読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

はてなの批判が「手斧」とかマジで言ってるの?誹謗中傷との向き合い方。

ライフハック ブログ論 オピニオン

この所もぼくに対する批判か誹謗中傷かも分からない言及記事やブコメはてなブックマークのコメントのこと)が届きます。

ブコメや言及記事に目は通しますが、ぼくは「そういう受け取り方しているのね。」とおもうくらいなので何か反応することはありません。

 

むしろ、よくここまで時間かけてくれたなと言い方悪いんですけど、笑っちゃう時さえあります。

勿論、イラッとすることもありますが。

 

ただ、今回言及された記事で引っかかる所があったので言及します。

こちらの記事なのですが。

yaruyaranewsetc.hatenablog.com

ぼくのかく記事には配慮が足りないとの指摘の記事です。

 

多くの人が閲覧されておりますので、もっと検討された方がよろしいかと思います。

さらに、ここは、手斧飛ぶ…はてななので…

 

ぼくはこの文章を読んで違和感を感じました。

ぼくがブログしている「はてな」のユーザーの中には確かに「どうしてこんな嫌味なコメントできるんだろう?」とおもう人もいますが、「手斧」って表現にどうも違和感を感じたのです。

 

ぼくははてなブコメや批判の言及記事を読んでも手斧と比喩するくらい大それたダメージは受けてません。

初めての時は焦ったけど、もう慣れましたね。

 

伝えたいとおもってどれだけ熱心に文章をかいても隙はできるし、人の捉え方も様々です。

そんな経験を重ねてきて、ぼくは自分のかきたい記事を発信し、あとは読者に「委ねる」というスタンスを取っています。

 

そうなった今は、どれだけ人格否定されても発泡スチロールの板で叩かれたくらいの痛みしか感じなくなりました。

なぜなら、批判するユーザーのみなさんとぼくは会ったことも、対話したこともないからです。

会ったこともない人々に人格を全否定されても痛くはないのです。

 

ぼくの精神ダメージでいうとレベル1です。

100人でも、1000人でもお構いなくって感じなんです。

 

ぼくに精神ダメージを負わせれるのは、知り合い以上の人たちです。

ぼくのことを知っていて人間関係もあるにも関わらず、それでもぼくの人格を全否定されれば、それは傷つきます。

 

特に、最近ぼくと頻繁にコミュニケーション取ってる人たちやぼくが尊敬する人たちに人格を全否定されれば、それはまさに手斧であり、ぼくはひどく傷つくことでしょう。

 

今日はこんな記事内容なのでかいてしまうんですけど、ぼくの知り合いの中でもぼくの悪口言っている人がいるみたいです。

そういう声が聴こえてくるのは、ぶっちゃけ少し残念です。

しかし、そういう人たちは、ぼくともう絡もうとおもってないとおもうので静かに受け止めます。

 

話を戻しますが、見ず知らずの人々に何か言われてても傷つくことはありません。

考えてみてください。

その批判してる人たちとリアルの場で会うとおもいますか?

一緒に手を組んで仕事することを想像できますか?

その人たちはあなたを応援してくれる人になりうるでしょうか?

 

そうやって考えれば赤の他人の人格否定は特に痛くなくなります。

手斧でも何でもありません。

たとえ、知り合いだとしても自分が一緒に何かしたいとおもってる人でもなければ、深く気にする必要もないです。

知り合いの分だけちょっと嫌ですけどね。

 

大切なのは、自分の身近で応援してくれる人々や自分が尊敬する人々です。

その人たちのことを大切にすれば、他の人々にどれだけ嫌われても特に問題ないです。

 

ブロガーという仕事は前に出ようとすれば、摩擦で赤の他人から批判を受けます。

しかし、よく考えればその人たちと自分が交わることなんて無いんです。

それに気づけば、発泡スチロールの板で叩かれたくらいにしか感じなくなりますし、批判されても変わらずブログに挑戦的でいられますよ。

 

ワッショイ!