして、この3つは以下のテーマに分けて語るでしょう。

・ライブ日を告知してから300人のお客を満員にできるまでの過程

・実際、ステージに上がって感じたこと

・ファンへの感謝の気持ち

 

ただ「300人満員にできて嬉しい!マジでみんなありがとう!」ってかかれても身近なファンにしか響きません。

もっとたくさんの人に共感を獲たいなら、見出しで分けて、そのテーマについてジックリかくことです。

こういう記事にしたら、目を引きませんか?

今の時代はプロデューサー思考が必要

現代は、ミュージシャンは歌だけ唄ってればいい、画家は絵だけかいていればいい時代ではありません。

その歌、絵をどうやって多くの人に届けるのか?考えなければなりません。

それはまさにプロデューサーとしての思考なのです。

 

そして、その武器としてブログがあるのです。

 

ぼくはプロブロガー目指してるので、ブログ読めば大体の人となりが分かります。

この人はブログを嫌々かいてるのか、もっと多くの人に自分を知ってもらいたくてかいてるのか更新頻度と記事を2、3記事読めば大体分かります。

 

ブログでは、嘘がつけないのです。

ブログをかいてると、継続してファンがつきます。

また、ライブや個展などの宣伝をすれば集客も見込めます。

しかし、それは毎日しっかりと地道に更新し続けてる人だからです。

 

自分のブログが何のために存在してるのか?自分の頭でよく考えましょう。

そうすれば、あなたにしかけないブログができてくるはずです。

そして、それと比例して多くのフォロワーを獲得できるでしょう。

 

ブログを日記にするのではなく、「コンテンツ」と捉えたらいいです。

 

ワッショイ!