読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はどんな本音を語ろう

オピニオン記事やライフハックを中心に様々な記事かいてます。

Today’s Real intention

Opinion and Lifehack

【仕事論】あなたは他人を不快にできますか?

ライフハック ブログ論 オピニオン

最近、ブログをかき続けて身に沁みて分かったことがあります。

 

ぼくのブログには自分の主張性が強く出てます。

それは伝えたいメッセージに集中しているからです。

メッセージが明確であればあるほど、ぼくの主張に共感する人も現れます。

しかし、それは裏を返せば不快になる人も出てくるんです。

 

防御壁を張った文章をかくこともできますし、そうすれば攻撃されることもありません。

ただ、総じて防御壁を張った文章は誰にも刺さらない。

不快にする人もいなければ、共感する人も出てこない「残らない文章」になってしまうんです。

誰かに何かを伝えたいのなら、他の誰かを不快にさせるのが前提です。

 

ブログ以外の仕事にも同じことがいえます。

自分が会社で昇進をしたいと躍起になれば上司から好かれても、昇進を諦めたり、実力のない同僚からは嫉妬の対象になる可能性が高いです。

 

ブログで「いい記事かけたな」とおもう時は、コレ投稿したら「誰かに嫌われるかも?」と心をかすめる時でもあります。

誰からも好かれて結果も手に入れようと考えることはとうの昔に諦めました。

ブログをかけばかくほど、批判もされて、誹謗中傷記事もかかれました。

それによって「そもそも人に好かれたいという前提が間違っている」ということに気づいたのです。

 

誰かを不快にさせたことにぼくは罪悪感も特に感じません。

自分の「表現の土俵」を自らで作って発信してるし、特定の人を誹謗中傷することをかいてるワケでもないので。

ブログはぼくが自由に、自分の考えを率直にかいていい「居場所」なんです。

 

人は大なり、小なり嫌われます。

嫌われてないと思い込んでる人はそれを気付けてないだけで、ブログはそれをネット上で可視化させてくれるだけです。

ぼくは自分を嫌ってる人と付き合うつもりもありませんし、分かってほしいともおもいません。

それはエネルギーの無駄遣いです。

 

それよりも、自分に共感してくれる人や応援してくれる人に対して、ちゃんと顔を向けられるようにブログをずっとかき続けていきます。

 

最近、勇気付けられたことがありました。

アンパンマンに出てくるカバオくんいるじゃないですか。

あのカバオくんにさえ2チャンネルでアンチスレッドが立てられてるんです。笑

 

カバオくんは生理的に無理」、「鼻が目に見えてしょうがない」、「アンパンマンに無駄な負担ばっかりかけて、死んだ方がマシって思わないの?」

もう好き勝手かかれてます。笑

これを見た時に、「カバオくんでもこんなにかかれるんだから、ぼくだって嫌われても仕方ないよね」と吹っ切れました。

 

今後もぼくは、他人を不快にさせることを前提に自分の文章をかいていきますよ。

ブログはぼくの仕事だから。

誰からも好かれようという人は結果を出すのが難しいでしょうね。

 

ワッショイ!